2013/10/14

ゾンビが走り出したら、足が折れちゃうと思うんだよ  MOVIE

本日のDVDは
2000年以降急激な感染率の増加が見られる
ゾンビ映画またの名を「オブ・デッド」映画
から2013年に日本公開された

「ロンドンゾンビ紀行」

クリックすると元のサイズで表示します

を取り上げてみました。

ゾンビ映画と申しますと、古くは
1932年の恐怖城
(ビデオ邦題「ベラ・ルゴシの ホワイト・ゾンビ」)
から始まる映画の超人気ジャンル。

wikipediaの「ゾンビ映画の一覧」に載っているタイトルだけでも
優に300を超えています(現在「ワールド・ウォーZ」で320本)。

その中に今回見た「ロンドンゾンビ紀行」は
含まれていませんので、いかに氷山の一角か判ります。

おそらくは今この瞬間にも世界のどこかで
「6秒に1本」ゾンビ映画が撮られていることと思われます。

なぜ人はこうまでゾンビを愛して止まないのでしょうかか?
 
ゾンビというと

・既に死んでいる
・知性がなくなっている
・過去の記憶もなくなっている
・もはや人間ではない
・見た目もなんか腐っていて嫌だ
・困ったことに主食は生きている人間だ
・それも他の動物には目もくれず人間限定の場合が多い
・食われた人間は同じくゾンビになる
・なので放っておくと増殖するばかりだ

そういうところが見ている観客に

・もう死んでいるんだから何をしたっていい!
(つまり殺してもいい)
・ヒャッハー!!

クリックすると元のサイズで表示します
ニオイゾンビをリセッシュ除菌EXのように3倍除菌で退治したいのです。

と云う気持ちを駆り立てるのかもしれません。

本来なら「死からの再生」のはずなのに
意識も記憶も失い、
元の人間にアイデンティティが完全に無になっているのが
(作品によっては自我が残っているのもありますが)
ゾンビですので殺しやすいと云えば殺しやすいのですが…。

 




続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ