2013/10/13

赤いシグナル非常のサイン  MOVIE

本日のDVDは
「電人ザボーガー」

クリックすると元のサイズで表示します

という映画です。

今から39年前にあたる1974年に
フジテレビ系で放送された特撮テレビ番組
「電人ザボーガー」がなぜか今になって映画化されました。

オリジナルがオリジナルだけに
「リメイク(作り直し)」や
「リブート(仕切り直し)」と云う言葉より
「リバイバル(再生)」と云った
今では使われなくなった昭和の日本語が似合う
そんな作品です。

ところで、いまさらなんですが、
たまたまこのブログを読んでいるあなた、
そう、そこのあなた
「電人ザボーガー」という特撮ヒーローを
覚えていますか?

クリックすると元のサイズで表示します
主人公が乗るバイクが変形して二足歩行ロボット「ザボーガー」になります。

おそらく多くの答えは、覚えているどころか
「知らない」
「見たことがない」
では?

せいぜい知っていたとしても
「名前だけは知っている」
「『スーパージョッキー』
(↑あ、この番組も知らないですか?そうですか…)
でさわりだけ見た」
「再放送で見た」
程度ではないでしょうか?

かく云う私も「電人ザボーガー」というと
名前とヒーローの造形ぐらいしか知りません。

そのくらいメジャーではないザボーガー。

当時子供番組を席巻していた変身ヒーローとは異なり
主人公、大門豊が直接変身するのではなく
「鉄人28号」の金田正太郎君と同じく
思考能力の持たない純正ロボットであるザボーガーに
指示を与えて共に悪と闘うのが
この「電人ザボーガー」の特徴でした。

そして、もう1つ、
他の特撮に見られない特徴として
ザボーガーはただのロボットではなく
普段はバイクの形をしていました。

しかし、予備知識としてあるのはこのぐらい。

私の年齢でこれですからね。

オリジナルのテレビ番組を
「知っている」
「目にしたことがある」
早い人なら孫が2、3人いる年齢の方々に
絞られてしまうのではないでしょうか?

なにしろ、この歴史に埋もれていたこの作品を
わざわざ掘り起こして映画にした
井口昇(1976年生)監督ですら
本放送時にはまだ生まれていないのです。

そんなわけで何の思い入れもなく見始めた本作でしたが
「片腕マシンガール」(2007)
「ロボゲイシャ」(2009)などで
海外でも定評のある井口昇ですから







続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ