2013/10/31

時計仕掛けのギャング  MOVIE

本日の映画は
「ギャングスター・ナンバー1」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

どうやら、日本では
「アイアンマン」シリーズのJ.A.R.V.I.S.と並ぶ
ポール・ベタニーの代表作だそうなので
よもやスプラッタ映画とは思わずレンタルしてきました。

たしかに改めてDVDジャケットを見返すと
血の色の赤をバックに
モノクロの男たちがゾンビのごとく
ゆらりと立ち尽くしている
このデザインだけでも十分に不穏な気配が感じられます。

ただのドンパチでは済まされないような
ただならぬ気配です。

それもそのはず。

映画の中盤において
普段は端正なポール・ベタニーの顔が
このような怖ろしい形相へと変貌を遂げるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
始めて見るとビクッ!となります。

それも一度ではなく二度までも。

クリックすると元のサイズで表示します
嘘です。何度見ても、そのたびにビクッ!となります。

子供の頃にうっかり見たら
以後トラウマになりかねません。



しかしながら、
もしこの画像をプリントしたTシャツが
市販されていたならばどうでしょう。




うん、買うな。

3800円(税抜)までなら出すな。

たとえばこんな感じのTシャツ

クリックすると元のサイズで表示します
小売希望価格3800円。

なら3800円までなら出します。

ああ、ユニクロ UTあたりで限定生産してくれないかしら…。
ハードコアチョコレートからもうすでに発売済みだったりして?

とまあ、この映画では
そんな笑顔が素敵な(笑顔じゃない笑顔じゃない)
ポール・ベタニーがおおよそ人を殺すのには用いることのない
物騒な凶器を嬉々として並べ

クリックすると元のサイズで表示します
テキサスあたりが舞台のスプラッタ映画に出てきそうな小道具の数々。

部屋中を血の海にし
挙句の果てに血塗れな姿のまま恍惚状態に陥ってしまう

クリックすると元のサイズで表示します
血の赤にもっとも映える男のファッションといえば白ランニングに白ブリーフ。

のです。

何より恐ろしいのは
ポール・ベタニーが血に塗れているうちに
いつの間にか
マルコム・マクダウェルに変貌してしまうところでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
あれ?思ったほど違和感がない…。

これぞホラー!



…というのは真っ赤なウソ。

タイトルから誰も騙されなかったと思いますが、
ホラー映画でもスプラッタ映画ではありません。

順当に「ギャング」を扱った映画です。

と、云っても純然たるギャング映画でも
TSUTAYAが独自でジャンル分けしている
「洋画アクション」でもありませんでした。

ちなみに私はこの映画を見るまで知りませんでしたが、
「ギャングスター」と云うのは
「ギャングの星」と云う意味ではなく
「ギャングの構成員」のことだそうです。
ギャングスターものは日本の任侠もの同様
人気のジャンルのようで
他にも
「アメリカン・ギャングスター」やら
「ブリティッシュ・ギャングスター」やら
「マイアミ・ギャングスター」やら
「N.Y.ギャングスターズ」
などの映画が存在します。

そのなかの「ナンバー1」を公言しているのですから
これはもう相当なギャングスターが期待されるところです。
 
 

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ