2014/2/8

この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ  MOVIE

本日の映画は
「怪盗ホン・ギルドン一族」

クリックすると元のサイズで表示します

という韓国映画です。

韓国古典小説に登場する3大義賊の一人で、
庶民の味方だった義賊、
伝説のホン・ギルドンの子孫が
現代もなお義賊活動をしていたら…という
奇抜なアイデアから生まれたストーリーなんだそうです。


って、いやいや待て待て。
ホン・ギルドンって誰?
まず、そこからやろ。

と思い、google検索をかけてみたところ

ホン・ギルドンを漢字で書くと「洪吉童」。

ああ、これね。

この名前なら韓国映画がこれほどまで
日本で流通する以前、レンタルビデオショップの
「アジア映画」の棚で目にしたことがあります。

それがこれ「快傑・洪吉童」。

クリックすると元のサイズで表示します
韓国ではなく北朝鮮の映画でした。

資料によりますと

朝鮮王朝第4代世宗の時代(日本では足利義満の時代?)
大臣職に就く洪政丞の子洪として生まれた洪吉童は
母親の身分が低かったため、
父を父と呼ぶことを許されず
彼の才気を憎んだ父の一番目の愛妾に命を狙われたため
家を捨て、その後神出鬼没の遁甲術を身に着けたことで
人心を惑わす僧侶、不正をはたらく役人や
庶民を苦しめる貴族を懲らしめ、
奪った金品を貧しい人々に分け与える義賊となった


そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
笛吹童子でも怪傑紫頭巾でもありません。

日本における「ルパン三世」みたいなものですか。
あれも「アルセーヌ・ルパンの末裔」という設定ですからね。

クリックすると元のサイズで表示します
DVDでは手を出しやすいタイトルに変更されたためOPでは邦題が違います。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ