2014/12/18

そういや私、女子だった!  MOVIE

本日の映画は
「女子ーズ」ならぬ「尼〜ず」が
活躍する映画
「海月姫」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

今年最後となる試写会で見てきました。

「尼〜ず」とは、
異性にもオシャレ(それ以前に身だしなみ)にも縁がなく
定職にもつかず親からの仕送りのみで生活し
自らを「腐った女子」と称しては
趣味の世界だけに生きる
オタク女子の集まりのことです。

メンバーは
和物オタクの千絵子様(馬場園梓)
三国志オタクのまやや様(太田莉菜)
鉄道オタクのばんば様(池脇千鶴)
枯れ専のジジ様(篠原ともえ)
そして最年少の
クラゲオタク倉下月海(能年玲奈)20歳の5名。

クリックすると元のサイズで表示します
「女の腐ったような」と云う意味とも違います。


彼女たち「尼〜ず」は、
全員が全員ニートと云う身でありながら
千絵子様の母親が管理している
風呂なし共同トイレ、男子禁制という古風なアパート
「天水館」でそれはそれは楽しく暮らしておりました。


クリックすると元のサイズで表示します
驚きの再現度。

こんな↑身なりの彼女たちですが、
今年流行りの女子を拗らせているわけでも
女を捨てているわけでもありません。

女を磨くより大事なものがあるだけなのです。

それぞれ興味あるものは違えども
趣味にかける情熱は同じです。

むしろ同じ趣味のオタクが集まる方が
意見のくい違いで仲が拗れることがあったり
オタク歴の長さでヒエラルキーができたり
ちょっとしたことがやっかみを呼び
「混ぜるな、危険!」と云えましょう。

「天水館」には
女子特有のマウンティングも格付けも
毎朝の面倒なメイクも
無駄なダイエットもエイジングケアも
婚活もありません。

あるのは、
他人の話を半分しか聞いていなくとも
人を羨むことも蔑むこともなく
人目を気にすることもない
楽しくも穏やかな生活だけです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはパラダイス。

ただ腐ってはいます。
いえ、建物ではなく住人が。

と書くと
「ちょっと待って。
こいつら単なるオタクで腐ってないじゃん!」
と、本当の意味で腐っているお嬢様方に
ツッコミを入られそうですが、
ここでの「腐っている」は
趣味に没頭して無駄に女を腐らせているという意味ですので
何ら問題はありません。
(ちなみに彼女たちは仕送りが切れると
BL漫画家のアシスタントをして身銭を稼いでいますが
BLにはさほど興味がないようです。)

何故、趣味に没頭することが
女を腐らせることになるかと申しますと答えは簡単。

世間的には
元来、女は太陽であり
女は常に身だしなみを気にし
男と他の女の眼を惹き
恋に生きていなければならないからです。

なぜなら女子とは、そういうものだからである
からです。

うっかり
「私の人生、おしゃれも殿方も必要ありませんわ。
私には○○がありますし。」
なんてことを口にし街中をすっぴんで歩こうものなら
世間様には
女失格の烙印を押され、腐っていると陰口を叩かれるのです。

あな怖ろしや、日本の女性観。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、私を含め世間には「尼〜ず」な女子が相当数棲息しているのも事実。

「ありのままに〜」などと
呑気に歌っている場合ではなかったのです。

さて、そんな彼女たちの前に天敵が現れます。

彼女の名前は稲荷翔子(片瀬那奈)。


続きを読む
1
タグ: 海月姫



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ