2015/2/26

新・時間旅行物語   MOVIE

正式名称は日本放送協会。
英称はJapan Broadcasting Corporation
なのに発音の歯切れが良く、
文字が四角く書きやすいと云う理由から
略称「NHK」と呼ばれる我が国の公共放送は
ご存知のように受信契約に基づく受信料を
広く国民の皆様から徴収することによって運営しています。

そのNHKが
昨今の民放テレビ局による映画製作に触発されてか、
ここ数年、年に1〜2本の割合で
人気番組の映画化に手を出しているのは周知のとおりです。

主だったものでは
2009年の「ハゲタカ」
2010年の「セカンドバージン」
2010年の「その街のこども 劇場版」
2011年の「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」
2012年の「3D大作映画『劇場版テンペスト』」
2012年の「外事警察 その男に騙されるな」
等がそれにあたります。

厳選した人気番組の映画化とは云え
観客はテレビで無料感覚で見ていた
ドラマやバラエティを
今度は料金を支払って見に行くことになるのですから
作り手の方もさぞかし自信を持って
お届けしていることと思います。

特にNHKが自社作品を映画化する場合、
他の民放製作映画とは異なり
短絡的に考えると
「わしらの受信料で製作した映画を劇場で公開して
さらにチケット代まで搾取しよう」
としているように思えてくるのですから
よほど自信がなければ映画など作らないはず。

そのNHKが2013年に全国120スクリーンで
公開したのが、本日の映画

「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

劇場版ではない通常の「タイムスクープハンター」は、
手持ちカメラを使った
ドキュメンタリー・ドラマ風歴史教養番組として
2009年から放送が開始されました。

番組は当初水曜日の深夜に放送され
以降、放送曜日を月曜、木曜、火曜と転々とし
土曜深夜枠に落ち着き人気も安定したところで
2014年9月に最終回(全80回)を迎え全シリーズ終了。

と、云っても30分一話完結の教養番組ですので
視聴時間もそれほど取らず
何シーズン何話目から見ても楽しめますし
いつでも終了でき、いつでも復活できるような
視聴者に優しい作りとなっています。

故に普段より少し長めのストーリーを作って
映画化することも充分考えられる番組と云えましょう。

しかし、
「なんでよりによってこれを映画化するかな?NHKさん。」
と云うのが、地元シネコンのロビーで
最初にこの映画のフライヤーを見つけた時の
正直な私の気持ちでした。
(その時点でテレビ番組の方は1,2回しか見ていません)

日テレやテレビ東京が一時期
深夜枠の30分ドラマを次々劇場映画化していったのとは
訳が違います。

しかも今回の映画化に当たって
NHKが無謀な賭けに出ているとしか思えないのが
キャストとロケ地。

従来のキャスト(要潤、杏)に加えゲストが
夏帆、竹山隆範、宇津井健、上島竜兵、時任三郎、小島聖、
嶋田久作と云った手堅いと云えば云えなくもないけど
今一つ華がない俳優陣。

ロケ地は
安土城に見立てた彦根城(とその周辺建造物、山野)
とこれまたお金がかかっていないように見えます。

普通、テレビ番組の映画化と云うと
「豪華キャスト」
または
「豪華ロケ地(要は海外ロケ)」
などと云う手を使い
格段にスケールアップを図ることで
映画としての箔をつけるものですが
どうよ、これ?

「受信料以外のお金を払ってまでして映画館に見に行こう!」
なんて豪気な気持ちになれるでしょうか?

しかし、この一見テレビ局製作映画にしては地味な
「キャスト」と「ロケ地」投入も
この作品のコンセプトからすると相当な「挑戦」だったのです。




続きを読む
0

2015/2/18

パクさんと九人の仲間  MOVIE

本日の映画は
「『シュリ』をも超えた!
韓国映画史上動員記録No.1大ヒット作」
(公式サイトより)
と云う触れ込みの
「10人の泥棒たち」

クリックすると元のサイズで表示します
え?何かが違うって?気のせい気のせい。

です。

今回はYahooの無料動画サイト「Gyao!」で
視聴いたしましたが、
この作品は
あの
「レンタルはTSUTAYAだけ!」
でDVDリリースされており
しかもレンタル開始時に
「TSUTAYAが自信を持ってオススメします!
だから面白くなかったら全額Tポイントバック!!」
という相当ハードルを上げたキャンペーン迄
打ち出しているものですから自然に期待値が上がります。
(……Tポイントバックって。)

ということで
それ以外の情報は殆ど入れていなかったため
実際に映画を見るまではてっきり
「10人組の泥棒集団が華麗なチームプレイで盗みを働く」

クリックすると元のサイズで表示します
11しか見てませんがイメージ的にはこれに近い。

痛快娯楽アクション映画だと思っておりました。






続きを読む
1

2015/2/11

いい女ってのはね、自分で自分を守れる女よ  MOVIE

本日の映画は

「LUPIN THE VRD 次元大介の墓標」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

2012年に深夜放送されたテレビシリーズ
「LUPIN the Third −峰不二子という女−」
の流れをくむスピンオフシリーズ第2弾として
昨年の6月21日から27日まで、
新宿バルト9で1週間限定上映(以降順次公開)されました。

その約2か月後に何かと話題に事欠かなかった
実写版「ルパン三世」が全国公開されるのですが、
先にこちらの方をご覧になったファンからは
実写版が足元にも及ばないほど絶賛されております。

原作に極めて近いタッチの作画に
程よいハードボイルド感、
コンパクトな上映時間、
カーチェイスシーンもガンアクションも充実、
ルパン三世と次元大介の絆もしっかりと描かれ
圧倒的な強さを見せつける敵役と
男性にとっては嬉しい峰不二子のオールヌードまで揃って
最後には意外な人物のサプライズ登場まで
用意されているのですから
ルパン三世ファンなら満足しないわけない


ないのですが、
ここである問題が…。

それは、これまでおかしいとは思いつつも
誰もが積極的に触れてこなかった問題。

そう、
「石川五ェ門不要問題」です。

と書くと、ファンの方に
頭ごなしに怒られるのは判っております。

そう「ルパン三世」と云えば
 
 


続きを読む
0

2015/2/10

最悪だぜ…時代って奴の犬にはなるな  MOVIE

本日の映画は
今年の1月までにアメリカで公開された戦争映画史上
最高の興行収入額を打ち出し、社会現象ともなった
クリント・イーストウッド監督最新作
「アメリカン・スナイパー」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

TOHOシネマズの劇場試写会に当選して
一足早く鑑賞いたしました。

巨匠クリント・イーストウッド監督作品ということもあり
第87回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞を含む6部門に
当然のようにノミネートされ
さらには実話ベースと云うで
よその国の人間が余計な口を挟みにくい
ましてや茶々など入れにくい作品となっております。

というのも
神さまの作ったシナリオだけに
現実は小説より奇なり、現実は映画よりドラマティック
だったのです。






続きを読む
1

2015/2/8

なるようになるわ 先の事などわからない  MOVIE

本日見た映画は
「ホーホケキョ となりの山田くん」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ジブリ映画と云うと、劇場公開後2,3年も待てば
日本テレビ金曜21時からの「金曜ロードショー」
(現「金曜ロードSHOW!」)枠で
完全ノーカット版を放送するのが世の習いとなっているため
つい高をくくってそれまで待ってから初鑑賞することが
多いのですが、たまに当てが外れることがあります。

その一例が、1999年7月に劇場公開され
翌年2000年10月に金曜ロードショーで
地上波初放送されたのが
今のところ最後の地上波放送となっているジブリ映画、
本作「ホーホケキョ となりの山田くん」です。

原作のいしいひさいちの作風と
水彩画風のアニメーションが
原作ファンの目から見ると受け入れ難かったのか
「天空の城ラピュタ」(興行収入11.6億円)
「となりのトトロ」(興行収入11.7億円)
「風の谷のナウシカ」(興行収入14.8億円)
に次いで興行収入が少なかった作品となっています。

「ホーホケキョ となりの山田くん」より
興行収入の少ない3作品が
今やジブリを語る上で外せない作品となっているのに
本作だけがジブリを語る上で外されてしまうというか
「なかった」ことにされる作品となっているのが
なんとも切ないです。

ということで、劇場公開から四半世紀経ち
同じく高畑勲監督の最新作「かぐや姫の物語」が
アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされたのを
記念に重い腰を上げて見てみることに…。

これでアカデミー賞を獲って
「金曜ロードSHOW!」の方でも
ジブリ週間に本作が放送されればよいのですが、
一昨年の「かぐや姫の物語」の劇場公開という
絶好の地上波放送の機会でさえ逸しているような
「ホーホケキョ となりの山田くん」ですから
未来永劫テレビ放映されない可能性だってあります。

ですのでここで思い切って視聴することにしました。

 
で、まず驚いたのが





続きを読む
0

2015/2/7

未来は僕らの手の外  MOVIE

本日の映画は
韓国映画
「タイム・クライム」

クリックすると元のサイズで表示します
原題は「A.M.11:00」。どんな内容か判らないようなタイトルで勝負しています。

です。

気合いの入っていない邦題からもだいたい察しがつくように
「タイムトラベル」ものです。

ただし、本格派SFです。

お隣の国韓国ではこのような
「サイエンス・フィクションたるものかくあるべし」
と真剣に撮影したSF映画を
公開していることにまず驚かされました。

日本ではどうも正統派SF映画の地位が低いというか
「SF映画」と宣伝したところで
大人(特に女性)の客が呼べないからでしょうか、
ラブストーリーやアクション、コメディー
またはホラーなど他分野の映画の
味付け程度にSFが使われることはあるのですが、
純粋にSFひとすじ映画というとどうしても
子供向けだったり、ファミリー向けに作られ
大人の観客に向けた本格SF映画は
近年殆ど作られていないように思われます。

作られたとしても
「科学的理論に基づいてタイムマシン開発に勤しむ
ちょっと訳ありの中年物理者を主人公にしたSF映画」
なんて日本のシネコンではまず上映されません。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ年(2013年)に日本で撮られたタイムトラベル映画がこれです。

しかも、この映画が異色なのはそれだけではなく
他のタイムトラベルものでは
王道となっているテーマ
「過去は変えることができるか?」
をちょっと捻って

「未来は変えることができるか?」

と追及していることなのです。

この映画では
一旦タイムマシンで「過去」に戻って
そこから「未来」にあたる「現在」を変えようとするのではなく
「現在」という時点から来るべく「未来」を変えようとするのです。

どうしてそのようなことになったかと云いますと、

続きを読む
0

2015/2/1

気前が良くて 二枚目でチョイとやくざな  MOVIE

本日の映画は

1月31日からシアター大都会(と云う名のシネコン)で
県内独占2週間上映されている(※)
「WILD CARD/ワイルドカード」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ここのシネコンは
どういうわけか地元にもう1軒ある
TOHOシネマズ系のシネコンでは
決して上映してくれない
ジェイソン・ステイサム主演映画を
積極的に公開してくださる
私のような者にとっては足を向けて寝ることができない
ありがたいシネコンなのです。

それも今回は地方での上映にありがちな
全国順次公開の最後の最後にようやく公開
という興行ではなく公開初日が都市部と同じなのです。

やったねパパ。明日はホームランだ!

そんな1980年ごろの吉野家のCMのフレーズが
頭に浮かぶくらい公開初日を首を長くして待っておりました。

が、さしあたってお金がないので
2月1日映画サービスデーを待って見ることに。

開場開始と同時に客席には
男性一人(20代〜50代くらいまでまちまち)
女性一人(30代〜40代メガネ率高し)
男性のグループ
女性2人組
と老若男女様々、40名ほどの人々が詰めかけておりました。

2日目2回目上映の回にしては
入っている方ではないでしょうか?

ともあれ観客が多いのは喜ばしいこと。

しかも、上映中お喋りとするはた迷惑な客はおろか
エンドロールが流れても
席を立つ観客が殆どいなかったことから
この場にいる全員が
ただ映画料金の安い日に暇つぶししに
劇場に足を運んだのではなく私同様
「ジェイソン・ステイサムを見るためだけに
1100円を支払っている」人たちと思われます。

…そう思わせてくれ。

この調子で次回作もぜひシアター大都会での
公開期待しております。



さて今回の映画では


続きを読む
0

2015/2/1

またします。  MOVIE

本日の映画は
後期高齢者による
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
こと
「ラストベガス」です。

こちらは花ムコが消えることもありませんし
二日酔いになっても円形ベッドがぐるぐる回るだけで
史上最悪な目には遭いません。

ここにはいい年したおじいちゃんたちが、
つい浮かれちゃってはじけまくっている
ほほえましい映像しかありません。

タイトルからお判りのように
舞台となるのはラスベガス。

バカ騒ぎにはもってこいの場所です。

しかし、どんなにバカ騒ぎしても
タイトルどおり
「こんなバカ騒ぎができるのもこれで最後かもしれない」
という予感がつきまとっているのが
「ハングオーバー! 」とは違うところです。

まあ、その割には
まだまだ2、3本は続編いけると思われる
現役驀進中の熟練俳優をキャスティングしてはおりますが…。

で、そのおじいちゃんたちとは。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ