2014/2/8

この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ  MOVIE

本日の映画は
「怪盗ホン・ギルドン一族」

クリックすると元のサイズで表示します

という韓国映画です。

韓国古典小説に登場する3大義賊の一人で、
庶民の味方だった義賊、
伝説のホン・ギルドンの子孫が
現代もなお義賊活動をしていたら…という
奇抜なアイデアから生まれたストーリーなんだそうです。


って、いやいや待て待て。
ホン・ギルドンって誰?
まず、そこからやろ。

と思い、google検索をかけてみたところ

ホン・ギルドンを漢字で書くと「洪吉童」。

ああ、これね。

この名前なら韓国映画がこれほどまで
日本で流通する以前、レンタルビデオショップの
「アジア映画」の棚で目にしたことがあります。

それがこれ「快傑・洪吉童」。

クリックすると元のサイズで表示します
韓国ではなく北朝鮮の映画でした。

資料によりますと

朝鮮王朝第4代世宗の時代(日本では足利義満の時代?)
大臣職に就く洪政丞の子洪として生まれた洪吉童は
母親の身分が低かったため、
父を父と呼ぶことを許されず
彼の才気を憎んだ父の一番目の愛妾に命を狙われたため
家を捨て、その後神出鬼没の遁甲術を身に着けたことで
人心を惑わす僧侶、不正をはたらく役人や
庶民を苦しめる貴族を懲らしめ、
奪った金品を貧しい人々に分け与える義賊となった


そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
笛吹童子でも怪傑紫頭巾でもありません。

日本における「ルパン三世」みたいなものですか。
あれも「アルセーヌ・ルパンの末裔」という設定ですからね。

クリックすると元のサイズで表示します
DVDでは手を出しやすいタイトルに変更されたためOPでは邦題が違います。



続きを読む
0

2014/2/5

そんなシークに騙されて  MOVIE

シークという言葉を皆さんはお聞きになったことがあるでしょうか?

アラビア語で長老・族長などを意味する
シャイフの英語風読み方であるこの「シーク」。

普段使い道のない言葉ですが、
ある世界においては空前絶後の人気を博しております。

それは米国。
なかでも上質な大人の女性の読み物
「ハーレクインロマンス」の世界では
もう引く手あまたの人気っぷりなのです。

その人気たるや
こちらのページを見ていただければ一目瞭然。
米国の金髪美女たちはどいつもこいつも
黒髪で浅黒い皮膚をもつシークに誘惑されたがっているのです。

また、世界最大のネット書籍通販サイトamazon.com(日本版)でも
「シーク」を検索すると出るわ出るわ。

「シークにさらわれて」
「シークに買われた花嫁」
「シークのいざなう夜に」
「シークと砂漠の白い騎士」
「シークと偽りの花嫁」
「誘惑のシーク」
「シークと摩天楼の薔薇」
「シークの国のシンデレラ」
「シークと純真な秘書」
「愛に惑うシーク」
「恋するシーク」
「孤独なシーク」
「シークとの一夜」
「シークの選択」
「シークの略奪愛」
「シークの愛人」
「夜ごとのシーク」
「シークと砂漠の薔薇」
「シークの秘策」
「シークに買われた花嫁」
「シークの拒絶」
「シークと陽光の楽園」
「シークと結ぶ初恋」
「悩めるシーク」
「シークと青い瞳の花嫁」
「シークに娶られて」
「シークと令嬢」
「傲慢シークの誘惑」
「シークと結婚!」
「シークは恋を知らない」
「シークの妻に望まれて」
「黄金のシークと囚われの花嫁」
「シークが恋人?」
「シークの略奪愛」
「シークと婚約?」
「シークと禁断の美酒 」
「シークの国のシンデレラ」
「シークを愛したら」
「暗闇のシーク」
「砂漠のシークと桜の姫君」
「狙われたシーク」
「シーク―灼熱の恋」
「シークと乙女」
「シークと結ぶ初恋」
「シークに魅せられて」
「シークとどこまでも」
「傲慢シークにご用心」
「シークと偽りの花嫁」
「シークの胸は愛のオアシス」
「シークと運命の花嫁」
「シークと純真な秘書」
「情熱のシーク」

「いつか王子様が…」を夢見る女性の妄想の宝庫となっています。
しかもこれでごく一部に過ぎないのです。
ここに紹介したのはタイトルに「シーク」が使われているものだけ。
それでさえ全体の3分の1も紹介しきれていないのです。

誘惑したと思えば
愛に惑ったり、悩んだり
選択したり拒絶したり
毎日大忙しのシークです。

なかには
「シークのSはサドのS」なるBLコミックスまであるのです。
(流石にこれは日本の作品ですが)

私自身はロマンスからほど遠い人生を歩んでおりますので
ハーレクインなる分野の小説およびコミックス
を読んだことはございません。

そんな私の勝手なイメージとしましては

傲慢で愛を知らないシークが
自由奔放に生きるアメリカ人女性と知り合うことで
文化や身分、風習の違いからいがみ合いながらも
真の愛を知り紆余曲折の末2人は身も心も結ばれる

が定番のストーリー。

どれほどの米国人女性が
シークに抱かれたがっているというのでしょう?
どれほどの米国人がシークに夢見ているというのでしょう?

これだけシークに信奉しているのが米国と云う国です。

それだけにこれを利用しない手はありません。
女性を喜ばせているだけなんて資源の無駄。
シークを使って恩恵に与ろうという輩も出てきます。

それが本日の映画「アメリカン・ハッスル」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

この映画、
ただの70年代米国男性ヘアーカタログ映画
ではなかったのです。

「シーク」を大フィーチャーした映画だったのです。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ