2014/12/31

君を幸せにするそれこそがこれからの僕の生きるしるし  MOVIE

奥さまの名前はエイミー、
そして旦那様の名前はニック
ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、
ごく普通の結婚をしました
でもただ一つ違っていたのは、
旦那さまはベン・アフレックだったのです…

ということで
2014年の締めくくりに劇場で見た映画は
アカデミー賞の呼び声も高い
「ゴーン・ガール」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

公開以前から
2015年第87回アカデミー賞有力候補の呼び声の高い
作品ですが、
「旦那さまはベン・アフレック」ですので
何が起こっても何をしでかしても
「『旦那さまはベン・アフレック』じゃ、そらしゃあないわ。」
と思わせるところに
キャスティングの上手さを感じさせます。

日本での一般公開が
「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」
「ベイマックス」
といった子供向けファミリー向け映画と若干被ったため
公開早々第2週には日に2回のみ上映(うち1回はレイトショー)
と云う憂き目に遭ってはおりますが、
映画ファンからの支持率は第3次安倍政権よりも高く
この映画の予告編はTOHOシネマズで
11月12月と本編前にもれなく見せられたため
「妻が失踪し夫に事件関与の容疑がかけられる話である」
ということを存じた上での鑑賞と云うことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな映像を何度も見せられちゃねえ…。

予告編から受ける印象は
「奇跡体験!アンビリバボー」や
「ザ!世界仰天ニュース」に取り上げられるような
「夫婦間トラブルの実態が明らかに!!」
と云う展開ですが、
監督は名匠デヴィッド・フィンチャーですので、
そんなテレビの再現ドラマの枠で収まるわけがありません。

さてさて今回ベン・アフレックはどんな痛い目に遭うのでしょうか?


続きを読む
0

2014/12/27

ドーピングコンソメスープだ…  MOVIE

本日の映画は

「LUCY/ルーシー」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

今年公開された映画の1本ですが、
スカーレット・ヨハンソンが出ていること以外は
あまり記憶がございません。

キャストの名前が紹介されるだけの
簡単なオープニングクレジットが済むと
スクリーンに現れるのは水辺に一人佇む類人猿。

クリックすると元のサイズで表示します
ん!?まちがえたかな…

慌ててパッケージで確認しているうちに
舞台は、一気に台湾の台北に移ります。

ここでは特に時間や場所の示す
クレジットは表示されませんが、
地元からの台北の直通便がある富山県民は
ひとめでそこが台北と判るのです。

そんな台北の街中でなにやら口論中の男女。

男の名前はリチャード(ピルー・アスペック)。
女の名前はルーシー(スカーレット・ヨハンソン)。

クリックすると元のサイズで表示します
おやまあ、ご親切に紙カップに「台北」の文字が…。

話の内容から
2人はまだ知り合って間もない関係でしかなく
リチャードが一方的に学生であるルーシーに
自分で受けたアタッシェケースの受け渡しという
胡散臭い仕事を押し付けようとしているのが判ります。

それにしてもルーシーの
「大阪天神橋筋商店街伊太利屋」で購入したような
ばったもんの毛皮のジャケットに
変なプリントのマイクロミニのワンピースといった
いでたちはとても学生のものには見えません。

クリックすると元のサイズで表示します
せめて「レオパードセゾン」にしとけって。

これじゃ、リチャードに廉く見られ
パシリをさせられても仕方ありません。

しかし、
学業優先のルーシーはリチャードの頼みごとなど
全く聞く耳を持たず、
試験勉強を理由にさっさとその場を去ろうとしますが、
後がないリチャードは
彼女の手首とアタッシェケースを手錠でつなげてしまいます。

そのやり取りの合間合間に何故か差し挟まれる謎の映像。

クリックすると元のサイズで表示します
リチャードがルーシーを言葉巧みにはめようとする時に出る映像。

あ、これはもう映画としてダメな予感が…。

というかこの映画監督誰よ?

と、Wikipediaで確認すると
そこにあった名前は


続きを読む
0

2014/12/18

そういや私、女子だった!  MOVIE

本日の映画は
「女子ーズ」ならぬ「尼〜ず」が
活躍する映画
「海月姫」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

今年最後となる試写会で見てきました。

「尼〜ず」とは、
異性にもオシャレ(それ以前に身だしなみ)にも縁がなく
定職にもつかず親からの仕送りのみで生活し
自らを「腐った女子」と称しては
趣味の世界だけに生きる
オタク女子の集まりのことです。

メンバーは
和物オタクの千絵子様(馬場園梓)
三国志オタクのまやや様(太田莉菜)
鉄道オタクのばんば様(池脇千鶴)
枯れ専のジジ様(篠原ともえ)
そして最年少の
クラゲオタク倉下月海(能年玲奈)20歳の5名。

クリックすると元のサイズで表示します
「女の腐ったような」と云う意味とも違います。


彼女たち「尼〜ず」は、
全員が全員ニートと云う身でありながら
千絵子様の母親が管理している
風呂なし共同トイレ、男子禁制という古風なアパート
「天水館」でそれはそれは楽しく暮らしておりました。


クリックすると元のサイズで表示します
驚きの再現度。

こんな↑身なりの彼女たちですが、
今年流行りの女子を拗らせているわけでも
女を捨てているわけでもありません。

女を磨くより大事なものがあるだけなのです。

それぞれ興味あるものは違えども
趣味にかける情熱は同じです。

むしろ同じ趣味のオタクが集まる方が
意見のくい違いで仲が拗れることがあったり
オタク歴の長さでヒエラルキーができたり
ちょっとしたことがやっかみを呼び
「混ぜるな、危険!」と云えましょう。

「天水館」には
女子特有のマウンティングも格付けも
毎朝の面倒なメイクも
無駄なダイエットもエイジングケアも
婚活もありません。

あるのは、
他人の話を半分しか聞いていなくとも
人を羨むことも蔑むこともなく
人目を気にすることもない
楽しくも穏やかな生活だけです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはパラダイス。

ただ腐ってはいます。
いえ、建物ではなく住人が。

と書くと
「ちょっと待って。
こいつら単なるオタクで腐ってないじゃん!」
と、本当の意味で腐っているお嬢様方に
ツッコミを入られそうですが、
ここでの「腐っている」は
趣味に没頭して無駄に女を腐らせているという意味ですので
何ら問題はありません。
(ちなみに彼女たちは仕送りが切れると
BL漫画家のアシスタントをして身銭を稼いでいますが
BLにはさほど興味がないようです。)

何故、趣味に没頭することが
女を腐らせることになるかと申しますと答えは簡単。

世間的には
元来、女は太陽であり
女は常に身だしなみを気にし
男と他の女の眼を惹き
恋に生きていなければならないからです。

なぜなら女子とは、そういうものだからである
からです。

うっかり
「私の人生、おしゃれも殿方も必要ありませんわ。
私には○○がありますし。」
なんてことを口にし街中をすっぴんで歩こうものなら
世間様には
女失格の烙印を押され、腐っていると陰口を叩かれるのです。

あな怖ろしや、日本の女性観。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、私を含め世間には「尼〜ず」な女子が相当数棲息しているのも事実。

「ありのままに〜」などと
呑気に歌っている場合ではなかったのです。

さて、そんな彼女たちの前に天敵が現れます。

彼女の名前は稲荷翔子(片瀬那奈)。


続きを読む
1
タグ: 海月姫

2014/12/15

ちからと技と団結のこれが合図だ  MOVIE

本日の映画は
「女子ーズ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

監督はご存知福田雄一。

福田雄一監督と云うと「ゆるい」映画です。

テレビドラマはあまり見ない私から見ても
深夜ドラマのノリで映画を撮っている
印象のある映画監督です。

残念ながら
1998年公開「踊る大捜査線 THE MOVIE」の
大ヒット以降
昨今の日本映画の傾向といたしましては、
タイトルに「劇場版」もしくは「THE MOVIE」
と云う言葉が付く
テレビドラマの特別編でしかない映画が
邦画全体のかなりの割合を占めています。

そのような映画は、
2時間テレビドラマスペシャルでは考えられない
豪華な特別ゲストや
海外ロケ、お金のかかったオープンセットを投入することで
箔をつけ「劇場映画」として
邦画興行収入ランキングに貢献してきました。

そうこうしているうちに
視聴率の良いゴールデンタイムに放送される
ドラマだけではなく、
コアなファンしか見ていないような深夜ドラマでさえ
劇場映画となる時代が訪れます。

中には、そこから派生して
テレビドラマからの映画化でもないのに
通常料金1800円を支払うには惜しい
低予算なセット、
人気だけはある若手俳優、
もしくは知る人ぞ知るコアな俳優陣、
そして、ゆるいストーリーをもってして
平気で勝負をかけてくる映画もあります。

そのような映画は、たいがい
クオリティの面では
2時間ドラマスペシャルとどっこいどっこいでありながら
ゴールデンタイムに放送したところで
視聴率を稼がないのは火を見るより明らかなため
「だったら劇場映画にしてさっさと打ち切らせた後
DVD化して少しでも元を取るか。」
(要するに劇場公開がDVDの宣伝?)
みたいな映画となっています。

深夜枠に2時間ドラマ枠があれば
万事解決するのですが、
深夜に2時間もドラマを見る気力なんて
お茶の間の皆さんにはなかなかありません。

2,3週間で打ち切られた後は
二次媒体で稼ぐ気が見え見えの劇場映画が存在します。

そして、そういう映画はどうも
福田雄一監督にオファーが行くようです。

深夜枠に2時間ドラマ枠があれば
何も劇場まで足を運ぶこともなく
そちらを見れば良いわけで万事解決するのですが、
深夜に2時間もドラマを見る気力なんて
お茶の間の皆さんにはなかなかありませんし
テレビ局にもそこに予算を投入するような
賭けに出る気もないのでしょう。

だからと云って、劇場公開されると
一旦話題は呼んでも、堅実な映画ファンからは
「こういう映画が日本映画の質を落とす。」
と、罵倒されたりするので難しいところです。

で、そんな難しい映画の1つが
今回見た「女子ーズ」。

一応、地元でもシネコンで公開されましたが、
いつ公開されいつ上映終了になったか
全く記憶にございません。
 
今回改めて 
 







続きを読む
0

2014/12/14

壮大なるドラマは、いかなる結末を迎えるのか  MOVIE

「壮大なるドラマは、いかなる結末を迎えるのか
(インファナル・アフェアIII 終極無間 の惹句)」
と云う記事タイトルにしておきながらなんですが、
本日の映画はそこまで壮大でもなく
結末らしい結末も迎えていない

「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

何故迎えないかと云うと
「原作の連載が終わっていないから」です。

この映画を語る前にまずは
ちょっとした無駄話をしたいと思います。

映画特別試写会には、
当たるコツと云うのがある一方で
外れるジンクスというのもあります。

私の場合は

@ジャニーズ主演の映画は当選しない。
A岡田姓の俳優の映画は当選しない。
BAの場合の岡田姓とは岡田准一と岡田将生(*)のことである。
C少女マンガの実写化映画は当選しない。
D「○○さんと見に行きたいです」などと書こうものなら
まず当選しない。

が主だったものとなります。

(*)「ST」試写会は葉書に
「岡田将生出演作は当選しないジンクスを破ってください」
とコメントしたら当選しました!


というわけでこの映画の試写会も
生田斗真主演と云うことでものの見事に外れました。

アイドルグループの一員ではないため
ジャニーズのイメージから一番遠いところにいるからか
何度見聞きしてもジャニーズ所属と云う事実が
しっくりこない生田斗真。

それだけに油断しており
試写会が外れた時のダメージが意外と深く
一般公開されても素直に観に行けませんでした。

ということでDVDリリースを待っての視聴です。

本作の監督は三池崇史、脚本は宮藤官九郎という
「ゼブラーマン」コンビとなっております。

この2人、
1人1人はマニア向けとは云え
それなりに面白い作品を作っているのですが、
2人揃うとどうしたものか
「作品が怖ろしくつまらなくなってしまう」
と云う化学反応を引き起こしてしまうようで
話題性ではなく監督や脚本家で見る映画を択ぶ
映画ファンからの評価は芳しくありません。

本作も
数あるテレビ局製作アンドマンガの実写映画化同様
公開前には、原作第1話を収録した小冊子を劇場ロビーで
無料配布したり、
連日、制作元のフジテレビの情報番組や
バラエティー番組に出演者を押し込んでは
宣伝に励んでいたのですが、
例に洩れず公開が始まった途端
話をまったく聞かなくなりました。

そもそもこのような
「原作のキャラクターそっくり!!」

クリックすると元のサイズで表示します
原作の絵が個性的過ぎで本当に似ているのかと云われると…。

とか
「驚きの再現度 !!」

クリックすると元のサイズで表示します
ただ確実に云えることは、真ん中の吹越満ではなく田中邦衛ですよね?

を売りにするような映画は
第1週こそ珍しいもの見たさの客で
週間興行収入のトップを飾ることもできますが、
その分、映画について熱く語られることはなく
評価も低いまま終わってしまうことも少なくありません。

それは監督は三池崇史、脚本は宮藤官九郎でも
例外ではありません。

と、云っても
映画自体はいろいろ工夫が凝らしてあって
まったく面白くないわけではないのですよ?

クリックすると元のサイズで表示します
まあ工夫と云ってもこんなんですけど。

この映画特有のゴテゴテ感、私は好きです。

内容はタイトルからもお分かりのように
アメリカ映画「フェイク」「レザボア・ドッグス」や
香港映画「インファナル・アフェア」、
韓国映画「新しい世界」同様、潜入捜査官ものです。

ただし、他の作品と比べると大失敗します。
特に「新しい世界」と比べちゃうと大火傷します。

あくまで「マンガ実写化」ということをお忘れなく。

 
続きを読む
0

2014/12/11

Take Me Out to the Ball Game  MOVIE

本日の映画は

「バンクーバーの朝日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

試写会に当選したので見てきました。

12月20日から
「フジテレビジョン開局55周年記念作品」
として全国公開される映画です。

ちなみに
「フジテレビジョン開局50周年記念作品」は
「アマルフィ 女神の報酬」

「ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜」
でした。う〜ん、微妙。

この手の「開局○周年記念作品」は
テレビ局製作の強みからか
スポンサー企業からごっそりいただいた予算で
テレビドラマスペシャルの規模を越えた
豪華キャストと
大掛かりなオープンセット
もしくは海外ロケを投入しているのが特徴です。

ですので、この手の映画は
少しでも元を取ろうと云うテレビ局が総力を挙げて
宣伝にもテコ入れにも頑張っちゃっている印象が強く
それだけに
「え〜、趣味ですか。(熟慮した後)う〜ん…映画鑑賞?
え?え〜一番好きな映画ですか?(あわわわ)
えっと…『○○○』って映画なんですけど…
あ、ごめんなさい。たぶん知らないと思います。
凄く良い映画なんですけど、
あんまりメジャーじゃないから…(照)。」
とか云っていそうな映画女子(私のことか?)は
出演俳優のファンでもない限り
あまり積極的には見ないんじゃないかな?
と、思われます。

今、お金を出して見に行かなくても
何年か先の新年1月2日か3日あたりに
フジテレビ系列で午後8時から
地上波放送されるかもしれませんしね。

この年の瀬に
「フジテレビジョン開局55周年記念作品」
に少なくないお金を払うくらいなら
「ベイマックス」でも見に行きますって。

ただし、本作の監督は
昨年の主な映画賞を総なめにした
「舟を編む」の石井裕也監督ですので
あながちそうとも云いきれません。

毎週火曜更新される全国週末興行成績では
前週1位だった
「アオハライド」(これは試写会外した)
を抜いて第1位に輝いているかもしれません。

監督も石井裕也監督と手堅く攻めていますが、
キャストも
派手すぎず地味すぎないところで攻めてきます。

まず、主演が妻夫木聡というところに
安定感を感じさせます。

それも今回は
ニュートラルすぎて何の面白味もない妻夫木聡で
勝負をかけてきました。

「渇き。」で見せたブラックな面は
影も形もなく
「清州会議」の
天真爛漫なバカ殿でも
「ジャッジ。」での
お人好しで頼りないだめんずでもない
ニュートラル妻夫木です。

クリックすると元のサイズで表示します
通常運転の妻夫木聡。見ている人を笑顔にするのが彼のお仕事です。

愛嬌があり憎めない顔立ちの割には
生来の真面目さがにじみ出ており
適度に華もあるので
こういう映画の主演にはうってつけです。

実話の上にフジテレビ製作ですので
公開日前後のワイドショー並びにバラエティー番組で
ばんばん番宣するでしょうから

クリックすると元のサイズで表示します
こういうのですね?

改めて書く必要もありませんが、
あらすじは以下の通り。

続きを読む
0

2014/12/6

北村さんのちょっといいとこ見てみたい。最初に3つ。小さく3つ。大きく3つ。 一樹!一樹!  MOVIE

本日の映画は

事前の特報とフライヤーには相当な気合いが見られたものの
前作ほど話題にならなかったのため
てっきり見ている人がいないのかと思っていたら
現時点において
2014年映画興行成績第6位だったという

「テルマエ・ロマエU」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


予告編年間ベスト10があればランキングしていたであろう特報はこちら。

前作の興行収入は59.8億円、
本作も44億円稼いでいるのですからなかなかのものです。

気長に待てば1年乃至は2年で
地上波初放映になることはテレビ局製作映画の宿命
ですので今回はちょっと…
と、二の足を踏んだ方が増えたのかもしれません。

現に前作は前売り券まで購入して劇場に見に行った私も
今回はDVDリリースされてようやく重い腰を上げたくらいです。

それにしても、44億円とは。
意外や意外。

このような結果を見ますと
レビューを書くほどの映画好きが好んで見る映画と
映画館に観客が押しかける映画が
いかに違うかがよく判ります。

ネットで年度ベスト10ワースト10を発表する映画好きは
見てないか
見ていてもどちらのランキングにも名前を書かない
でしょうね、きっと。

でも、日本の映画業界(主にシネコン)は
その「映画好き」以外の人が支えているのかもしれません。

なんだかなあ…。

原作はご存じ
このマンガ1本で売れっ子漫画家への仲間入りを果たした
ヤマザキマリの同名人気漫画ですが、
マンガ実写化としては珍しく
そのことについてはあまり言及されていない
というのも人気の秘訣でしょうか?

ここまで意表を突いたキャスティングだと
逆に文句のつけようがないのかもしれません。

おかげで前作は爆発的大ヒット。

それでいろいろ味を占めたからか、
はたまた下手に様式を変えることで
2年前に折角掴んだ観客を逃したくなかったのか
は存じ上げませんが、
今回も前回同様、
風呂にまつわる小ネタに基づいたコント部分と
史実に基づいたドラマ部分の
2部構成となっています。

まず、前半のコント部分は
堅物の主人公、古代ローマの浴場設計技師
ルシウス・モデストゥス(阿部寛)が
平和路線を推奨するハドリアヌス皇帝(市村正親)から
ローマの人々の心と体を癒すテルマエ(公衆浴場)を
建設するように命じられ
現代日本にタイムスリップしては
そこで見聞してきた知識をフルに生かし
誰も見たことがない浴場を次々と建設する
エピソードで構成。

そして、後半は
舞台を完全に古代ローマに移し
前作で現代に生きる日本人女性
山越真実(上戸彩)が
「ローマの危機救うためぇ!」
とうっかり漏らしたローマ史のある出来事が
いよいよ現実のものとなり
民衆を巻き込む大騒動に発展するまでを描いています。

基本的には、どちらも原作から着想を得ているのですが



続きを読む
0

2014/12/6

クリスマスが今年もやって来る悲しかった出来事を 消し去るように  MOVIE

試写会は戦いである。

ただあてずっぽに往復葉書もしくは応募用紙を投函して
いとも簡単に当選する方もおられるかもしれませんが、
経験上ある年齢を過ぎると、
一気に当選確率がダウンします。

しなかった方もいらっしゃるでしょうが、
私はしました。

そうなると10枚出して10枚とも
外れるなんてこともあり
「そんなことなら葉書代1000円投資する代わりに
素直にレディースデーに見ておけば良かった!」
と、後悔することととなるため
2、3年ほど試写会から離れていたのですが、
数年前からいくつかのコツをつまみ
今では打率5割6分まで持ち直すことができました。

ところが、試写会の中には
端っから「およびでない」
戦う前から負けている応募条件のものもあるのです。

その1つが今回の映画
「渇き。」

クリックすると元のサイズで表示します

でした。

地元テレビ局による招待試写会は
学生限定試写会110組220名。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなにがっかりした試写会告知ははじめて...○| ̄|_。

学生限定とありますが、
この映画の場合R15指定のため
小学生並びに中学生は除外されます。

さらには公開初日の2014年6月27日から
7月8日までの8日間、
学生1000円早割キャンペーンと大盤振る舞い。

クリックすると元のサイズで表示します
見た学生に片っ端から「あなたのハートには、何が残りましたか?」と訊きたい。

元々、TOHOシネマズは昨年の6月から
高校生の映画鑑賞料金は一律1,000円となっていますので
実際に恩恵に預かるのは「大学生だけ」なのですが、
未だかつてない学生優遇措置に踏み切った配給会社の
意図を尊重してか
市内で1軒しか上映していないシネコンまでもが
上映スケジュールも学生が行きやすい時間に合わせ
平日会社で働く社会人は割を食う形で
手を拱いているうちにそのまま上映終了に…。

今回DVDリリースされたので
遅ればせながら年内に見ることができました。

感想は


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ