2014/1/25

あかんやつら  MOVIE

本日のDVDは

「桜姫」

クリックすると元のサイズで表示します

という映画です。

こんなピンクピンクしたポスタービジュアルですが、
原作は古く四代目鶴屋南北による歌舞伎作品
「桜姫東文章」なんだそうです。

昨今流行の「リブート」というやつですね。

とりあえず予習としてDVDを再生する前に
wikipediaにて「桜姫東文章」について
目を通したのですが、

あらすじを読んでも
何を伝えたい話なのかさっぱり判りませんでした。

wikipedia「桜姫東文章」

「桜姫東文章」も元々は
「清玄桜姫物」と云う話が元になっており
こちらの方は
「京都清水寺の僧清玄が
高貴の姫君桜姫に恋慕して最後には殺されるが、
その死霊がなおも桜姫の前に現れる」
という短いお話で
これだけでは芝居にならないためいろいろ脚色していくうちに
とんでもない話になってしまったようです。

出来上がった「桜姫東文章」は

心中の生き残りである信玄という増(大僧正)が
17年後、
心中相手の生まれ変わりである桜姫(身分高い)に巡り逢うものの
桜姫のほうは信玄のことなど覚えてはおらず
それどころか、今は
初体験の相手である権助と云う若い中間(身分低い)に
首っ丈になっており
信玄も「そりゃ若い方がええわな」
と、桜姫を陰日向と見守っていたら
実は権助は桜姫の実家の家宝「都鳥の一巻」を盗んだ泥棒で
なんやかんやあるうちに信玄は殺され、ゾンビ化。
それもすぐさま惨殺され今度は死霊となり
桜姫にとり憑くことに。
一方権助が親と弟の仇と知った桜姫は
権助と権助との間にできた子供を殺して
元の鞘に納まる

というお話です。

断っておきますが、江戸時代に書かれた物語です。

アバンギャルドな…。

最後まで読むと、どうやら大団円になるみたいなのですが、
色々あったおかしなことを全てなかったものにして
強制的にハッピーエンドにしてしまったかのような
摩訶不思議なストーリーです。

映画ではさらにその「桜姫東文章」に手を加えてしまったため
こんなんになっちゃいました。

 







続きを読む
0
タグ: 桜姫

2014/1/25

湘南海岸まで行っていたら人生変わっていたかも  MOVIE

寒中とは云いながら
窓から入っているあたたかな日差しにうとうとしかけた
土曜日の午後。

いつものように
「相棒」の再放送しか入らない地上波放送に
早々に見切りをつけた母が
「そういえば、2時から日本の古い映画、入んがみたい。」
と、リモコンのBSボタンを押したので
そのまま一緒に見ることに。

それが本日の映画

「大洗にも星はふるなり」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


あれぇ?
これってそんな昔の映画だったっけ?




続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ