2014/1/7

無茶と書いてチャンスと読め!  MOVIE

本日の映画は
巷ではあんまり話題になっていない割には
宣伝に異常に力が入っている感がある

「ジャッジ!」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

日本でも15年前辺りからはじまった
「世界のCMフェスティバル」が
ネットの動画サイトの普及とともに年々公演規模を拡大し
今やすっかりなじみとなった世界のCM界。

かく云う私もテレビ朝日系列の朝の情報ワイド番組
「グッド!モーニング」内の1コーナー
「世界のCMバイキング」を毎週楽しみにしております。

実際に世界には三大CMコンテストなるものも存在し

Cannes Lions International Advertising Festival(カンヌ国際広告祭)
The One Show
The Clio Awards(クリオ賞)

がそれに当たります。

そのCMコンテストを題材に大々的にサンタモニカロケを
敢行したのが、本作「ジャッジ!」です。

本作が初めての映画となる永井聡監督は
CMディレクターとして活躍している人物。
(代表作ダイハツ工業「日本のどこかで」)

要するに映画業界はともかく
広告業界については裏の裏まで熟知している監督なのです。

それだけに公開前には
大手新聞社朝刊に
「ジャッジ!の瞬間」と云うリレーエッセイを連載させたり
人気クリエイター3人が制作した
三種三様のティザービジュアルの人気投票を行ったりという
この力の入れよう。

クリックすると元のサイズで表示します
優勝したのは真ん中のデザインでした。

ただし、ティザーだけにフライヤー表には
詳しい情報が載っておらず
実際の鑑賞前にはフライヤー裏にでかでかと書かれた
「世界一のテレビCMを決める国際広告祭。
グランプリを獲らなければ、クビ!?」
だけしか見ていなかったので
てっきり
「妻夫木聡演じる主人公の広告マンが自作のCMを
国際広告祭に出品し優勝を目指す。」
ストーリーかと思っていました。

ところが、蓋を開けてみると
 

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ