2014/10/30

バラが咲いたバラが咲いた真っ赤なバラが さびしかった僕の庭にバラが咲いた  MOVIE

本日は試写会で一般公開よりも2日ほど早く
「美女と野獣」

クリックすると元のサイズで表示します

を見てきました。

「美女と野獣」と云うと
古くはジャン・コクトーの映画や
ディズニーのアニメ映画として
有名な童話です。

ですので、いまさら
あらすじもネタバレもないのですが
かいつまんでストーリーを説明しますと

ある所に3人の息子と3人の娘を持つ裕福な商人がいました。
なかでもベルと呼ばれる末娘はその心根の良さと美貌で
街の人々からもたいそう慕われていました。
ところが、幸せな日々は長く続かず
商人が持つ船が海難事故に遭い
全財産を失ってしまいます。
商人の家族は街を追われ、
田舎で百姓暮らしを始めます。
しかし、贅沢に慣れ親しんでいた上の2人の娘は
ぶーぶー文句ばかり言って家の手伝いさえしません。
そんなある日、商人の元に
難破したはずの船が1隻だけ
無事港についたという知らせが届きます。
これでこの貧乏暮らしからもおさらばです。
家族は手を取り合って大喜び。
早速港への旅支度をする父親に姉娘は豪勢なお土産を頼みます。
一方ベルが頼んだのはたった一本のバラの花でした。
結局、そうそう幸運が転がっているわけではなく
債権者に船の積み荷を全て取りあげられ
商人は失意のまま家に戻ることに…。
悪いことは重なるもので、家に帰るすがら
商人は道に迷い遭難してしまいます。
命からがら辿りついた宮殿もすでに廃墟となっており
声をかけても返事がありません。
ところが、気が付くと
広間には出来立ての料理が並べられているではないですか。
空腹だった商人は料理を平らげ人心地が付くと、
翌朝、家に向かって宮殿を後にします。
その時、庭に咲き誇っているバラを目にした商人は
ベルとの約束を思いだし一輪だけ摘み取ります。
途端に商人の前に恐ろしい姿をした野獣が現れ
怒りを露わに襲いかかります。
そして、盗んだバラの代わりに娘のうち1人を
宮殿に連れてくるよう命じます。
約束を破れば、一家惨殺すると告げられた商人は
家に帰って子供たちに我が身に起こったことを話します。
その話を聞いた心優しいベルは、死を覚悟して
父親の身代わりに野獣の元に行くことを決心します。
宮殿に着いたベルを野獣は殺すことはありませんでした。
野獣と暮らすことになったベルは
次第に野獣の優しさに心を赦すようになります。
気を良くした野獣はベルにプロポーズしますが、
流石にそれは受け入れられません。
やがて、愛する父親に会いたくなったベルは、
一週間だけの約束で実家に帰らせてもらうことになりました。
帰宅したベルの幸せそう姿に嫉妬した2人の姉は
ベルが野獣の元に戻るのを邪魔します。
約束の日になっても戻ってくる気配のないベルに絶望し
瀕死の状態となる野獣。
そこに事情を知ったベルが駆けつけ
野獣を愛していることを告げると
野獣は姿を消し
代わりに呪いが解かれた王子様が現れました。
2人は結婚し、末永く幸せに暮らしましたとさ。
めでたしめでたし。


とまあ、みなさまもご存じのはず。

驚いたことにこの映画
続きを読む
0

2014/10/28

君のためにつばさになる君を守りつづける  MOVIE

本日の映画は

「容疑者Xの献身」の韓国版リメイク

「容疑者X 天才数学者のアリバイ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

日本版では
サクセス俳優堤真一が演じていた
主人公、石神哲哉を
韓国風にキム・ソッコと云う名前に変え
リュ・スンボムと云う俳優が演じています。

このリュ・スンボムさん
誰かと云うと
「生き残るための3つの取引」のこの人↓です。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、確かにそうだわ。この役で第20回釜日映画賞主演男優賞授賞してます。

堤真一と比べると、いかにも3枚目なお顔立ちのため
一見すると主演には見えないかもしれません。

こういう一般的にはイケメンに分類されない俳優が
堂々と主演できるところが韓国映画の強みですね。

お2人を比較すると、堤真一さんの方は
普段の役柄を知っている我々日本人からしてみれば
どう見ても
「俺はまだ本気出してないだけ」
であり

クリックすると元のサイズで表示します
目を中途半端に半開くことで「風采が上がらない数学教師」を演じる堤真一。

リュ・スンボムさんのほうは
「本気を出そうにもどう手を付けて良いのやら…」
と云う石神哲哉となっております。

同じ人物を演じてはおりますが、
見た感じ養殖と天然物ぐらい違います。

ヒロインの目から見ると
堤さんだと
前半は「この人意外と頼りになるかも?」が
後半は「この人なんだか怖い。」

クリックすると元のサイズで表示します
「隣の石神ですが。」は上から目線。

と変貌するところ
スンボムさんは
前半は「この人を信じて大丈夫かしら?」が
後半は「この人やっぱりキモい。」

クリックすると元のサイズで表示します
「隣の者ですが。」は目を合わせることもできず俯き加減。

となります。

ヒロインの
「悪い人じゃないんですけど
生理的にちょっと…。」が半端ないのです、韓国版は。

この作品は主人公のヒロインへの思いが
一方的であればあるほどその献身性が引き立つので
怖れられるより軽蔑される方がずっと効果があります。

石神が最初からちゃんと名前で呼ばれているのに
ソッコの方は事件が起こるまで
「隣の人」と云う認識しか持たれていないのが
またせつないのです。




続きを読む
0

2014/10/26

独善とは善意の服を着てやってきて、嫉妬はいつも正義の服を着てやってくる  MOVIE

本日の映画は伝記映画

自らゲイであることを公表し、
ゲイをはじめあらゆるマイノリティの社会的地位向上のために
立ち上がった伝説の活動家ハーヴィー・ミルクの
波乱に富んだ後半生を、名優ショーン・ペンの熱演で描く
感動の伝記ドラマ
「ミルク」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

監督はガス・ヴァン・サント。

クリックすると元のサイズで表示します
「実験的で詩的な映像美」で知られている監督だけに映像の美しいこと。

第81回アカデミー賞(2009年)では
作品賞を含む8部門にノミネートされ、
主演男優賞と脚本賞を受賞しているのですから
死ぬまでに見ておくべき映画と注目はしていましたが、
政治の世界が舞台と云うことで
政治音痴な私には手が余ると長らく敬遠しておりました。

しかし、最近になってジェームズ・フランコの
フィルモグラフィーの1つと知るところとなり
「まあ、それなら…。」
と、重い腰を上げDVDを借りてきました。
どっこいしょ。


で、結論。予想に違わず、素晴らしい映画でした。

何が素晴らしいって




続きを読む
3

2014/10/23

はい、消えたー!  MOVIE

本日のDVDは

「グランド・イリュージョン」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

以前見た「俺たちスーパーマジシャン」のように
繰り出される妙技を見て楽しむという映画ではなく
劇中仕掛けられたトリックを暴いていくタイプの映画のようです。

そのためポスターでは
「この罠を見破れるか。」
「この罠に騙されるな。」
という宣伝文句が使われています。

クリックすると元のサイズで表示します
角川宣伝部による予告編の見本のような予告編の冒頭部。

これは挑発的です。
煽っています。

そうでなくともこんなことをでかでかと書かれていると
却って身構えて見てしまうもの。

いったいどんなトリックが隠れているのでしょうか?

 
続きを読む
0

2014/10/20

Day & night, 悩んで神経性で Sleepless night  MOVIE

ご存知の方も多いと思いますが、
レンタルDVDのGEOでは
時々、レジでレシート以外に
「ブルーレイ/DVD レンタル半額券」
が出てくることがあります。

この半額券があれば
新作1泊2日であろうと旧作7泊8日であろう
さらには1本だけ借りようと
レンタル上限数の20本めいっぱい借りようと
料金が半額になります。
もちろん1回の精算時のみ使用可能ですが、
新作も半額と云うのが嬉しいところ。

ということで、本日のDVDは
この機会に待ちきれず借りてきた

「ハミングバード」(新作1泊2日)

クリックすると元のサイズで表示します
ここで云う一回目の復讐ってアフガニスタンでの民間人殺害のこと?

です。

新作コーナーの棚には
本作のソフトがブルーレイを含め15本近く
入荷されておりましたが、
これ、旧作落ちして半年後ぐらいで早々に
中古販売ワゴン1本450円、3本で1000円(税抜)に
回されないでしょうか?

そうなったら喜んで鑑賞用と保存用に2本買うのですが。
ファンならば布教用に3本買うのが筋でしょうが、
布教する相手がないので2本で十分。

久しぶりに
ジェイソン・ステイサムが登場しているシーンは
一つ残らずスクリーンショットで
永久保存しておきたい映画の登場です。

クリックすると元のサイズで表示します
映画会社のロゴからして私の心を鷲掴んできてます、この映画。

とは、書いてみたもの
新作1泊二日ではそんなゆとりもないため
気に入ったシーンだけをいくつかチョイスして
保存しておきたいと思います。
 
ちなみに本作は
wikipediaの解説によりますと
2013年にイギリスで制作されたアクションスリラー映画
キネマ旬報社が運営する映画ライフログサービス
「KINENOTE」では
『トランスポーター』シリーズや『アドレナリン』『エクスペンダブルズ』など話題の作品に次々と出演するアクション俳優ジェイソン・ステイサムが、スタントなしで挑んだサスペンス・アクション
ということとなっております。

が、ここで残念なお知らせをひとつ。

ジェイソン・ステイサムは普段の9割ほど
アクションを封印しております。

わざわざ「スタントなし」と断っていますが、
正確にはこの程度のアクションにスタントがあったら
逆に驚くわ。

ですので、ド派手なアクションを期待して
これからブルーレイなりDVDなりで鑑賞すると
とんだ肩すかしを食ってしまうことになりますのでご注意を。

続きを読む
0

2014/10/9

レツゴー三匹  MOVIE

本日の映画は

10月に入ってから
WOWOWとスターチャンネルの
無料放送「メガヒット劇場」「最新メガヒット大特集!」番宣で
腐るほど予告編を見せられている

「ローン・レンジャー」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

あんまり宣伝しているものだから
つい魔がさしてGEOでDVDを借りてきました。

本来は、劇場公開中に見に行くつもりでいたのですが、
今回DVD旧作7泊8日でレンタルする迄
先延ばしにしてしまったのは
予告編の最初に現れるこれ↓のせいです。

クリックすると元のサイズで表示します
これがこの映画最大にして最強のアピールポイントです。

パイレーツ・オブ・カリビアン。

生憎私は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは
2作目に当たる「デッドマンズ・チェスト」までしか見ておりません。

理由は、
「デッドマンズ・チェスト」が
3作目にあたる「ワールド・エンド」と
同時製作されているとは露知らず
いそいそと劇場に見に行き、
いよいよ「俺たちの戦いはこれからだ!! 」
と、見ているこちらまでは熱くなったところで
いきなり映画が「to be continued」。

一瞬何が起こったのか判らず
「ああ、これって
『続きは(改めて後日)劇場で』
と云うことなのね。」
と、気づき、一気に続きを見る気を失ったからです。

クリックすると元のサイズで表示します
その時の私の気持ちはこんなんでした。

まあ、第2作と第3作が続き物と知らなかった
私が全面的に悪いのですが…。

おかげで記憶がすっかり飛んでしまい
デッドマンズ・チェスト」は
「丸い檻で転がりながら逃亡」と云うシーンしか
覚えておりません。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう檻なのでタンクタンクロー方式で走って逃げることができます。

「ワールド・エンド」を見る気力も失いました。

そんなわけでかなり後回しにしてしまった
「ローン・レンジャー」。

名前こそ知ってはいましたが、
ラジオドラマはおろか
テレビドラマ版も見たこともない世代です。

基礎知識として知っているのは
・ウィリアム・テル序曲
・ハイヨー、シルバー!
・白人嘘つき。インディアン嘘つかない。
以上3点。

予告編でやたら耳にすることとなった
「キモサベ」と云う言葉も
今回の映画化を通して初めて知りました。

クリックすると元のサイズで表示します
なんと映画ではローン・レンジャー本人は「キモサベ」の本当の意味を知りません。

だからでしょうか?
そのような白紙に近い状態で見たせいか
「本国アメリカでは大コケするほど酷評された」
と噂された映画にしては意外なほど楽しかったです。

本作は上映時間が150分もあり
その長さが不評の一因ともなっているそうですが、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ4作を
一気見するよりはこれ1本見る方が
「あなたの貴重なお時間」を有効に使えるような気がします。

続編ができる心配のないエンディングも
ステキですね。

クリックすると元のサイズで表示します
興行成績の如何を問わずここで終わる以上続編はないと見做してよいでしょう。

と云っても後何年(何十年)かすれば
またリブートされるかもしれませんが…。

これまでも何度となく映像化され
今や「鞍馬天狗」並みの「懐かしのヒーロー」でもある
本作の主人公の特徴は「不殺主義」です。

これは古き良き時代のアメコミヒーローならば
誰しもが持っていた美徳です。

しかし、時代は変わりました。



続きを読む
1

2014/10/5

男と男の戦いは永遠に消えない 見ろ!俺の目を!  MOVIE

本日の映画は
今年、日本でも藤原竜也、山田孝之W主演でリメイクされた
韓国映画「超能力者」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

こちらでも
カン・ドンウォンとコ・スの二枚目同士のW主演。

ですから、DVDジャケットなんかも
主演2人の顔アップ写真でぎゅう詰めとなっております。

勿論、韓国本国も負けてはいません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここぞとばかりにイメージビジュアルを製作しています。


では、まずはストーリー紹介から。


 

続きを読む
0

2014/10/2

男はつらいよ 夫婦編  MOVIE

本日のDVDは

「サイド・エフェクト」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

劇場公開中、良くできたサスペンス映画で
狐につままれたような映画だと
評判は聞いていたので、少し構えて見たところがありましたが、
確かに、中盤までは主人公同様すっかり騙されていました。

と、云っても騙されることより
主人公がどうやって逆転勝利するかが面白い映画です。

それだけにあのラストシーンには
美木良介のロングブレスダイエット並みの
深い溜息をついたのですが…。
 


続きを読む
0

2014/10/1

生きるって、覚悟だと思った。  MOVIE

昨年、日本でも最も人気が出た映画スターというと
私の記憶では
ベネディクト・カンバーバッチをおいて他にはいません。
唯一無二と云ってもいいくらいです。

2012年に
映画「裏切りのサーカス」(ただし新作DVDにて)で
始めてお顔を拝見したときには
「このピーター・ギラムという青年は
この映画のなかでは
おそらく1、2を争うイケメン枠のはず。
しかし、何故こんな変な顔の俳優を起用したのか?」

と、首を70度ぐらい捻ったものですが、
その後、気が付いた時には、書店の映画雑誌コーナーは
あれよあれよというまに彼一択の状態になっていたのです。
(なにしろ実際に2013年上半期最も表紙を飾った
ハリウッドスターとして「雑誌表紙大賞」受賞しています)

そして、遅ればせながら
その時になってようやく私は気が付きました。
ああ、「SHERLOCK(シャーロック)」の人か…
と。

そういえば最初にNHK・BSで
「SHERLOCK(シャーロック)」の番宣を見た時も
たしか
「このキャストで本当にこのドラマ大丈夫?」
と、ワトソン役のマーティン・フリーマンともども
心配したものでした。

クリックすると元のサイズで表示します
失礼なのは重々承知ですが、これとこれですよ。

とりあえず、これだけ顔が売れてきても
なかなかそらんじることができなかった
ベネディクト・カンバーバッチというお名前も
雑誌「この映画がすごい! 2013」において
「缶バッチ先生」と表記されているのを読んでからは
普通に云えるようになり、
それなり見慣れてきたとは云え
「アメイジング・グレイス」
「僕が星になるまえに」
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
「パレーズ・エンド」
そして、
「SHERLOCK(シャーロック)」
(シーズン1と2のみ。3は現時点では「まだまだ新作」なので未見)
視聴後も未だに「こんな変な顔の人が…」
と、失礼にもほどがある私。

これではいかん。

その俳優の良さを知るにはまず
1本でも多く出演作を見なくては!!

ということで本日のDVDは
BBC単発ドラマである「ホーキング」

クリックすると元のサイズで表示します
正しくは『ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング』なのでしょうか?

です。
 
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ