2014/12/6

北村さんのちょっといいとこ見てみたい。最初に3つ。小さく3つ。大きく3つ。 一樹!一樹!  MOVIE

本日の映画は

事前の特報とフライヤーには相当な気合いが見られたものの
前作ほど話題にならなかったのため
てっきり見ている人がいないのかと思っていたら
現時点において
2014年映画興行成績第6位だったという

「テルマエ・ロマエU」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


予告編年間ベスト10があればランキングしていたであろう特報はこちら。

前作の興行収入は59.8億円、
本作も44億円稼いでいるのですからなかなかのものです。

気長に待てば1年乃至は2年で
地上波初放映になることはテレビ局製作映画の宿命
ですので今回はちょっと…
と、二の足を踏んだ方が増えたのかもしれません。

現に前作は前売り券まで購入して劇場に見に行った私も
今回はDVDリリースされてようやく重い腰を上げたくらいです。

それにしても、44億円とは。
意外や意外。

このような結果を見ますと
レビューを書くほどの映画好きが好んで見る映画と
映画館に観客が押しかける映画が
いかに違うかがよく判ります。

ネットで年度ベスト10ワースト10を発表する映画好きは
見てないか
見ていてもどちらのランキングにも名前を書かない
でしょうね、きっと。

でも、日本の映画業界(主にシネコン)は
その「映画好き」以外の人が支えているのかもしれません。

なんだかなあ…。

原作はご存じ
このマンガ1本で売れっ子漫画家への仲間入りを果たした
ヤマザキマリの同名人気漫画ですが、
マンガ実写化としては珍しく
そのことについてはあまり言及されていない
というのも人気の秘訣でしょうか?

ここまで意表を突いたキャスティングだと
逆に文句のつけようがないのかもしれません。

おかげで前作は爆発的大ヒット。

それでいろいろ味を占めたからか、
はたまた下手に様式を変えることで
2年前に折角掴んだ観客を逃したくなかったのか
は存じ上げませんが、
今回も前回同様、
風呂にまつわる小ネタに基づいたコント部分と
史実に基づいたドラマ部分の
2部構成となっています。

まず、前半のコント部分は
堅物の主人公、古代ローマの浴場設計技師
ルシウス・モデストゥス(阿部寛)が
平和路線を推奨するハドリアヌス皇帝(市村正親)から
ローマの人々の心と体を癒すテルマエ(公衆浴場)を
建設するように命じられ
現代日本にタイムスリップしては
そこで見聞してきた知識をフルに生かし
誰も見たことがない浴場を次々と建設する
エピソードで構成。

そして、後半は
舞台を完全に古代ローマに移し
前作で現代に生きる日本人女性
山越真実(上戸彩)が
「ローマの危機救うためぇ!」
とうっかり漏らしたローマ史のある出来事が
いよいよ現実のものとなり
民衆を巻き込む大騒動に発展するまでを描いています。

基本的には、どちらも原作から着想を得ているのですが



続きを読む
0

2014/12/6

クリスマスが今年もやって来る悲しかった出来事を 消し去るように  MOVIE

試写会は戦いである。

ただあてずっぽに往復葉書もしくは応募用紙を投函して
いとも簡単に当選する方もおられるかもしれませんが、
経験上ある年齢を過ぎると、
一気に当選確率がダウンします。

しなかった方もいらっしゃるでしょうが、
私はしました。

そうなると10枚出して10枚とも
外れるなんてこともあり
「そんなことなら葉書代1000円投資する代わりに
素直にレディースデーに見ておけば良かった!」
と、後悔することととなるため
2、3年ほど試写会から離れていたのですが、
数年前からいくつかのコツをつまみ
今では打率5割6分まで持ち直すことができました。

ところが、試写会の中には
端っから「およびでない」
戦う前から負けている応募条件のものもあるのです。

その1つが今回の映画
「渇き。」

クリックすると元のサイズで表示します

でした。

地元テレビ局による招待試写会は
学生限定試写会110組220名。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなにがっかりした試写会告知ははじめて...○| ̄|_。

学生限定とありますが、
この映画の場合R15指定のため
小学生並びに中学生は除外されます。

さらには公開初日の2014年6月27日から
7月8日までの8日間、
学生1000円早割キャンペーンと大盤振る舞い。

クリックすると元のサイズで表示します
見た学生に片っ端から「あなたのハートには、何が残りましたか?」と訊きたい。

元々、TOHOシネマズは昨年の6月から
高校生の映画鑑賞料金は一律1,000円となっていますので
実際に恩恵に預かるのは「大学生だけ」なのですが、
未だかつてない学生優遇措置に踏み切った配給会社の
意図を尊重してか
市内で1軒しか上映していないシネコンまでもが
上映スケジュールも学生が行きやすい時間に合わせ
平日会社で働く社会人は割を食う形で
手を拱いているうちにそのまま上映終了に…。

今回DVDリリースされたので
遅ればせながら年内に見ることができました。

感想は


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ