2013/10/17

So, you don't have to worry, worry,まもってあげたい  MOVIE

本日見たDVDは

「ザ・トーナメント」

クリックすると元のサイズで表示します

というDVDですが、
これから、この映画を語る前に少しだけ
DVD再生後、本編前に流される
「新作案内」に触れたいと思います。

映画を主にレンタルDVDでご覧になられる方の
大半が忌むべき存在と見做している「新作案内」。

短いもので5分程度、長いものなら
延々と30分ばかり流れることになる「新作案内」。
(特に「TSUTAYAだけ!」は長い)

「『新作案内』なんて飛ばしちゃえばいいじゃん。」
などと侮ってはいけません。
「新作案内」とは云わば、
配給会社による貴重な宣伝タイムなのです。

それゆえ、配給会社は
DVDの買い手、借り手に
1作でも多く見て「新作案内」をもらえるよう
さまざまな技術を駆使し
あの手この手で攻めてくるのです。



と、口に泡飛ばして力説したところで
この文章をご覧になっている方の中には
「え〜、そんなことないよ。
ちゃんと『スキップ』、『早送り』できるよ。」
と、仰る方も多数おられると思います。

申し訳ございません。

私の場合は諸事情によりDVDは
大方のパソコン(Windows)にプリインストールソフトされている
Windows Media Playerで視聴しております。

配給会社の技術はそんなタダ同然ソフトである
Windows Media Player視聴者に対し
容赦しないのです。

「新作案内」には位置スライダを移動するだけで
たやすく「早送り」できる「新作案内」もあれば
「停止」ボタンすら機能できないよう作られている
「新作案内」もあります。

当たり外れかは、実際DVDを再生してみるまでは判らず
同じMedia Playerでも
インストールされているパソコンの機種によって
若干「早送り」できたりできなかったりと
実に複雑なことになってるのです。

さて、話はもどって
このDVD「ザ・トーナメント」に収録された「新作案内」は
数あるタイプの中でも最も手に負えない
「停止ボタンさえ受け付けない」タイプであったため
一旦DVDを再生すると、
否応なく全部の「新作案内」を強制的に見せられることになります。

その時間10分。

本編が本編だけに収められている予告編も殆どが
犯罪ものか戦争ものだったのですが、
そのなかの一つの出だしがなかなか渋く


クリックすると元のサイズで表示します
アカデミー賞ゴールデングローブ賞ノミネート。日本ではクチコミで公開。

クリックすると元のサイズで表示します
第78回アカデミー賞の外国語映画賞受賞作品。

クリックすると元のサイズで表示します
第61回カンヌ国際映画祭のある視点部門上映作品

と云うテロップの後に

クリックすると元のサイズで表示します
おっ、これは名作の予感?

ただならぬ煽り文句にに高まる期待。

続いて映し出される
砂漠をふらふらと彷徨う痩せた男。
ジェット機の機内で横たわる男と泣き叫ぶ女。


一体どういう映画なのか?


で、これですよ、これ。









クリックすると元のサイズで表示します
ええっ?!(DVDは停止できないので画像はyoutubeから拝借しました)


予告編がこんなんばっかですからね、
自然この後に来る本編への期待値が下がってしまうのは
無理ないと思います。
 

 
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ