2013/10/9

痛快!ビッグダディ  MOVIE

本日のDVDは

毎年恒例となっている
2012年度第33回ゴールデンラズベリー賞にて
最低主演男優賞
最低脚本賞を受賞した
「俺のムスコ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

アメリカンコメディ映画の悲しい性なのか、
日本ではいつもどおりひっそりと劇場公開されることもなく
DVDスルーでのお目見えです。

主演はアダム・サンドラー。

アダム・サンドラーと云えば
第32回ラジー賞で
製作・脚本・主演作品「ジャックとジル」が
史上最多となる全10部門での受賞を果たしたことが
記憶に新しいところです。

残念ながらこの年は
「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」
と云う最大にして最強のライバルが出現したため
ノミネートこそ数あれど
結果はそれほど振るいませんでした。

ただし、ご安心ください。
本作もおおよそ人間の身体から吐き出されるものは
全て吐き出してみました!!
と云った映画ですので
常識人ならまず眉を顰めることでしょう。

この手の下ネタは
サシャ・バロン・コーエンの専売特許かと思っていたのですが、
いやいやなかなかどうして。

やりきった感、出し切った感が半端ないです。

ただ、その心意気はまことに清々しいのですが
映像にすると、どうしても
「劇中、一部不適切な表現がございますが、
オリジナリティを尊重してそのまま放送致しました」
的な絵づらになってしまうため
飲食しながらの鑑賞はオススメできません。

この「幼児性の強い下ネタ」が
劇場未公開となってしまう最大の理由なんですよね、きっと。

ただでさえ日本では「下ネタ」は
下品で安易な笑いの取り方として低く見られがちですから
これで興行成績が全てのシネコン上映など
至難の業なのは判ります。

しかし、そこばかりに着目していては前に進めません。

邦題でもわざわざカタカナ表記をして
良からぬ誤読を誘っていますが、
中身はと云うと
普通に仲が拗れていた父親と息子が
和解するまでを描いたヒューマンドラマとなっております。
ただし、あのアダム・サンドラーが係っているのですから
普通で済まされるわけがありません。

(原題の「THAT’S MY BOY」のBOYは
日本のムスコと同じ使われ方をするみたいです。) 
 

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ