2014/2/15

海が見たい人を愛したい怪獣にも心があるのさ  MOVIE

本日の映画は
昨年散々レビューし尽されて
今更私なんぞの入る隙間もないと思われる

映画ファン限定なら
2、3回は優に超えてリピートしているはずですから
興行成績は2013年No.1
真の2013年度ベスト1映画

「パシフィック・リム」

クリックすると元のサイズで表示します
直訳すると「環太平洋地域」。え?そんなお堅いタイトルなの?

です。

この映画を観賞するにあたって
下記の2つの単語さえ理解しておけば
だいたい後は何も考えず
ただ流れに身を任せ楽しむだけでOK。

クリックすると元のサイズで表示します
日本語はともかくなぜドイツ語。しかも意味は狩人。

今更説明するまでもありませんが、
太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣(カイジュー)に
2人で1組の兵士が操縦する巨大ロボット(イェーガー)が
ガチでぶつかり合うだけの巨大ロボットアニメ映画ですので
一応レイディングは全年齢対象とは云うものの、
今まさに子供時代を謳歌している世代より
むしろかつて
無骨なロボットアニメや怪獣映画に熱狂した世代が
より楽しめる仕様となっております。

それでもついていけるか心配な人のためにはこの映画における
必要最低限知っておくべき世界観については
冒頭3分39秒で
主人公兼ナレーターがまるっと説明してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
我が大日本帝国がアニメでしかできなかった世界が実写化されているよ、お母さん!

ナレーションとともに畳み掛けるように
流れるニュース映像に
映画開始5分で完全に心奪われてしまうこと保証付き。

「日本の漫画、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重している。」
と、本作の監督であるギレルモ・デル・トロ監督に
ここまで云わしめておきながら
日本で同じ設定、同じ製作費で撮影したところで
間違いなく散々な出来に仕上がってただろうことは
これまでの実写映画化を振り返るまでもなく
思い知らされている日本の映画好きにとっては
嬉しくも残酷な映画です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本が本気を出すとこうなります。これじゃ町工場でロケット作るようなもんだ。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ