2014/1/28

さあ、人生に繰り出そう!  MOVIE

本日のDVDは
もし仮に誰かに年収を訊かれたとしたら
「え…年収…はちょっと判らないんで
あ〜、時給で換算していいっすか?」
という役どころがとてもお似合いになる
ロバート・カーライル主演の

「最高のふたり」

クリックすると元のサイズで表示します
なぜロバート・カーライルには年収200万以下みたいな役しかオファーが来ないのか?

です。


邦題を見て
「ああ、あのアカデミー外国賞獲った映画ね。」
と、ポンと手を叩かれる方がいらっしゃるかもしれませんが

おそらく……ではなく確実に
その映画とは違います。

映画の内容を大雑把に説明いたしますと、
DVDジャケットを見ていただければお分かりのように
「車椅子がなければ生活ができない病気を抱えた男性と
彼を献身的に介護する男性2人による友情もの」
になります。

ですから、この邦題なんですね。

私がここで改めて書くまでもなく
明らかに第24回東京国際映画祭で
東京サクラグランプリを獲った
最強のふたり」
を意識してつけられた邦題です。

誰がどう見てもそうとしか考えられないですよね?

配給会社の厚顔無恥っぷりより
DVDを手に取ったこちらの方が
紅顔になるレベルの邦題ですが、

「もしかしてうっかり間違えて
DVD、借りてもらえるんじゃないかしら?」

「もしかしてうっかり間違えて
DVD、買ってもらえるんじゃないかしら?」

クリックすると元のサイズで表示します
もちろんこれと間違えて。

そんな配給会社のやるせない希望が見え隠れしているかのようで
あからさまに否定できない何かがあります。

本家(ではありません)の「最強のふたり」ほどには
見る人の涙を誘うことも深い感動を与えることも
この映画にはできないかもしれません。
それでもじわじわとしたものが後に残る珠玉の作品だけに
この邦題で見る人を分けてしまうかと思うと
正直いたたまれません。

原題は「SUMMER」。
たしかにこれをこのまま直訳して邦題にしても
恐ろしくインパクトに欠けてしまいます。

WOWOW放映時は
「サマー〜あの夏の記憶〜」
というタイトルがつけられたそうですが、
それにしたって非常に凡庸なタイトルと云えましょう。
「映画のある人生を。」を掲げているWOWOWの中では
あまりの地味さに隅に追いやられてしまうことでしょう。

ですので、
この一瞬レンタルDVD屋の新作コーナーから
目を背けてしまう、もしくは、二度見してしまうこの邦題は
売る側の方向性としては致し方ないとは思うのですが、
配給会社の思惑が見え透いているが故
かえって客を逃してしまわないか心配です。
 
 





続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ