2014/12/11

Take Me Out to the Ball Game  MOVIE

本日の映画は

「バンクーバーの朝日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

試写会に当選したので見てきました。

12月20日から
「フジテレビジョン開局55周年記念作品」
として全国公開される映画です。

ちなみに
「フジテレビジョン開局50周年記念作品」は
「アマルフィ 女神の報酬」

「ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜」
でした。う〜ん、微妙。

この手の「開局○周年記念作品」は
テレビ局製作の強みからか
スポンサー企業からごっそりいただいた予算で
テレビドラマスペシャルの規模を越えた
豪華キャストと
大掛かりなオープンセット
もしくは海外ロケを投入しているのが特徴です。

ですので、この手の映画は
少しでも元を取ろうと云うテレビ局が総力を挙げて
宣伝にもテコ入れにも頑張っちゃっている印象が強く
それだけに
「え〜、趣味ですか。(熟慮した後)う〜ん…映画鑑賞?
え?え〜一番好きな映画ですか?(あわわわ)
えっと…『○○○』って映画なんですけど…
あ、ごめんなさい。たぶん知らないと思います。
凄く良い映画なんですけど、
あんまりメジャーじゃないから…(照)。」
とか云っていそうな映画女子(私のことか?)は
出演俳優のファンでもない限り
あまり積極的には見ないんじゃないかな?
と、思われます。

今、お金を出して見に行かなくても
何年か先の新年1月2日か3日あたりに
フジテレビ系列で午後8時から
地上波放送されるかもしれませんしね。

この年の瀬に
「フジテレビジョン開局55周年記念作品」
に少なくないお金を払うくらいなら
「ベイマックス」でも見に行きますって。

ただし、本作の監督は
昨年の主な映画賞を総なめにした
「舟を編む」の石井裕也監督ですので
あながちそうとも云いきれません。

毎週火曜更新される全国週末興行成績では
前週1位だった
「アオハライド」(これは試写会外した)
を抜いて第1位に輝いているかもしれません。

監督も石井裕也監督と手堅く攻めていますが、
キャストも
派手すぎず地味すぎないところで攻めてきます。

まず、主演が妻夫木聡というところに
安定感を感じさせます。

それも今回は
ニュートラルすぎて何の面白味もない妻夫木聡で
勝負をかけてきました。

「渇き。」で見せたブラックな面は
影も形もなく
「清州会議」の
天真爛漫なバカ殿でも
「ジャッジ。」での
お人好しで頼りないだめんずでもない
ニュートラル妻夫木です。

クリックすると元のサイズで表示します
通常運転の妻夫木聡。見ている人を笑顔にするのが彼のお仕事です。

愛嬌があり憎めない顔立ちの割には
生来の真面目さがにじみ出ており
適度に華もあるので
こういう映画の主演にはうってつけです。

実話の上にフジテレビ製作ですので
公開日前後のワイドショー並びにバラエティー番組で
ばんばん番宣するでしょうから

クリックすると元のサイズで表示します
こういうのですね?

改めて書く必要もありませんが、
あらすじは以下の通り。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ