2014/8/30

首にかけるにはデカすぎる。風呂の炊きつけにでもすんだな、五ヱ門ブロのよ。  MOVIE

今でもはっきり覚えているのが小学2年のある日。
今日から新番組が開始されるということで
テレビをつけたところ
タイトルからてっきり特撮ものと思っていたその番組が
これまで見たこともない
大人のアニメであったことにすっかり魅了された私は
それ以降そのアニメの虜に…。

幼い私の心を鷲掴みにした
がちがちのハードボイルドだった作風は
やがて演出家が変わり
色気が売りだったヒロインが長かった髪をバッサリ切ると、
ストーリーもそれに合わせ
子供向けのコメディ色の強いものとなり
前半の「殺しの世界チャンピオン」という
主人公にあった凶悪な設定は鳴りを潜め
すっかりマイルド路線に。

何、そのキャラ崩壊は?

そんな「視聴率低下による大人の事情」を醸し出しつつ
そのアニメは23話で終了(打ち切り?)します。

ところが、その内
主人公が衣装の色を変えて新作アニメとして再登場。

こちらは最初から絵柄もストーリーも
子供向けを意識したものとなり
ハードボイルドから
コメディ、
ラブロマンス、
SF、
ホラー、
人情もの、
時には他のアニメのパロディと
何でもござれな作品となっておりました。

この頃、ようやく原作本を購入。
男性器が♂と描かれた漫画的表現で大人の階段を昇った私は
親の目に触れない様、
中2男子のエロ本如く本棚の奥深くに隠す羽目に…。

そうしているうちにアニメの方は
155話で大団円を迎え、
その数年後、前作のイメージを払拭するため
衣装の色をがらりと変えて三度テレビに登場。

その後も劇場映画化、テレビSPと
姿を変え、声を変え、他のアニメとコラボまでして
愛され続けて40年以上。
むしろ半世紀近く。

そんな作品はおそらく他にはないでしょう。


というわけで本日の映画は
賛否両論というか、深く愛されすぎているが故、
公開前から非難の声が甚だしい

「ルパン三世」

クリックすると元のサイズで表示します
たしかに彼はトランクスじゃなさそう。そういや次元は白ブリーフ派でしたね。

です。

製作前から
監督も出演者も「やりたくない」と溢し
公開前から
原作ファン、アニメファン、映画ファン、
さらには普段映画を見ない人からも
「実写化やめろ!」とシュプレヒコールされる
こんな映画も他にはあるでしょうか?

すでに叩かれる土壌だけはできています。
「ちょっとでも気に入らないところがあれば
叩いてやろう。」
と、手ぐすね引いて待っている人も少なくなさそうです。

他の映画とは違うと云えば

 
 

続きを読む
0

2014/8/28

そしていつか思い出して嘘も見抜けない程恋に落ちた役立たずのスパイを  MOVIE

本日の映画は

「ゴールデンスパイ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

鑑賞中、私の頭の中では海原雄山が
怒鳴りっぱなしでした。

クリックすると元のサイズで表示します
その海原雄山はこんなことを叫んでいるのです。

「厳選された香港・中国エンターテイメント映画勢ぞろい!」
の名目で
日本では昨年の暮れ
シネマート六本木とシネマート心斎橋での
「冬の香港中国エンターテイメント映画まつり」で上映された
3作品のうちの1本に当たりますが、
そりゃあ本作と同時上映となれば
あのトンデモ映画
名探偵ゴッド・アイ」の評価が高くなるのも納得です。

そんなことをつくづく思い知らせれることとなろうとは…。




続きを読む
0

2014/8/25

解かれることを望まない秘密だってあるさ  MOVIE

本日の映画は
名前を知っている人は多いけれど
意外と知られてない
エドガー・アラン・ポー(享年40歳)の晩年を描いた

「推理作家ポー 最期の5日間」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

エドガー・アラン・ポーというと
「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、
そして初の推理小説と云われる「モルグ街の殺人」が
有名ですが、
実際に読んだことがあるのは
「黒猫」と「モルグ街の殺人」くらいでしょうか?

それも小学生の頃、
学校の図書室に入荷された
小学生向けに翻訳された読み物でしか読んでいないため

クリックすると元のサイズで表示します
私はこれで読みました。「推理・探偵傑作シリーズ4 モルグ街の殺人事件」

事件の概要は全く記憶がなく
あるのは
「犯人はオランウータン!」
という衝撃的なオチだけという体たらくぶりです。

世界初の推理小説の犯人がオランウータンって
なんだそれ?

しかし、ポーがいなければ
コナン・ドイルも江戸川乱歩もこの世に存在しえなかっただろう
と、云われるくらい偉い人なのです。

この映画を見る限りはそんなふうに見えないかもしれませんが…。





続きを読む
1

2014/8/24

砕けるものなら砕いてみろ、正拳ディフェンスだァ  MOVIE

本日の映画は

「ミーン・マシーン」

クリックすると元のサイズで表示します


です。

一度見たら忘れられないお顔立ちなのに
なかなか名前が覚えられない
ヴィニー・ジョーンズの初主演作品です。

強面、高身長で
「マフィアに雇われている殺し屋」
「マフィアに雇われている取り立て屋」
「マフィアに雇われている手下」
と云った役どころでしか見たことがない
あの俳優です。

キャリアを拝見すると

FAプレミアリーグで活躍した元サッカー選手(ミッドフィールダー)。チェルシーFC、ウィンブルドンFC等に所属。1988年、ウィンブルドンFCにて世紀の番狂わせを演じたFAカップ優勝メンバーの1人。ウェールズ代表でもプレイし、代表では1994年から1997年までに8試合出場し、キャプテンも務めた。

れっきとした元サッカー選手です。

その経歴を最大級に生かしたのが
この作品「ミーン・マシーン」。

作中でも素晴らしいリフティングを披露しています。

クリックすると元のサイズで表示します
本人曰く「サーカス」ですが…。できるからそんなことが云えるんです。

勿論、DVDを借りたのは
この方が出演しているからです。

クリックすると元のサイズで表示します
顔が写らなくても身体だけで誰だか判るジェイソン・ステイサム。

サッカーチームメンバーとスクラムを組むと
あまりに背が低くて泣きそうになりましたが…。

 
 

続きを読む
0

2014/8/21

人間の価値は何を考えているかではなく、どう行動したかで決まる。  MOVIE

本ブログは8月23日を以て
開始10年からになるそうです。

それだけ続けている割には、
このアクセス数はいったいなんぞ?
と、思わないでもありませんが、
そんななか、ここ2年ほど
ぶっちぎりでアクセス数を稼いでいる記事があります。
「検索ワード」でも常に第1位。

もはやこのブログはその記事を検索されるためだけに
あると云っても過言ではありません。

それもそのはず
映画の感想を書いたブログは数あれど
「検索ワード」の映画は
大変見る人を択ぶ映画のため
本ブログ以外にレビューを載せているブログが
非常に少ないのです。

なにしろgoogle検索結果1ページ目には
作品紹介サイトがずらっと並んでいるだけで
レビューサイトはここだけですから。

それが、2012年3月24日のレビュー
ドバットマン」です。

そんなに検索している人がいるってことが不思議です。

DVDリリースされたのは3年も前のことですよ。

映画パロディ洋物AVで有名なコンマビジョンから
発売されたDVDですから
内容も推して知るべし。

邦題が全てを物語っているように
「バットマン」のパロディに当たりますが
元ネタは
クリストファー・ノーランによるこちらの作品でもなく

クリックすると元のサイズで表示します

はたまた
ティムバートンによるこちらの作品

クリックすると元のサイズで表示します

でもなく
1966年から1668年にかけて
テレビ放送されたドラマ
「怪鳥人間バットマン」と云うことになっております。

クリストファー・ノーラン監督作「ダークナイト」の
AVパロディ「カタークナイト ライジング」
のイントロロゴでも使われていた原作絵

クリックすると元のサイズで表示します
AVに使用されるってことはそういう意味で捉えているのでしょうか?

の元ネタは本作で見ることもできます。

クリックすると元のサイズで表示します
ホモ疑惑も出てくるわけです。

かように
放送時から40年経っても愛され続ける
テレビ版のバットマン。

同年には劇場映画化されており
それが本日の映画
「バットマン オリジナル・ムービー」

クリックすると元のサイズで表示します

です。




……って前置き長っ!


1966年と云うと
日本ではビートルズが来日。
アメコミもまだ牧歌的な時代だったようで
正義が存在する為には悪が必要というパラドックスに
頭を悩ませるバットマンなどここには存在していません。
(ていうかもうちょっと体絞れや。)

 
 

続きを読む
0
タグ: バットマン

2014/8/19

特技は神頼み  MOVIE

本日の映画は

「インモータルズ−神々の戦い−」


クリックすると元のサイズで表示します

です。

私事ながらこの4年ほど
それなりの本数の映画を見てきたつもりです。

本作は
映像の魔術師のターセム・シンと


代表作「落下の王国」。衣装担当は日本が世界に誇る石岡瑛子女史。

「300〈スリーハンドレッド〉」製作スタッフが
手を組んで生み出した独創的なギリシア神話の世界を舞台に
壮絶な戦いを描いた3Dアクション・スぺクタル超大作
という触れ込み(公開当時)でしたが、

鑑賞後の正直な感想といたしましては

クリックすると元のサイズで表示します
この感じは「ウォータームーン」以来でしょうか。こちらの方がまだましですが。

でした。

一応この4年間様々な分野の映画を見てきたつもりです。
しかし、こんなことは4年間おそらく一度もありませんでした。

公式サイトに載っているあらすじにはこのように書かれています。

人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦いは光の神が勝利し、闇の神は奈落の奥底に封印された。時は流れ、古代ギリシアの時代。闇の力を手に入れ、世界を支配しようと野望を抱くハイペリオン(ミッキー・ローク)が人類に対し宣戦布告。光の神が造った武器の一つであり、闇の神を解放するための重要なカギ“エピロスの弓”を捜し求めるハイペリオンは、軍隊を結集してギリシアの地を侵攻していく。弓がハイペリオンの手に落ちれば闇の神は復活し、人類の破滅も免れない。ハイペリオンの野望を阻止すべく、光の神の頂点に立つゼウス(ルーク・エヴァンス)が選び出したのは、自らが鍛え上げた人間、テセウス(ヘンリー・カヴィル)だった……。

と。

公式サイトの「あらすじ」ですので
間違ってはおりません。

ここだけ読んでいれば、ギリシア神話を題材にした
英雄譚のように思えます。

しかし、素直に飲みこめない何かがこの映画にはあるのです。
それが「何が何だかわか」りませんが。

そもそも主人公であるテセウス。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘンリー・カヴィルを最も美しく見せる衣裳は裸体という石岡瑛子の持ち腐れ。

ギリシア神話における
クレータ島に幽閉された牛頭ミノタウロスを退治したものの
それに協力したミーノース王の娘アドアリネとの
結婚の約束をあっさり破ったことで有名なテセウスと
同じ名前を持ち
本作でもミノタウロスっぽい被り物をした兵士と戦いますが、
基本殆ど別人ですので、
これからご覧になる際はそのつもりでご鑑賞ください。
 
  
 
続きを読む
0

2014/8/13

人の恋路を邪魔する奴は、銃で撃たれて死んじまえ  MOVIE

本日は、8月30日に公開を控えた
「ルパン三世」の北村龍平監督が
ハリウッド進出第2弾として撮影したアメリカ映画

「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」

クリックすると元のサイズで表示します
渋いパッケージの下に2か所も18禁マークが…。

です。

「ルパン三世」は公開前から大コケ必至と云われていますが、
私は大泉洋がファンの期待通り
アニメのルパン三世を意識した演技で
「ふじこちゃ〜ん!」
とルパンダイブするのを見せられるくらいなら
まだ小栗旬くらいかけ離れている方がマシかも
と、秘かに思っているので今から観に行く気満々でおります。

そして、その前哨戦が本日の映画となります。

北村龍平監督と云う監督は
世間にその名前に知らしめた
「VERSUS」においては
敵役に榊英雄を
「あずみ」では
最上美女丸役にオダギリジョーをキャスティングし
ハリウッド進出第1弾
ミッドナイト・ミートトレイン」では
まだ無名に近かったブラットレイ・クーパーを
そして、
本作ではメジャー映画に出演し始めたばかりの
ルーク・エヴァンズを起用している監督。

クリックすると元のサイズで表示します
「ルパン三世」ではタナーヨング・ウォンタクーンを起用。

集英社新書「映画監督という生き様」を
紀伊国屋書店の新刊コーナーで立ち読みしたところ
監督の目指す新しいルパン三世像が
予想外に突拍子なかったため
一抹の不安を感じつつも
私、北村龍平監督の俳優を見る目を全面的に信用します。

ということでDVDを再生。
 
 


続きを読む
0

2014/8/7

見えないと始まらない。 見ようとしないと始まらない。  MOVIE

本日の映画は
エンドロールが流れる前から
真っ暗な客席からはすすり泣く声が至る所で聞こえた
本年度ミニシアター最大との呼び声高い
泣ける映画

「チョコレートドーナツ」

クリックすると元のサイズで表示します
いや、本当に泣けるんです。

です。

クリックすると元のサイズで表示します
見ればこの華やかな受賞歴も納得。

と云う状況下
裁判で実の母親で出てきた時点で、
実話にも関わらずこの話が辿り着く先が見えてしまい
まったく泣けなくて本当に申し訳ないです。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、でも、ここは泣きました。

しかも
流れるエンドロールを目で追いながら思っていたのは

続きを読む
0

2014/8/3

執事様のお気に入り  MOVIE

本日の映画は
最寄りのTSUTAYAで
どのスタッフのお薦めかは判りませんが、
面陳列されているDVDにしては
始めて目にするタイトルとパッケージだったため
つい手に取ってしまった

「バーナード・アンド・ドリス」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

見ての通り、
主演は、スーザン・サランドンとレイフ・ファインズ
のお2人。

映画好きなら知らぬ人はいない
豪華とも地味ともつかぬ
心そそられるキャスティングです。

しかも、パッケージの裏をちら見したところ
実存した大富豪と執事のお話のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
実話を元にしていますが、異なる部分もあるそうです。そりゃそうだ。

大富豪の世界を描いた作品と云うと
アメリカ、ハーレクインの世界では、
人気が集中しているのは専ら「シーク」ですが、
ここ日本でのオタクカルチャーの人気は
「執事」に偏っています。

今や多くの女性にとって「萌え属性」として
ベタな執事キャラの法則」が作られるくらい
愛でられている存在の執事。

しかも、本作ではご主人様が女性ということで
どのような「メイちゃんの執事」的展開が…
と思っていたら



続きを読む
1

2014/8/2

僕の記憶が確かなら、かつて僕の生活はお祭りだった。  MOVIE

本日の映画は
「ランボー 地獄の季節 <無修正版>」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

DVDレンタルしてきたTSUTAYAのPOPによりますと
本作は
1995年公開の「太陽と月に背いて」のヒットを受けて
DVDリリースされたようですが、
どうも最寄りのTSUTAYAには
「太陽と月に背いて」は入荷されていない模様。

こういうのを本末転倒と云うのでしょうか?

ご存知ない方のために引用紹介いたしますと
「太陽と月に背いて」は
フランス文学史上類まれなる才能を持った詩人アルチュール・ランボーと、同じく詩人であったポール・ヴェルレーヌとの破滅的な愛と魂の交感を(wikiedia)」
描いた映画作品です。

「魂の交流」などという小賢しい言葉で誤魔化してはいますが、
まあ、早い話が「BL」と云う言葉がまだ一般的でなかった時代に
公開されたイギリス産ボーイズラブ映画です。

一応、私も「太陽と月に背いて」は
TSUTAYAでレンタルしているのがDVDやBDではなく
VHSだった時代に一度見ているはずなのですが、
レオナルド・ディカプリオとデヴィッド・シューリスの
濃厚ラブシーンより
ロマーヌ・ボーランジェの巨乳がもの凄かった
というしょうもない印象しか残っていません。

その「太陽と月に背いて」で若き日の
そして、全盛期のレオ様が演じたアルチュール・ランボーを
本作では「アンコール!!」の
テレンス・スタンプが演じています。

クリックすると元のサイズで表示します
テレンス・スタンプ75歳。まだまだ現役。全盛期。

テレンス・スタンプ主演ということで
なんとなくモノクロ映画と思い込み
持ち帰ったDVDを早速再生したところ
総天然色カラー作品でした。

クリックすると元のサイズで表示します
でも、オープニングは昔懐かしい手描きです。

失敬失敬。
DVDパッケージがカラーだったのをすっかり失念しておりました。
 

 

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ