2014/7/29

あいつ...頭高くない?どうする兄ちゃん?処す?処す?  MOVIE

「日本の夏、金鳥の夏。」
ということで8月も間近に控え
皆様いかがお過ごしでしょうか?

いきなりで大変申し訳ございませんが、
日本の8月と云えば「お盆」です。

お盆と云うと正月よりもむしろこの時期に
親戚一同が墓参のため本家に集まり
襖を取り払った即席作りの大広間で宴会を開くのが
世の習わしでした。

クリックすると元のサイズで表示します
(※写真はイメージです。)

現在、核家族化が進む中そういう風物詩も
徐々に衰退化していっていると思われましたが、
そんなことはありません。

親族の集まりで家長に当たる人物が
溜りに溜まった不満をうっかり皆の前で溢したせいで
周りがえらい迷惑を被る映画が
本日の映画

「タイタンの戦い」

クリックすると元のサイズで表示します
何度見ても「獲ったどー!」と叫んでいるようにしか見えないパッケージ。

です。

事の始まりは
ゼウスと云うギリシャのとっても偉い神様が
親族会議の場で

クリックすると元のサイズで表示します
神様たちのお盆はこんな感じです。

「最近、子供たち(=人間)がちっともわしに構ってくれん。
仕送りどころか連絡もしてこん。
こっちが電話しても着信拒否しよる。
おまけに何が気に入らんのか
ついこないだも黙って墓参りに来たかと思ったら、
罰当たりにも墓石をぶっ壊していきやがった!
今更反抗期か!!
ふざけんなクソが!!!
自分一人で大きくなったような顔して、
あいつら、ちゃんとわしの老後看る気あるんか!
親の面倒を見るのが子の勤めじゃないんか?!
ふざけんなクソが!!!
あああああああ、これから年金だけでどう暮らしていこうか…
わし、もうもう心配で心配で夜も眠れんわ。
もっと、親のわしを尊敬しろ、崇め奉れ!!クソども!!」
と、うっかり愚痴と云う名の本音をだだ漏らしたところ

クリックすると元のサイズで表示します
眩しすぎる神ゼウス(リーアム・ニーソン)。全知全能の神にしては思慮が足りない。

親戚一同のみなさんも
「本当ですよ。まったく今の子はあれだから…。」
と、次々賛同し、会場は愚痴合戦の場へと変貌。

そこへ兄であるのに本家を弟ゼウスに乗っ取られて
多少やさぐれている分家のハデスが顔を出し
「そんなんならわしらの大人(=神)の力を見せつけて
あいつら懲らしめたったらええねん。
ほしたら、あんのバカどもまたわしらを崇め奉ってくれるわ。
簡単簡単wwwww。」
などと、安請け合いするものだから

クリックすると元のサイズで表示します
冥界での苦労が全て生え際に出た冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)。

心持ち気弱になっていたゼウスもすっかりその気になって
子供たち(=人間)の躾けを
伯父であるハデスにお願いしたところ
ハデスがどんどん図に乗ってきて
愛犬である土佐犬(クラーケン)を子供(=人間)に
けしかけるなど体罰にまで発展したものだから
流石のゼウスもちょっとどん引き。

と云う日本のお盆によくある親戚同士の集まりから
始まる珍騒動を壮大なSFXで撮影したのがこの映画です。


これは決して比喩や誇張ではなく

続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ