2014/1/27

クリスマスキャロルが流れる頃には 君と僕の答えもきっと出ているだろう   MOVIE

本日(鑑賞日1/27)のDVDは
いきなり見たくなったので突発的に借りてきた

「さらば友よ」

クリックすると元のサイズで表示します

という映画です。

【ざっくりしたあらすじ】
チャールズ・ブロンソンと
アラン・ドロンという
当時の当代きっての二大男前俳優が

クリックすると元のサイズで表示します
この人がチャールズ・ブロンソンです。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、この人がアラン・ドロンです。
どちらも画面左下にタイトルをいれてアイキャッチみたいにしたくなる絵図らですね。


我が国日本では
今から約30年前にあたる1983年12月、
女性雑誌「アンアン」によって
「恋人と過ごす日」と定めた
クリスマスイブ&クリスマス両日に
ふたりっきりで
濃密で熱(暑)い時間を過ごします。


という今年のクリスマスには
これか「渇き。」を見ろ!
ってくらいとっておきのクリスマスムービーです。

ですので
11か月ぐらいレビューを寝かして
いまようやくアップしております。

決して途中で投げ出していたわけではないのです。
と、自分に云い訳したところで

本作についてもう少し詳しい粗筋を…。

 

続きを読む
0

2014/1/27

好きだよと言えずに初恋は  MOVIE

本日のDVDは
「韓国で410万人を動員し、
それまでの恋愛映画の記録を塗り替え、
“初恋ブーム”を巻き起こした」
と宣伝されている

「建築学概論」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

凡そラブシネマのタイトルとは
思えないお堅いタイトルですが、
概ね間違ってはいないような気がします。

そんな「建築学概論」のストーリーは
 
続きを読む
0
タグ: 建築学概論



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ