2014/5/29

まようときだってあるさ 凡夫だもの  MOVIE

本日の映画は
突然のお葬式に右往左往する家族と、
周囲の人びとの姿をシリアスに描いた
HOW TO要素が一切ない
アメリカ版「お葬式

「しあわせの帰る場所」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

お葬式を前後したアメリカの一般家庭の
お話ですので
見る人によっては
「そんなよそん家の家庭事情を
わざわざ見せられてもなあ…。」
という感想を抱いてしまうかもしれません。

どこの家庭であろうと
自分の家族だけは真面だと思っていても
他家から見れば少なからず
「あのご家庭、ちょっと変」と思われているものです。

どこの家だって一つや二つは映画になるような
ドラマを持っているもの。

そんなとあるご家庭のとある日々の物語。

地味な映画ですので
それなりに名前が知られ
多くのファンもいるキャストを揃えている割には
日本では劇場公開されることなく
5年経ってようやくDVDスルーされたのも
致し方ないですね。


  
続きを読む
0

2014/5/25

RATING43  MOVIE

我々日本人が想像する以上に
下ネタとは切っても切り離せないのが
アメリカのコメディ映画。
そのアメリカ本国でさえ酷評された曰くつきのコメディ映画が
本日のDVD

「ムービー43」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

我が地元でも
シネコンで県内独占2週間限定上映されていましたが、
流石にこの映画に1000円(サービスデー価格)はちょっと…
とチケット代を出し惜しみして
GEOで準新作・旧作7泊8日50円(税抜)
になるまで据え置きにしておりました。

日本で公開されたときのコピーは
「レッツ!ドン引き」
「豪華オールスターを無駄遣い!」
「かつてないエクストリーム3G(スリージー)【下品(ゲヒン)・下劣(ゲレツ)・下衆(ゲス)】映画上陸!」
となっており
予告編でもその豪華オールスターが一気に紹介される

クリックすると元のサイズで表示します
「それは一体誰でしょう?」「正解は全員来なかった」と続きます。

映像が差し込まれておりますが、
逆にこの映画、
これだけの豪華オールスターが出演していなければ
日本での劇場公開はおろかDVDスルーすらなかったはず。

そうなると決して
「豪華オールスターを無駄遣い!」でないことが判ります。

むしろ「豪華オールスターを有効利用!」です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本版の予告編ではキャスティングの相関図まで用意され至れり尽くせり。


考えてもみてください。
宣伝で「かつてないエクストリーム3G」と
いくら声を大にしたところで
無名の俳優しか出ていなければ、映画館に客など入りません。
それがなしえることができるのはアメリカ広しと云えども
「ジャッカス」くらいでしょう。

多くの客はスターを見に来るのです。

ここで一言予告編に物申させていただきますと、
ハリウッドプレミアにおいて
クロエ・グレース・モレッツは
立派にレッド・カーペットを踏んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
ええ娘や。この娘、ほんまええ娘や。

本作の中であんな目に遭わされていながらなんて健気な…。

そのクロエ・グレース・モレッツを見るため
劇場に足を運んだ方も少なくないはず。

まあ、予告編なんてものは、
見る者の興味を煽るだけ煽れば良いわけで
1のものを10にでも20にでもして描いているのでしょうが、
映画のヒットを左右する程の重要な役割を担っていると云うのに
この謳い文句

クリックすると元のサイズで表示します
ロジャー・エバート氏は米国で最も発言力のある映画評論家だそうです。

はこれいかに?

はっ!
これが噂に聞くセルフネガティブキャンペーンと
いうものですか?

セルフネガキャンがこれだけに止まらず
ロジャー・エバート(ロジャー・イーバート)氏は
「見たことを記憶から消したくなるほどの映画」
と、さらに過激な発言もなさっております。

そのせいでしょうか?
この映画が全米公開された3か月後にエバート氏は
お亡くなりになったそうです。
よほど記憶から消し去りたかったのでしょう。
お悔み申し上げます。

エバート氏の寿命までも縮めてしまった問題の5分間
映画の中では何が起こっているのでしょう?

映画が始まって5分、観客が目にしているのは
今やヒュー様と云えば
「ヒュー・グラント」ではなく
「ヒュー・ジャックマン」と云わしめた
ヒュー・ジャックマンです。

なんでもwikipediaの記事によりますと
キャスティングの時点でほとんどのエージェントが
この映画への出演を避けた中、
最初に出演承諾したのがヒュー・ジャックマンだったそうです。

そして、問題の映像がこれになります。






続きを読む
0

2014/5/24

狙った獲物は 逃がさない そう 神出鬼没の大泥棒  MOVIE

本日のDVDは

インド映画界の
キング・カーンことシャー・ルク・カーン主演の
クライムアクション

「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

予告編では
「こいつはインドのルパン三世か?!」
なんてナレーションの人が唾を飛ばさん勢いで
宣伝しているものだからついうっかり騙されちゃいました。

ご覧になれば判りますが、
主となる舞台はインドではなくヨーロッパ(ベルリン)ですし、
インド映画特有のダンスシーン(劇中に1回しかない)も極力控え
スタイリッシュな映像と派手なアクションを
全面的に打ち出しているため
「何もこれボリウッドで撮らなくてもいいんじゃね?」
な作品に仕上がっています。
(失礼な物言いでごめんなさい。)

ここ数年で急速に国力も技術も上昇してきたとは云え
他のインド映画とは一線を置いて
まるでハリウッドのアクション大作のよう…。

今夏公開予定の小栗旬主演「ルパン三世」も
このレベルまで達していれば良いのに…。

とは云うものの




続きを読む
1

2014/5/24

人生、おいしくなってきた  MOVIE

本日の映画は

ケン・ローチ監督の
「天使の分け前」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ケン・ローチ監督と云えば日本でもファンも多く
イギリスを代表する映画監督の一人ですが、
すみません。
この作品が初体験になります。

続きを読む
0

2014/5/21

好きになる相手がみんなと僕は違うんだと  MOVIE

本日の映画は

「ただの友達?」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う韓国のクィア映画です。

「少年、少年に会う」(14分)
「愛は100℃」(22分)
「ただの友達?」(29分)

3本の短編映画から成り立っています。

メインはDVDタイトルにもなっている
「ただの友達?」
という短編映画で
この作品のメイキング映像並びに舞台挨拶映像が
特典映像として収録されています。



続きを読む
1

2014/5/19

もっとしなやかに もっとしたたかに  MOVIE

本日の映画は
「トランス」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

主演はジェームズ・マカヴォイ。

クリックすると元のサイズで表示します
ジェームズ・マカヴォイはこの笑顔が一番似合うなあ。

監督は一昨年ロンドンオリンピック開会式の
芸術監督に選ばれ、式典演出を担当し
つくづくイギリスでは張芸謀クラスの巨匠(何気に失礼)
なのだと思い知らされたダニー・ボイル監督です。

とすると、この流れで行くと
来るべき2020年の東京オリンピックの
式典演出は世界のキタノなんでしょうか?

DVDパッケージに
「予測不可能な未体験サスペンス!」
と、但し書きがなされているとおり
話が進むうちに現実と幻覚が交錯し
なかなか全貌が明らかにされない
不思議な作品となっています。

確かに未体験だわ。

それでも巨匠が撮っただけあって
どこからが現実でどこからが催眠(トランス)状態なのか
判別できなくなるほど入れ組んでいる割には
見終わった後には
ちゃんと話が破綻することなく繋がっており
各所に用意された伏線も回収されているように思えるから
あら不思議。

 
続きを読む
0

2014/5/18

ブラック上司に仕えてるんだが、もう俺は限界かもしれない。  MOVIE

本日のDVDは
先日見た「フレッシュ・デリ」の
目養生にと借りてきた

「ダークロード 〜闇夜の逃亡者〜」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

いえいえ、あれはあれで素敵だと思いますけど
オーソドックに男前なところも見たいじゃないですか。

TSUTAYAでも一部店舗に限られるとは云え、
マッツ・ミケルセン出演作のレンタルDVDは
そこそこ数あります。

しかし、「コメディ」畑に足を踏み入れるには
顔が怖すぎるのか
DVD検索をかけても
タイトルやジャンルから想像するに
軽い気持ちで見れそうな作品が見当たりません。

なんとなく先週あたりから
「週に1本、マッツ・ミケルセン!」
と云う視聴週間を始めてしまったのですが、
マッツ・ミケルセンだからなのか
北欧映画だからなのか
「もっと気楽にソリュブルコーヒーでも
飲みながら映画を見たい!」
と云う気分の時にはそぐわないのです。

せめて、せめて「アクション」にジャンル分けされている
この作品ならば、
頭を使わず見ることができるに違いないと思い
このDVDを借りてきたのですが、
のっけから難しい話をしてくるではないですか!



続きを読む
1

2014/5/14

亀は亀梨 亀梨は噛めない石の梨  MOVIE

本日の映画は
「時効警察」の三木聡×33人の亀梨和也が
ホントの映像化不可能な原作に挑んだ

「俺俺」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

33人分の亀梨和也を見れるとあって
ファンにとっては目の保養、垂涎の映画であり
宣伝も
「はじめに亀梨和也ありき おわりに亀梨和也ありき」
となっております。

クリックすると元のサイズで表示します
流石にこのエンドクレジットは圧巻!

実際のところ
とりたてて亀梨君が好きでもない私にとっては
亀梨君がいくら増殖しようが、ちっとも嬉しくないのですが…。

1人いれば十分です。

KAT−TUNについても
一応は「KAT−TUN」のグループ名が
メンバーの名字のイニシャルをつなげたものという
知識は身についていてもそれ以上はさっぱり。

つい先ほどまで
「あ、でも、2人もメンバーが抜けてKAT−TUNっておかしくね?」
などとうすらぼんやり思っていたぐらいで
この映画を見た後にようやく
「赤西仁、田中聖脱退後は亀梨をKAに、上田をTUとしている」
のを知りました。

…稀に見るがっくり豆知識。

そういえば、赤西仁っていたね…。
彼、KAT−TUNのメンバーだったんだ…。

実はお恥ずかしいことに貌が判るのも田中聖ぐらいで
しかも聖を「こうき」と読ますのもつい先ほど
wikipediaで知りました。

正直なところ、このストーリーなら
アイドル顔全開の亀梨君よりも
「主演:浜田岳」とかで見てみたかったです。

全身タトゥーの浜田岳
巨乳の浜田岳
チャラ男の浜田岳
THE浜田岳パラダイス
見てみてぇぇぇ!!!
です。

きっと彼なら演技ひとつで33人の「俺」を
完璧に見せてくれたはず。

しかし、現実には「33人の亀梨和也」プッシュ。
それだけで映画館に足を運んでくれるファンが
一定数確保されているので仕方ありません。

だからと云って
「ハイフン(KUT−TUNファンのこと)以外はお断り」
と云うそっけない映画でもありません。

ちゃんとそれ以外の方も楽しめる
ダークホースが用意されております。


続きを読む
0
タグ: 俺俺 加瀬亮

2014/5/13

髪形決めて生きていきましょう ららら 人生は素晴らしい(その2)  MOVIE

本日のDVDは

「フレッシュ・デリ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

こんなイメージビジュアルですから
てっきり
「コメディ」か「ホラー」の棚にあると思って探したら
TSUTAYAでは
「洋画 ドラマ ふ段」に陳列されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
日本語版予告編では「ホラー」押し。

主演はCSスター・チャンネルで放送中の
テレビシリーズ版「ハンニバル」で
ハンニバル・レクター役と演じ
カンバーバッチら“英国男子”の次は“北欧男子”にブームの予感
と云わしめたマッツ・ミケルセン。

クリックすると元のサイズで表示します
自ら人肉を調達し調理し食すのが大好きなハンニバル博士。

「SHERLOCK」の人気が
「ハンニバル」に流れただけの気もしないではありませんが、
レンタルDVD店でも映画よりも海外ドラマの棚が
幅を利かせている昨今の日本では
俳優の人気も映画ではなくドラマで火が付くようです。

クリックすると元のサイズで表示します
キングアーサー」の流れからミケルセン目当てでこれ見たら大惨事ですから。

そんなマッツ・ミケルセン、
この映画では
人肉を食す側ではなく
人肉として食される側でもなく
人肉を卸売する側を演じております。

こう書くと、
「え?人肉?キモっ!」と尻込みしたり
おどろおどろしいスプラッタシーンを
想像してしまうかもしれませんが
流血シーンと云えば
「グーパンで鼻血ブー」ぐらいですので
心臓の弱い方、妊婦の方も安心してご覧いただけると思います。
 
続きを読む
1

2014/5/6

なんでこんなに 可愛いのかよ 孫という名の宝もの  MOVIE

本日の映画

「さあ帰ろう、ペダルをこいで」は

クリックすると元のサイズで表示します

日本ではあまりなじみのないブルガリアの映画です。
(正しくはブルガリア、ドイツ、ハンガリー、スロベニア、
セルビアとの合作)

まずはさておき「ブルガリア」と聞いて日本人の頭に
真っ先に思い浮かぶのは100%
「明治ブルガリアヨーグルト」です。

しかも森田公一作曲のあのサウンドロゴで
記憶されていますからね。

他に思いつくのは今年のはじめに引退し映画俳優デビューした
琴欧州ぐらいなものです。(碧山も忘れないであげて!)

クリックすると元のサイズで表示します
明治ブルガリアヨーグルトと琴欧州はタッグを組んで祖国に貢献しています。

これだけ浸透しておきながら
不思議なもので
「ブルガリア」と「ヨーグルト」の関連性について
考えたこともありませんでした。

折角の機会なので
「明治ブルガリアヨーグルト」公式サイト
を拝見させていただくと
そこには意外にも深いつながりが…。

クリックすると元のサイズで表示します
現在はNHK総合日曜8時の顔がCMを担当しています。

どういうつながりかというのは
ここでは割愛させていただきますが、
実際、非タレント起用の
「明治ブルガリアヨーグルト」のCMでは
ブルガリア人らしき外国人が
主食のごとくヨーグルトを食していたものです。

もしかすると、CMに映っていた外国人は
ブルガリアの人ではなく
ロケ地もブルガリアではなかったかもしれませんが、
日本人の心に「ブルガリアと云えばヨーグルト」という
認識を心頭させたことは間違いありません。

ところが、この映画には残念ながら
日本人にとってブルガリアの代名詞ヨーグルトは
1カットも出てきません。

所詮、「ブルガリアと云えばヨーグルト」なんて
バレンタインデーのチョコレート同様
製菓会社が仕掛けた販売戦略に過ぎないのかもしれません。

ブルガリア人は日本人が考えているほど
ヨーグルトに塗れてはいないようです。

真のブリガリア映画は

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこれはブルガリアンスクワット。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ