2013/10/31

時計仕掛けのギャング  MOVIE

本日の映画は
「ギャングスター・ナンバー1」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

どうやら、日本では
「アイアンマン」シリーズのJ.A.R.V.I.S.と並ぶ
ポール・ベタニーの代表作だそうなので
よもやスプラッタ映画とは思わずレンタルしてきました。

たしかに改めてDVDジャケットを見返すと
血の色の赤をバックに
モノクロの男たちがゾンビのごとく
ゆらりと立ち尽くしている
このデザインだけでも十分に不穏な気配が感じられます。

ただのドンパチでは済まされないような
ただならぬ気配です。

それもそのはず。

映画の中盤において
普段は端正なポール・ベタニーの顔が
このような怖ろしい形相へと変貌を遂げるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
始めて見るとビクッ!となります。

それも一度ではなく二度までも。

クリックすると元のサイズで表示します
嘘です。何度見ても、そのたびにビクッ!となります。

子供の頃にうっかり見たら
以後トラウマになりかねません。



しかしながら、
もしこの画像をプリントしたTシャツが
市販されていたならばどうでしょう。




うん、買うな。

3800円(税抜)までなら出すな。

たとえばこんな感じのTシャツ

クリックすると元のサイズで表示します
小売希望価格3800円。

なら3800円までなら出します。

ああ、ユニクロ UTあたりで限定生産してくれないかしら…。
ハードコアチョコレートからもうすでに発売済みだったりして?

とまあ、この映画では
そんな笑顔が素敵な(笑顔じゃない笑顔じゃない)
ポール・ベタニーがおおよそ人を殺すのには用いることのない
物騒な凶器を嬉々として並べ

クリックすると元のサイズで表示します
テキサスあたりが舞台のスプラッタ映画に出てきそうな小道具の数々。

部屋中を血の海にし
挙句の果てに血塗れな姿のまま恍惚状態に陥ってしまう

クリックすると元のサイズで表示します
血の赤にもっとも映える男のファッションといえば白ランニングに白ブリーフ。

のです。

何より恐ろしいのは
ポール・ベタニーが血に塗れているうちに
いつの間にか
マルコム・マクダウェルに変貌してしまうところでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
あれ?思ったほど違和感がない…。

これぞホラー!



…というのは真っ赤なウソ。

タイトルから誰も騙されなかったと思いますが、
ホラー映画でもスプラッタ映画ではありません。

順当に「ギャング」を扱った映画です。

と、云っても純然たるギャング映画でも
TSUTAYAが独自でジャンル分けしている
「洋画アクション」でもありませんでした。

ちなみに私はこの映画を見るまで知りませんでしたが、
「ギャングスター」と云うのは
「ギャングの星」と云う意味ではなく
「ギャングの構成員」のことだそうです。
ギャングスターものは日本の任侠もの同様
人気のジャンルのようで
他にも
「アメリカン・ギャングスター」やら
「ブリティッシュ・ギャングスター」やら
「マイアミ・ギャングスター」やら
「N.Y.ギャングスターズ」
などの映画が存在します。

そのなかの「ナンバー1」を公言しているのですから
これはもう相当なギャングスターが期待されるところです。
 
 

続きを読む
0

2013/10/20

おれがあいつであいつがおれで  MOVIE

本日の映画は

2004年に公開された「シンソッキ・ブルース」

クリックすると元のサイズで表示します

という韓国映画です。

タイトルの「シンソッキ」というのは主人公の名前です。
原題も同じく「신석기(シン・ソッキ)블루스(ブルース)」。

Gyaoにて
配信期間9月21日〜10月20日「もうすぐ終了」とあり
ユーザーレビューでも
10人のうち4人が5評価中5点評価している映画です。

監督も出演者も聞いたことのない方々ばかりですが、
おそらくハズレと云うことはないでしょう。

視聴期限が本日中ということもあり取り急ぎ再生して見ました。

「映像情報」にある「内容・ストーリー」によりますと

ハンサムとブサイクの体が入れ替わって!? 対照的なふたりの男性の体が入れ替わってしまうことから始まる異色のファンタジック・ラブストーリー。

ということです。

ハンサムとブサイクで
パッと思いついたのが「ハンサムスーツ」の2人。

クリックすると元のサイズで表示します
日本的ハンサムとブサイクの構図。

ところが、そこは遠くて近いお隣の国韓国。
日本の美醜感覚とは少しずれがあるようで
日本では判りやすく醜=肥満というキャラクターをもってきますが、
韓国は醜=貧相で攻めてきます。


 

続きを読む
0

2013/10/17

So, you don't have to worry, worry,まもってあげたい  MOVIE

本日見たDVDは

「ザ・トーナメント」

クリックすると元のサイズで表示します

というDVDですが、
これから、この映画を語る前に少しだけ
DVD再生後、本編前に流される
「新作案内」に触れたいと思います。

映画を主にレンタルDVDでご覧になられる方の
大半が忌むべき存在と見做している「新作案内」。

短いもので5分程度、長いものなら
延々と30分ばかり流れることになる「新作案内」。
(特に「TSUTAYAだけ!」は長い)

「『新作案内』なんて飛ばしちゃえばいいじゃん。」
などと侮ってはいけません。
「新作案内」とは云わば、
配給会社による貴重な宣伝タイムなのです。

それゆえ、配給会社は
DVDの買い手、借り手に
1作でも多く見て「新作案内」をもらえるよう
さまざまな技術を駆使し
あの手この手で攻めてくるのです。



と、口に泡飛ばして力説したところで
この文章をご覧になっている方の中には
「え〜、そんなことないよ。
ちゃんと『スキップ』、『早送り』できるよ。」
と、仰る方も多数おられると思います。

申し訳ございません。

私の場合は諸事情によりDVDは
大方のパソコン(Windows)にプリインストールソフトされている
Windows Media Playerで視聴しております。

配給会社の技術はそんなタダ同然ソフトである
Windows Media Player視聴者に対し
容赦しないのです。

「新作案内」には位置スライダを移動するだけで
たやすく「早送り」できる「新作案内」もあれば
「停止」ボタンすら機能できないよう作られている
「新作案内」もあります。

当たり外れかは、実際DVDを再生してみるまでは判らず
同じMedia Playerでも
インストールされているパソコンの機種によって
若干「早送り」できたりできなかったりと
実に複雑なことになってるのです。

さて、話はもどって
このDVD「ザ・トーナメント」に収録された「新作案内」は
数あるタイプの中でも最も手に負えない
「停止ボタンさえ受け付けない」タイプであったため
一旦DVDを再生すると、
否応なく全部の「新作案内」を強制的に見せられることになります。

その時間10分。

本編が本編だけに収められている予告編も殆どが
犯罪ものか戦争ものだったのですが、
そのなかの一つの出だしがなかなか渋く


クリックすると元のサイズで表示します
アカデミー賞ゴールデングローブ賞ノミネート。日本ではクチコミで公開。

クリックすると元のサイズで表示します
第78回アカデミー賞の外国語映画賞受賞作品。

クリックすると元のサイズで表示します
第61回カンヌ国際映画祭のある視点部門上映作品

と云うテロップの後に

クリックすると元のサイズで表示します
おっ、これは名作の予感?

ただならぬ煽り文句にに高まる期待。

続いて映し出される
砂漠をふらふらと彷徨う痩せた男。
ジェット機の機内で横たわる男と泣き叫ぶ女。


一体どういう映画なのか?


で、これですよ、これ。









クリックすると元のサイズで表示します
ええっ?!(DVDは停止できないので画像はyoutubeから拝借しました)


予告編がこんなんばっかですからね、
自然この後に来る本編への期待値が下がってしまうのは
無理ないと思います。
 

 
続きを読む
0

2013/10/15

来る、きっと来る  MOVIE

本日のDVDは

英国の女流作家スーザン・ヒルのベストセラー
「黒衣の女 ある亡霊の物語」を
「ハリー・ポッター」シリーズ
ダニエル・ラドクリフ主演で
映画化したゴシック・ホラー

「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」

クリックすると元のサイズで表示します
立派に成長しすぎてこのジャケットの顔じゃ誰だか判んないよ!

です。

すでに新たなるステージに入ったとは云え
向こう10年は出演する映画の予告編には
「『ハリー・ポッター』シリーズ ダニエル・ラドクリフ」
と云うテロップが付くことになるんでしょうね、ラドクリフ君。

そのラドクリフ君が
「ハリー・ポッター」シリーズ完結後主演第1作に
択んだのがこの作品ということになります。

一応、原作ありきの映画のようですが、
日本の観客にしてみれば
まんま「リング」(第1作)です。

いくつか拝見したこの映画のレビューでも
少なくない数の方々が「リング」に触れていたくらいですから
誰が見てもまんま「リング」です。

ですので、これ以降の文章は
「リング」のネタバレも含むこととなります。

比較的ネタバレしていない
TSUTAYA onlineの解説によりますと

ロンドンに暮らす若い弁護士アーサー・キップスは、妻に先立たれた悲しみから立ち直れずにいた。そんな中、事務所から新たな仕事を命じられた彼は、ひとり息子をロンドンに残し、田舎町クライシン・ギフォードへと向かう。彼はそこで他界したアリス・ドラブロウ夫人の遺品整理に取りかかり、やがてドラブロウ家にまつわる忌まわしき過去に触れてしまう。

だそうですが、



続きを読む
0

2013/10/14

ゾンビが走り出したら、足が折れちゃうと思うんだよ  MOVIE

本日のDVDは
2000年以降急激な感染率の増加が見られる
ゾンビ映画またの名を「オブ・デッド」映画
から2013年に日本公開された

「ロンドンゾンビ紀行」

クリックすると元のサイズで表示します

を取り上げてみました。

ゾンビ映画と申しますと、古くは
1932年の恐怖城
(ビデオ邦題「ベラ・ルゴシの ホワイト・ゾンビ」)
から始まる映画の超人気ジャンル。

wikipediaの「ゾンビ映画の一覧」に載っているタイトルだけでも
優に300を超えています(現在「ワールド・ウォーZ」で320本)。

その中に今回見た「ロンドンゾンビ紀行」は
含まれていませんので、いかに氷山の一角か判ります。

おそらくは今この瞬間にも世界のどこかで
「6秒に1本」ゾンビ映画が撮られていることと思われます。

なぜ人はこうまでゾンビを愛して止まないのでしょうかか?
 
ゾンビというと

・既に死んでいる
・知性がなくなっている
・過去の記憶もなくなっている
・もはや人間ではない
・見た目もなんか腐っていて嫌だ
・困ったことに主食は生きている人間だ
・それも他の動物には目もくれず人間限定の場合が多い
・食われた人間は同じくゾンビになる
・なので放っておくと増殖するばかりだ

そういうところが見ている観客に

・もう死んでいるんだから何をしたっていい!
(つまり殺してもいい)
・ヒャッハー!!

クリックすると元のサイズで表示します
ニオイゾンビをリセッシュ除菌EXのように3倍除菌で退治したいのです。

と云う気持ちを駆り立てるのかもしれません。

本来なら「死からの再生」のはずなのに
意識も記憶も失い、
元の人間にアイデンティティが完全に無になっているのが
(作品によっては自我が残っているのもありますが)
ゾンビですので殺しやすいと云えば殺しやすいのですが…。

 




続きを読む
0

2013/10/13

赤いシグナル非常のサイン  MOVIE

本日のDVDは
「電人ザボーガー」

クリックすると元のサイズで表示します

という映画です。

今から39年前にあたる1974年に
フジテレビ系で放送された特撮テレビ番組
「電人ザボーガー」がなぜか今になって映画化されました。

オリジナルがオリジナルだけに
「リメイク(作り直し)」や
「リブート(仕切り直し)」と云う言葉より
「リバイバル(再生)」と云った
今では使われなくなった昭和の日本語が似合う
そんな作品です。

ところで、いまさらなんですが、
たまたまこのブログを読んでいるあなた、
そう、そこのあなた
「電人ザボーガー」という特撮ヒーローを
覚えていますか?

クリックすると元のサイズで表示します
主人公が乗るバイクが変形して二足歩行ロボット「ザボーガー」になります。

おそらく多くの答えは、覚えているどころか
「知らない」
「見たことがない」
では?

せいぜい知っていたとしても
「名前だけは知っている」
「『スーパージョッキー』
(↑あ、この番組も知らないですか?そうですか…)
でさわりだけ見た」
「再放送で見た」
程度ではないでしょうか?

かく云う私も「電人ザボーガー」というと
名前とヒーローの造形ぐらいしか知りません。

そのくらいメジャーではないザボーガー。

当時子供番組を席巻していた変身ヒーローとは異なり
主人公、大門豊が直接変身するのではなく
「鉄人28号」の金田正太郎君と同じく
思考能力の持たない純正ロボットであるザボーガーに
指示を与えて共に悪と闘うのが
この「電人ザボーガー」の特徴でした。

そして、もう1つ、
他の特撮に見られない特徴として
ザボーガーはただのロボットではなく
普段はバイクの形をしていました。

しかし、予備知識としてあるのはこのぐらい。

私の年齢でこれですからね。

オリジナルのテレビ番組を
「知っている」
「目にしたことがある」
早い人なら孫が2、3人いる年齢の方々に
絞られてしまうのではないでしょうか?

なにしろ、この歴史に埋もれていたこの作品を
わざわざ掘り起こして映画にした
井口昇(1976年生)監督ですら
本放送時にはまだ生まれていないのです。

そんなわけで何の思い入れもなく見始めた本作でしたが
「片腕マシンガール」(2007)
「ロボゲイシャ」(2009)などで
海外でも定評のある井口昇ですから







続きを読む
0

2013/10/10

皮肉だね悪党の血の方がきれいな花がさく  MOVIE

本日のDVDは

「PARKER/パーカー」

クリックすると元のサイズで表示します

パッケージにはでかでかと
「この男、最強」
と書かれていますが、そんなんいつものことです。

最強に決まってるじゃないですか。
主演、ジェイソン・ステイサムですよ?

これまで最強でなかったことがありますか?

アクション映画にご出演の際には
ここまでもれなく最強の男を演じている
ジェイソン・ステイサム。

クリックすると元のサイズで表示します
たまに「完璧」の時もありますが…。

今回の映画では、

「リチャード・スタークの人気犯罪小説『悪党パーカー』シリーズ、『悪党パーカー/地獄の分け前』を基に、犯罪仲間の裏切りに遭い瀕死の重傷を負った主人公パーカーの壮大な復讐劇を描」

いておりますが、
はいはい、いつものいつもの。

いつも通り
瀕死の重傷を負ってもものの五分で完全復活。
え?怪我なんてしていたっけ?
てなもんですよ。

原作とされる「悪党パーカー」というシリーズ小説(既刊20巻)は
全く読んでおりませんが、

クリックすると元のサイズで表示します
いかにもフィルムノワール的なOPクレジット。

普段本は読まない私でも
「悪党パーカー」のタイトルだけは知っております。

そういう有名小説の主人公を演じていながら
本作もまた
「ジェイソン・ステイサムが
ジェイソン・ステイサムにしか見えない。
あなたしか見えない。」
映画です。

ちなみに映画の元ネタである「地獄の分け前」は
第17作目にあたるそうです。

そういうシリーズの中途半端なところを原案にしているためか
映画の方もなんとなく単発の映画としては微妙です。

原作のパーカーは
「生い立ちも過去も一切明らかにされていないプロの犯罪者であり
独自のルールに従って行動する一匹狼」
ということで
そのへんは映画もその通り踏襲してはいます。

クリックすると元のサイズで表示します
必要以上の仕事はしない無駄な殺人はしない自分を曲げないパーカー。

でも、ジェイソン・ステイサムが演じてきた
これまでの主人公も大概そういう人物ですよね?

だからこそ、映画化の際に悪党パーカー役は
「是非ともジェイソン・ステイサムに!!」
と云うオファーでも来たのでしょうが、
そんな役これまで腐るほど演じているから!!

それでも原作には名前の前に「悪党」という言葉が
わざわざついております。
これは私がこれまでに見たことがないような
悪党っぷりを見せつけてくれるのか?
と、ワクワクしながら映画を拝見したのですが、





…え?悪党?

逆に自分の決めたルールに忠実な分、
生真面目な優等生っぷりの方が際立っちゃっているんですけど。

1999年公開のメル・ギブソンが主演した「ペイバック」も
小説第3作目に当たる「悪党パーカー/人狩り」を
再映画化したものらしいので
一度比較のため見てみなくてはと思っております。

なにしろ、主演のメル・ギブソンが
自分でオファーを受けときながら
主人公のことをディスってたと云う噂があるくらいですから
原作通りならばとパーカーなる人物、相当な悪党なのでしょう。

まあ、今のところは、「ペイバック」については
見てのお楽しみということで
まずは本作におけるジェイソン・ステイサムが
他のジェイソン・ステイサムと何が違うかと云いますと


クリックすると元のサイズで表示します
この映画では地名がCGで立体的に書き加えられているのが特徴的。


続きを読む(不適切な画像あり要注意)
0

2013/10/9

痛快!ビッグダディ  MOVIE

本日のDVDは

毎年恒例となっている
2012年度第33回ゴールデンラズベリー賞にて
最低主演男優賞
最低脚本賞を受賞した
「俺のムスコ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

アメリカンコメディ映画の悲しい性なのか、
日本ではいつもどおりひっそりと劇場公開されることもなく
DVDスルーでのお目見えです。

主演はアダム・サンドラー。

アダム・サンドラーと云えば
第32回ラジー賞で
製作・脚本・主演作品「ジャックとジル」が
史上最多となる全10部門での受賞を果たしたことが
記憶に新しいところです。

残念ながらこの年は
「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」
と云う最大にして最強のライバルが出現したため
ノミネートこそ数あれど
結果はそれほど振るいませんでした。

ただし、ご安心ください。
本作もおおよそ人間の身体から吐き出されるものは
全て吐き出してみました!!
と云った映画ですので
常識人ならまず眉を顰めることでしょう。

この手の下ネタは
サシャ・バロン・コーエンの専売特許かと思っていたのですが、
いやいやなかなかどうして。

やりきった感、出し切った感が半端ないです。

ただ、その心意気はまことに清々しいのですが
映像にすると、どうしても
「劇中、一部不適切な表現がございますが、
オリジナリティを尊重してそのまま放送致しました」
的な絵づらになってしまうため
飲食しながらの鑑賞はオススメできません。

この「幼児性の強い下ネタ」が
劇場未公開となってしまう最大の理由なんですよね、きっと。

ただでさえ日本では「下ネタ」は
下品で安易な笑いの取り方として低く見られがちですから
これで興行成績が全てのシネコン上映など
至難の業なのは判ります。

しかし、そこばかりに着目していては前に進めません。

邦題でもわざわざカタカナ表記をして
良からぬ誤読を誘っていますが、
中身はと云うと
普通に仲が拗れていた父親と息子が
和解するまでを描いたヒューマンドラマとなっております。
ただし、あのアダム・サンドラーが係っているのですから
普通で済まされるわけがありません。

(原題の「THAT’S MY BOY」のBOYは
日本のムスコと同じ使われ方をするみたいです。) 
 

続きを読む
0

2013/10/6

あらら いずこへ?広末涼子、婚活はじめる  MOVIE

本日のDVDは「鍵泥棒のメソッド」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

映画紹介ではどう内容紹介されているかは別として

化粧っ気もなく地味な外見のためいまひとつ男性受けが悪いけれど
仕事は有能、趣味が良く美的センスも高い美女が一念発起して
婚活を始めるとどうなるのか

クリックすると元のサイズで表示します
私、結婚します!!相手はまだいないけれど!!

と云うハートフルラブストーリーとなっています。

はい、そこ!
「広末でしょ?結婚できるに決まってるじゃん。」
とか云わない。
 
 



続きを読む
0

2013/10/2

「ホワイトハウスはどんなところ?」「白いよ」  MOVIE

本日のDVDは
オリバー・ストーン監督のブッシュ大統領の伝記映画
「ブッシュ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

原題は「W」。

簡単に紹介すると
由緒正しい名家に生まれた何をやってもダメな嫡男が
何かと家名ばかりを重んじ
次男である弟ばかりを目にかけるている父親に
認めてもらうためジタバタすること幾歳月。
功績を焦りすぎて不確かな情報を鵜呑みにしてしまい
「大義」と云う名で利権と報復に塗れた戦争を
大々的に起こしてしまうというお話です。

その嫡男の名前は
ジョージ・W・ブッシュ。

フジテレビの人気クイズ番組「ネプリーグ」の
ファイブボンバーで
「アメリカの歴代大統領の名前を5名挙げなさい」
と云う問題が出題されれば、先頭で答えに詰まって
「(先に簡単なの云っちゃって)ごめんなさい!」
と、前置きした上で渋々解答されるであろう
そのくらい耳慣れた名前です。

原題の「W」と云うのは、
同じく41代アメリカ合衆国大統領である
ジョージ・H・W・ブッシュ(パパブッシュ)と区別するために
使われていた愛称のことだそうです。

ですから、クイズの答えが
ただの「ジョージ・ブッシュ」の場合は
父のことなのか息子のことなのか、
言葉尻だけでは判別できないはずですが、
おそらく視聴者の頭の中に浮かぶのは
息子の顔(↓)だと断言できます。

クリックすると元のサイズで表示します
ブッシュ役は「グーニーズ」のジョシュ・ブローリン。

そんなついこの間まで在任していた
記憶に新しいアメリカ大統領の
Movies Based On True Stories
ですので
海外情勢、歴史に疎い私でもすんなり頭に入ってきそう
と、期待を込めていそいそと借りてきたのですが、
残念ながら政治的なことはあまり追究されてはいません。
 


続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ