2014/7/29

あいつ...頭高くない?どうする兄ちゃん?処す?処す?  MOVIE

「日本の夏、金鳥の夏。」
ということで8月も間近に控え
皆様いかがお過ごしでしょうか?

いきなりで大変申し訳ございませんが、
日本の8月と云えば「お盆」です。

お盆と云うと正月よりもむしろこの時期に
親戚一同が墓参のため本家に集まり
襖を取り払った即席作りの大広間で宴会を開くのが
世の習わしでした。

クリックすると元のサイズで表示します
(※写真はイメージです。)

現在、核家族化が進む中そういう風物詩も
徐々に衰退化していっていると思われましたが、
そんなことはありません。

親族の集まりで家長に当たる人物が
溜りに溜まった不満をうっかり皆の前で溢したせいで
周りがえらい迷惑を被る映画が
本日の映画

「タイタンの戦い」

クリックすると元のサイズで表示します
何度見ても「獲ったどー!」と叫んでいるようにしか見えないパッケージ。

です。

事の始まりは
ゼウスと云うギリシャのとっても偉い神様が
親族会議の場で

クリックすると元のサイズで表示します
神様たちのお盆はこんな感じです。

「最近、子供たち(=人間)がちっともわしに構ってくれん。
仕送りどころか連絡もしてこん。
こっちが電話しても着信拒否しよる。
おまけに何が気に入らんのか
ついこないだも黙って墓参りに来たかと思ったら、
罰当たりにも墓石をぶっ壊していきやがった!
今更反抗期か!!
ふざけんなクソが!!!
自分一人で大きくなったような顔して、
あいつら、ちゃんとわしの老後看る気あるんか!
親の面倒を見るのが子の勤めじゃないんか?!
ふざけんなクソが!!!
あああああああ、これから年金だけでどう暮らしていこうか…
わし、もうもう心配で心配で夜も眠れんわ。
もっと、親のわしを尊敬しろ、崇め奉れ!!クソども!!」
と、うっかり愚痴と云う名の本音をだだ漏らしたところ

クリックすると元のサイズで表示します
眩しすぎる神ゼウス(リーアム・ニーソン)。全知全能の神にしては思慮が足りない。

親戚一同のみなさんも
「本当ですよ。まったく今の子はあれだから…。」
と、次々賛同し、会場は愚痴合戦の場へと変貌。

そこへ兄であるのに本家を弟ゼウスに乗っ取られて
多少やさぐれている分家のハデスが顔を出し
「そんなんならわしらの大人(=神)の力を見せつけて
あいつら懲らしめたったらええねん。
ほしたら、あんのバカどもまたわしらを崇め奉ってくれるわ。
簡単簡単wwwww。」
などと、安請け合いするものだから

クリックすると元のサイズで表示します
冥界での苦労が全て生え際に出た冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)。

心持ち気弱になっていたゼウスもすっかりその気になって
子供たち(=人間)の躾けを
伯父であるハデスにお願いしたところ
ハデスがどんどん図に乗ってきて
愛犬である土佐犬(クラーケン)を子供(=人間)に
けしかけるなど体罰にまで発展したものだから
流石のゼウスもちょっとどん引き。

と云う日本のお盆によくある親戚同士の集まりから
始まる珍騒動を壮大なSFXで撮影したのがこの映画です。


これは決して比喩や誇張ではなく

続きを読む
3

2014/7/21

mission accepted  MOVIE

本日の映画は

「名探偵ゴッド・アイ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

昨年末「冬の香港中国エンターテイメント映画まつり」と云う形で
シネマート六本木、シネマート心斎橋のみで
小規模公開されたこの作品。

レビューを読む限りおおむね好評のようでしたので
DVDリリースされるのを首を長くして待って
「準新作」に落ちるのを待たずして借りてきました。

韓国映画の台頭でここ10年ですっかり隅に追いやられた感も
無きにしも非ずですが、香港映画もまだまだ健在。

なかでも最も勢いのある
「みんな大好きジョニー・トー(宇多丸師匠談)」監督が
主演に1961年生まれのアンディ・ラウ(当時51歳)を迎えて
撮影したとあっては
「みんな」が決して「みんな」でないことを判っていても
見逃す手はないじゃないですか。
嫌でも期待するじゃないですか。

小規模公開のため、ろくに宣伝に力を入れていないせいか
邦題は考えすぎてゲシュタルト崩壊を起こしていますが、
(神の眼と云う意味なら正しくはeye of the God
心眼と云う意味ならone’s mind’s eye)
原題は至ってシンプルに「盲探」と云います。

「盲」は「盲目」。
「探」は「探偵」。
たった2文字でどういう映画かすぐに判る漢字って素晴らしい!!

と、感動しつつDVDの再生ボタンをONしてみると
冒頭から主役のアンディ・ラウ登場。

ちょっと挙動が不審なのは
原題どおり主人公のジョンストンが盲目だからなのですが

クリックすると元のサイズで表示します
役作りは完璧で臨みます。生半可な演技は見せません。

そのことを差し引いても
今回のアンディ・ラウの演技はなんだか
SMAPっぽい
です。

もちろんこのSMAPというのは
何か心理学的な専門用語の略語ではなく
皆さんもご存じのあのSMAPです。

クリックすると元のサイズで表示します
みんな大好きSMAP。
 
…すみません。意味が判りませんね。
だいたいSMAPってグループであって
個人名ではありませんからそれと比較するのも変な話です。

でも、見ているとどういうわけかふとした瞬間に
SMAPのメンバー(稲垣メンバー除く)がドラマで見せる演技を
思い浮かべてしまうのです。

最初は役柄上
TBSドラマ「ARATU」の中居正広に似てるなあ
と思って見ていたのです。

そのうち香取慎吾が憑依したかと思うと
全体からにじみ出るアイドル的大物感は木村拓哉に似てなくもない
と云った感じで中居・ATARU・正広に止まらず
SMAPという存在そのものを彷彿してしまうアンディ・ラウ。

老生熟練男性アイドルだけが
辿りつける境地とでも云いましょうか。

これは個人的な感想ですので
すでにご覧になった方は
「こいつ何云ってんの?」
でしょうが、思ってしまったものは仕方ありません。

バカだなあと思いながら読み流してください。

クリックすると元のサイズで表示します
50を過ぎてもゲロ演技OKなアンディ・ラウを私は深く尊敬します。


 
続きを読む
0

2014/7/20

最後の七つの災い 神の怒りが極みに達する  MOVIE

本日の映画は

「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

まずは感謝の言葉を。

ありがとう!GEO!
7月19・20日は
新作・まだまだ新作100円(税込)を
このタイミングで開催してくれて。

おかげさまで「まだまだ新作7泊8日」のうちに
本作のDVDを借りることができました。

そこで、つくづく思い知ったのは
「映画は公開順に見るべき」
という至極当たり前のことでした。

というのもこの映画は
ほぼ全員が「本人役」での出演ということで
当然彼らの過去に出演した作品が
格好の話のネタとなっており
それらの作品を見ているのと見ていないのでは
面白さも雲泥の差になる
私のような半端な映画好き泣かせな作品だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
Yahoo! 映画でのキャスト紹介。なぜか全員似たような髪型。

とりあえず、
先に「スモーキング・ハイ」「マネーボール」を見ておいた
過去の私GJ!



 
続きを読む
0

2014/7/20

みんな貧乏が みんな貧乏が悪いんや  MOVIE

本日の映画は

mixiのコメントに
「2014年上半期映画ベスト1」として
オススメいただき何の前情報も入れず借りてきた

「メトロマニラ 世界で最も危険な街」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う映画です。

舞台がフィリピン、マニラ
DVDパッケージの画像
「世界で最も危険な街」と云う副題
から推察するに
地元ギャングと警察官の攻防を描いた
「ザ・レイド」のフィリピン版
と云ったところでしょうか?

と、あらかたの予想をつけたところで
DVDを再生してみると
続きを読む
0

2014/7/19

トレビアンな俺に抱かれ  MOVIE

本日の映画は
「フレンチ大作戦 灼熱リオ・応答せよ」

クリックすると元のサイズで表示します
WOWOW放送時は「OSS 117 リオデジャネイロ応答なし」と云う邦題でした。

と云う映画です。

OSS 117 私を愛したカフェオーレ
の続編に当たります。

ですので、当然主演は「アーティスト」で
カンヌ国際映画祭男優賞及びアカデミー賞主演男優賞を
授賞したジャン・デュジャルダン
監督は
「アーティスト」でアカデミー賞監督賞を受賞し
妻は「アーティスト」主演女優ベレニス・ベジョという
「監督冥利につきる」映画監督
ミシェル・アザナヴィシウス
と云うゴールデンコンビとなっております。

「アーティスト」で一躍日本でも名前が知られた割には
このDVDに辿り着くまでに2年もかかってしまいました。

「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」
をDVDで視聴した直後から
続編の存在を知り探してはいたものの
2013年にWOWOWで放映されたという情報しか
wikipediaでは見つからず諦めていたところ、
どういうわけか今年になってDVDリリースという
運びとなったようです。

そこまでして見たいほど
前作が面白かった!!と云うわけではないのですが、
「アーティスト」でアカデミー賞を受賞する以前
いかにもフランスの伊達男と云った感じの
ジャン・デュジャルダンが
腰元役の女優さんたちがおっぱい丸出しにしていた頃の
フジテレビ「志村けんのバカ殿様」
のような映画にも率先して出ていたかと思うと
しみじみと味わい深いものを感じます。
 
 
続きを読む
0

2014/7/19

THE MUSIC DAY 音楽のちから  MOVIE

本日の映画は

「アクロス・ザ・ユニバース」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う映画です。

先日レンタルしたDVD「アフター・ウェディング」の
本編前に勝手に流れる「新作案内」で
予告編を拝見し、それが縁で借りてきました。

アメリカに住む兄妹と
イギリス、リバプールから来た青年の
3人を巡るよくある青春グラフィティー
かと思って見ていたら

クリックすると元のサイズで表示します
予告編の前半はこの3人が青春を謳歌しながら歌いまくっています。

予告編の後半ではベトナム戦争へと突入し
一気に事態は深刻化、
それに伴い間合間にこんな感じの幻想的な映像

クリックすると元のサイズで表示します
暗黒舞踏?

が矢継ぎ早に挿入されているではないですか。

こんな…こんな予告編を見せられては
すぐにでもDVDを借りて本編を確認しなきゃ
って気になるじゃないですか。

ということでさっそく借りてきたところ
続きを読む
0

2014/7/19

この世に偶然なんてものは無いんだよ。  MOVIE

本日のDVDは
「TSUATAYAだけ」でレンタルされている
「スティーラーズ」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う映画です。

DVDを再生する前に
キャストを確認するため
wikipediaを開いたところ
気になる参照文が…。

それは
『ハリウッド・レポーター』のフランク・シェックは、役者の好演を無駄遣いしている、と批判した
という文章。

この言葉が何を意味するのか…

とりあえずDVDを再生して見ないことには始まりません。

本作に出演している役者というと

ポール・ウォーカー
ケヴィン・ランキン
ルーカス・ハース
ノーマン・リーダス
トーマス・ジェーン
DJクオールズ
マット・ディロン
イライジャ・ウッド
ブレンダン・フレイザー
ヴィンセント・ドノフリオ
シャイ・マクブライド

豪華キャストというにはやや小粒な感じもしませんが、
これだけいれば一人ぐらいはお目当てになる役者が
含まれているのではないでしょうか?

邦題の「スティーラーズ」は他の方のレビューを見ると
気になって調べた方がかなりいらっしゃるようですが
皆様「意味不明」と云う結論に達しています。

原題は
「Pawn Shop Chronicles」
(質屋年代記)
だそうです。

「クロニクル」という御大層な単語を
使っておりますが、実際は
アルトン(ヴィンセント・ドノフリオ)が経営している質屋に
品物を質入れに来た人々に起こった
ある一日の出来事を描いています。

続きを読む
0

2014/7/10

人は野球に夢を見る  MOVIE

本日の映画は

2003年アメリカで発売されベストセラーとなった
ノン・フィクション
「マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男」を
映画作りに並々ならぬ情熱を燃やし続けている
ハリウッドスター、ブラッド・ピットが(で)実写化した

「マネーボール」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

製作のブラッド・ピットは俳優でもあるので
アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球地チーム
オークランド・アスレチックスを率いる
GM(ゼネラルマネージャー)ビリー・ビーンを
演じています。

ブラッド・ピット製作・主演と云う
ビックバジェットだけに
公開前には予告編を目にする機会も多く




実際に今回DVDを見る前までは

「独自の経営理論に従い
年棒の安いコストパフォーマンスの優れた選手を集めることで
弱小チームの立て直しを図る中年スカウトマンの話」

と、勝手に想像していました。

ちなみに
「ビックバジェット」とは
製作費が1億ドルを越える規模の映画を指す言葉で
この映画の公式製作費は5千万ドル。
製作費5千万ドル前後の映画は「ブルー・チップ」、
2千万ドル前後の低予算作品は
「ロウ・バジェット」または「ポートフォリオ」
と呼ぶのだそうです。

ここに辿り着くまで
いろいろ勘違いしていることがありましたが、
一を聞いて十を知った気になる時ってありますよね。

それにしても
映画特有の専門用語は何故かくも多いのか…。

そして、
日本の配給会社にして見れば
ブラッド・ピット目当ての女性客にアピールしたいのに
ブラット・ピット本人は何故かくも
女性客が好みそうにない題材の映画ばかりを製作し
配給会社の頭を悩ませるのか…。


続きを読む
0

2014/7/10

悲しみを知り独りで泣きましょうそして輝くウルトラソウル  MOVIE

きっかけは
この映像からでした。


日本公開未定だそうです。まさかDVDスルーにする気じゃあるまい?

この映画「The Interview」の
予告編が公開されるや
北朝鮮のスポークスマンから非難の声が上がったそうです。

まあ、そりゃそうですよね。
いくらなんでも金正恩が似ていなさすぎです。
(…え?そこ?)

そんな我が国とは縁もゆかりもないネットニュースが
たまたま目に入ったのが始まりです。

非難の理由は
北朝鮮の独裁者の暗殺を巡るコメディ映画だったから。

そんな国際問題も起こしかねない映画に
主演しているのは
「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲン(32)と
「127時間」のジェームズ・フランコ(36)のお2人。

さらにgoogle検索を繰り返すことで
この2人がプライベートでも大の仲良しであることを
知り得たのでした。

テレビドラマ「フリークス学園」で共演して以降

こんなことや

クリックすると元のサイズで表示します
上がパロディ、下がオリジナル。

「親友のヌード画」を描いてネット上で公開するなど
お互いをネタにしてふざけてばかりいることで
有名なんだとか。

そんなガチ友である彼らのおふざけで最も目を引くのは

カニエ・ウェストの「Bound 2」の
MVのパロディービデオ「Bound 3」


ジェームズ・フランコがこんなカッコいいアホとは知らなかったよ。

ではないでしょうか?

莫大な経費と時間をかけて良くやるよ、こんなこと。

もぉぉぉぉぉっ!こんなの見せられたら
ますます共演映画見たくなるじゃないですか!!

一応イケメン俳優枠に入っているジェームズ・フランコ。
ジェームズ・ディーン系のお顔立ちが
ちょっと苦手でこれまで避けていたのですが、
目から100枚ほど鱗が落ちました。

ということで、共演作をピックアップすること数十秒。
(フィルモグラフィーを見るとジェームズ・フランコは
本当にテレビ映画「DEAN/ディーン」で
ジェームス・ディーンを演じていました。)

手始めに
「ディス・イズ・ジ・エンド
俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」を
借りるつもりでしたが、
今年の5月にDVDリリース仕立てで
「まだまだ新作」であったため
急遽変更して

旧作の「スモーキング・ハイ」

クリックすると元のサイズで表示します

をレンタルしてきました。

 
続きを読む
0

2014/7/8

夢見る少女じゃいられない  MOVIE

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に
引き続きTOHOシネマズ劇場招待試写会にて
ジブリ最新作「思い出のマーニー」を見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

原作はイギリスの児童文学ですが、
日本の子供たちに見せるので
「借りぐらしのアリエッティ」同様
舞台を現代の日本(北海道)に持ってきています。

主人公は13歳の少女アンナ(杏奈)。
中学生とは思えないほど絵の才能に恵まれていますが、

クリックすると元のサイズで表示します
車内にこれでもかとものが詰め込まれているところがジブリ。

内気で学校の野外学習でも友達の輪から離れ
一人黙々とスケッチをしているような女の子です。

ただ、時々勢いで毒づいてしまい
周囲をぎょっとさせることもあります。

他人に対し壁を作り、自分から友達は作らないけれども
そういう自分のことも嫌い。

なんてこの年頃には男女問わず普通にあることですが、
まあ、「普通」と云う言葉が
アンナにとっては特別な意味があります。
 
 
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ