2013/9/26

泣いた、笑った、感動した〜(棒読み)  MOVIE

この映画なんですけど
流石にレディースデーでも劇場で見ることはないなあ。
でも
「そのうち『金曜ロードSHOW!(日本テレビ)』で
地上波初放送なるだろうからその時見ればいいや。」
なんて高を括って待っていても
前作「なくもんか」のように
うっかりその日に呑み会が入って
最後の浜辺での笑えない漫才シーンしか見れなかった
と云うことになりかねないので
できれば、試写会でもやってくれませんか、KNB放送さん?

と思っていたら
流石日テレ製作の映画だけあって
ちゃんとKNB放送主催の試写会が催されました。

一般公開の2日前に。

これは早速応募しなくては!

とは云うもののここ数年
…いや、はっきり云いましょう。
私、テレビ局が大好きなF1層から年齢的に卒業して以来
テレビ局主催の試写会には外れまくっているものですから
今回は確実の当選すべくある程度策を弄しました。

まずは

試写会応募締切日の1週間以上前に申し込む。

そして

テレビ局のネット会員には登録せず、往復はがきで応募する。

往復はがきには住所氏名年齢映画名以外に
どれだけその映画を見たいかを熱く語る文章を添えておく。

さらには

映画に関するイラストを入れる。

これだけしておけばなんとかなるんじゃね?
と、葉書を投函し、待つこと12日間。


無事、試写会ペア招待券ゲットしました!!


などと、長々と前置きを書かせていただきましたが

本日の映画は
脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の
「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」チームによる
三度目の正直

「謝罪の王様」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


続きを読む
0

2013/9/24

インド3兄弟  MOVIE

本日のDVDは
「ダージリン急行」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

wikipediaでは
「父の死をきっかけに心が離れてしまった3兄弟が、
インドの秘境を列車で旅する家族の愛と絆の物語。」
と、記述されていますが、
実際にそれ以上でもそれ以下でもない映画です。

この手の映画は個人的な感想をごちゃごちゃ書き並べるよりは
「まずはご自分の目でお確かめください。」
と、お薦めするのが一番ではないでしょうか?

おそらく好きな人にとっては心一本になるような映画、
でも、退屈に思う人にはそれ以外の何物でもなくなってしまう
可能性も…。

とりあえず、このDVD再生いたしますと
いきなり映画が始まるのではなく
まずはメインメニューに飛ばされます。
(いつもの邪魔ったらしげな「新作案内」もありません。)

ここで注意すべきは
まずはこの「ショート・フィルム『ホテル・シュヴァリエ』付き」
と云う選択肢。

クリックすると元のサイズで表示します
本編の前日譚に当たります。

「あら?何かしら?短編映画?おまけ?おまけかしら?」
などと思っても
面倒くさがって「本編のみ再生」を選択したり
本編鑑賞後「ショート・フィルム『ホテル・シュヴァリエ』のみ再生」
することなく(それはそれで趣がありますが)
本編前にご覧になることをお薦めいたします。

そうしないと、
本編が始まって1時間18分ぐらいのところで
いきなり現れるナタリー・ポートマンに
面食らうことになってしまうことになりかねません。

クリックすると元のサイズで表示します
ショート・フィルムではベリーショートカットがお似合いのナタリーに逢えます。

お話的には完全に本編「ダージリン急行」の前日に
起こった出来事が描かれているだけでして
「今日の自分に起こる様々な出来事に
昨日の自分の行動は
さほど関ってはいないかもしれないけれども
どうしたって時間的には地続きだ。
昨日がなければ今日と云う日はない。」
と云うのに似た関係です。

で、本編にあたる「ダージリン急行」は前述したとおり
父親の葬式から約一年絶交状態にあったホイットマン3兄弟
いちばん上は長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)
いちばん下は三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)
あいだにはさまれ次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)が

クリックすると元のサイズで表示します
汽車に乗ったら喫煙、飲酒、薬物3兄弟。

フランシスの呼びかけでインドのダージリン急行列車に集い
フランシスが云うところの「心の旅」に出かけることになるのですが、




続きを読む
0

2013/9/18

裁判に民主主義を持ち込んだら司法は終わりだ!  MOVIE

本日のDVDは
「声をかくす人」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う映画です。

原題は「THE Conspirator」
意味は共謀者。

「奴隷解放の父」と呼ばれ
アメリカ合衆国の最も偉大な大統領の一としてに挙げられる
エイブラハム・リンカーンを暗殺した
ジョン・ウィルクス・ブースを匿った罪で
アメリカ合衆国連邦政府史上初めて死刑となった女性である
南部出身のメアリー・サラット(ロビン・ライト)と
北軍の将校であり彼女を弁護することになる
フレデリック・エイキン(ジェームズ・マカヴォイ)の物語です。

クリックすると元のサイズで表示します
正真正銘の実話です。

続きを読む
4

2013/9/16

だが頂点に立つ者は常にひとり!  MOVIE

本日のDVDは
「ローマ法王の休日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

監督は
「癖のあるユーモラスな作風で、世界中にファンを持つ」
(wikipedia参照のこと)
ナンニ・モレッティ。

監督のお名前から受ける丸っこい印象からして
ハートフルな映画に違いありません。

それでなくとも出演者の9割が
人の良さそうなおじいちゃん(枢機卿ですからね)ですし、
DVDがおかれていたのもコメディの棚、
邦題と予告編もほんわかムードときてるものですから
すっかり騙されてしまいましたよ、私。

まさか、こんなほのぼのムードの中
「衝撃的なラスト」が待っていようとは…。

 
 


続きを読む
0

2013/9/16

この仕事で最悪なのは感謝されないことだ  MOVIE

小中高大と16年学生をやり
社会科の教員免許を取得した上で思うこと
それは

「今の時代教師だけにはなりたくないなあ」

ということ。

傍から見ると
「落ちこぼれ」
「いじめ」
「風紀紊乱」
「校内暴力」
「動物虐待」
「学級崩壊」
「モンスターペアレント」
「自殺」
「体罰」
「援助交際」
「不健全性的行為」
と、問題が山積みな上
何か起こればその責任を一手に押し付けられ
生徒の家族どころかマスコミを通じて世間から攻撃され
なにひとついいことがない職業No.1
それが「教師」。

その教師の世界を扱ったのが本日のDVD

「デタッチメント 優しい無関心」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

結果を先に書きますと、

今年劇場公開並びにDVDリリースされた映画の中で
ベスト1です。

見終わっても優しい気持ちになれる映画では決してなく
お薦めできるセールスポイントもありませんが、
私は好きです、この映画。


続きを読む
3

2013/9/15

ようこそ…「男の世界」へ…。  MOVIE

本日のDVDは
文庫本初版で読んでいるはずが
まったく内容を覚えていない(なにせ20年以上前だから)

「黄金を抱いて翔べ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


日本の犯罪小説にしては珍しく
金塊強奪を扱ったガチガチのハードボイルド小説でありながら
作者が女性(しかもデビュー作)と云うことで話題を呼びました。

そう。
この映画で主人公たちが銀行から強奪しようと考えているのは
紙幣ではなく金の延べ板です。
嵩張る上に重量もあり
運搬もさることながら換金するにもルートが特殊すぎて
始末が困ることこの上なしの代物です。

ですから、当然素人がする犯罪ではありません。

金塊強奪映画と云うと、やはり有名どころでは
「ミニミニ大作戦」や
「黄金の七人」といったイタリアのオシャレ犯罪映画が
思い浮かびます。

本作でも主人公幸田(妻夫木聡 )と
強奪計画の発案者北川(浅野忠信)の会話に
「金の延べ棒見たことあるか?」
「『ミニミニ大作戦』で。」

クリックすると元のサイズで表示します
…どっちの?まさかリメイクの方じゃあるまいな。

といったものが出てきます。

これらの先達が齎した「金塊強奪映画」のイメージと云えば
金庫破りから逃走経路まで到る緻密な計画と
それを成し遂げるための華麗なるチームワーク
この2点です。

後は犯罪計画ではお飾り程度の美女の存在?

もちろん、本作もこの点はクリアしています。

ただし、舞台が温帯湿潤気候の日本だけに
暗くて湿っぽくなってしまったのは否めません。
イタリアの地中海性気候とは空気が違います。

なんだか全体的に空気がどよ〜んとしています。

故・広川太一郎が吹替え(*)をしてくれるような映画ではありません。

しかも、舞台は大阪ですからね。
笑いの都ではなく
「河はいくつもこの街流れ
恋や夢のかけら みんな海に流してく」方の大阪ですからね。


で、その「黄金を抱いて翔べ」なんですけど、






…。



…こんなんでしたっけ?


小説を読んでいたときの方がもっと
それぞれの男たちの絆が濃厚だったような
そんな記憶があるんですけど…。

いや、映画は良くできていると思いますよ。
監督が日本映画界のブランド監督井筒和幸ですしね。
「こちトラ自腹じゃ!」で
古今東西様々な映画をメッタ斬っているだけに
手堅く撮られていると思うのですが、

どうしても
「…こんなんだっけ?」

という思いが拭いきれません。

「黄金を抱いて翔べ」ってこんなんだったっけ?

 

続きを読む
0

2013/9/14

梵天丸もかくありたい  MOVIE

一時期、筋トレに励んだ時期があります。

ラットプルダウン 30kg 10×3回
ラットプルダウンリバースグリップ 25kg 10×3回
チェストプレス 25kg 15×3回
レッグプレス 60kg 15×3回
クランチ 50×3回
バタフライマシン 20kg 15回×3回
アブダクター 40kg 15×3回
サイドベント 15kg 左右20×3回

を1日おき週3〜4回のペースでやっていました。

いい年をした女性で筋トレというのは
トレーニングジムでもそれなりに珍しいようで
しばしば、同じように筋トレに励む男性の方に
「なんでそんなに筋トレしてるの?」
と訊かれます。

筋トレに筋肉を鍛える以外の目的があるのでしょうか?


…ああ、そういう意味ではないんですね?

それにつきましては
自分なりに明確な目標があるにはあるのですが、
こればかりは人前で迂闊に云えません。


ですので大抵は言葉を濁して曖昧にするか
「……。……痩せたいから。」
と、適当に応えていました。


だって、ねぇ……まさか

「ジェイソン・ステイサムになりたいから。」

からなんて云えませんもの。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、これ。こうなりたんですけど。マジでマジで。

なにより
「…ジェイソン・ステイサムって誰?」
とか返されたらどうしましょう?

いや、そんなこといくらなんでもないとは思いますが、
万が一…。

それでなくともこの答えが女として限りなく不正解なのは
間違いありません。

でも、なりたい。

頭部も含めてジェイソン・ステイサムになりたい。

と願っているわけです。

まあ、いくらなんでも筋トレだけで
あのような身体になれるとは
いくらおつむの緩い私も思っておりません。

「Yahoo質問箱」によりますと、
何でも週に6回35分の筋トレ以外に、
砂糖、酒、炭水化物を徹底的にカットして
卵の白身、野菜、魚、ホエイプロテインをとるなどの食事制限をし、
毎日の食事を記録もしなくてはならないようです。



…。


飲酒禁止?



後、甘いもの禁止?






…あ、無理ですね。
無理です。
 

ということで、筋力アップどころか
この3ヶ月で3キロ肥りました。

夏ですから。

ビールが美味いですから。




と、前置きがすっかり長くなってしまいましたが
本日のDVDは
これぞジェイソン・ステイサムアクションの集大成

「トランスポーター3 アンリミテッド」

クリックすると元のサイズで表示します
 
です。

 


続きを読む
0

2013/9/13

ワニがくる…白いワニがくる  MOVIE

本日のDVDは

「アルビノ・アリゲーター」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

1997年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。

俳優ケヴィン・スペイシーの初監督作品ということで
今から振り返ってみると、
かなりの気合の入った配役となっております。

まずは、
第18回ゴールデンラズベリー賞最低助演女優賞に
ノミネートされたフェイ・ダナウェイをはじめ

クリックすると元のサイズで表示します
なぜかゴールデンラズベリー賞最低助演女優賞にノミネートされました。

主演がマット・ディロン。

クリックすると元のサイズで表示します
若い方はご存知でしょうか?この人がマット・ディロンです。

…マット・ディモンではありません。

かつて私もしょっちゅう間違えて
レンタルビデオ(当時はビデオが主流)を借りた後で
「あ、これ、ディロンの方か…」
と肩をがっくり落としたものですが、
そのマット・ディロンが主演です。

因みに現在では
マット・ディモンとマーク・ウォルバーグの区別がついていません。

で、マット・ディロン。

今でも現役バリバリの俳優ですが、
ここぞというヒット作に出演していないため
どうも久しぶりに名前を見たような気がします。

当時は名前だけで客を呼べる俳優の一人だったので
余計に栄枯盛衰を感じてしまうのかもしれません。

脇役としては
ゲイリー・シニーズ
ウィリアム・フィクナー
ヴィゴ・モーテンセン
と、当時はどうだったかは判りませんが
映画通好みの渋めのキャスティングが組まれています。

ウィリアム・フィクナー、ヴィゴ・モーテンセンあたりは
今や引く手数多な俳優になっているだけに
マット・ディロンがかわいそうなことになっています。

なにしろ、このときのヴィゴ・モーテンセンは
「ロード・オブ・ザ・リング」で全世界的にブレイクする
5年前のヴィゴ・モーテンセンですからね。

やはり俳優は一発当たるとでかい。

さらに映画デビューしたばかりの
若き日のスキート・ウールリッチの姿もあります。
 




続きを読む
1

2013/9/11

みんなが笑ってる おひさまも笑ってる  MOVIE

本日のDVDは

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに日テレ開局60年記念映画は「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」

という理由から後数か月も待てば
「水曜プレミア」でLiLicoさんの懇切丁寧な解説付きで
地上波初放映されるのが目に見えるような

「のぼうの城」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の2万人の大軍に屈せず、
たった500名の兵で抗戦、勝利した
実在の武将・成田長親の姿を描く時代劇です。

クリックすると元のサイズで表示します
武家らしくなく父親にすら期待されていない成田長親(のぼう様)。人誑し。

なんでも公開たった三日で興行収入3億円
という大ヒットを飛ばしたそうです。
同じ年に「桐島、部活やめるってよ」が公開されたためか
主だった映画賞は獲っていませんが、
2012年と代表する日本映画の1本と云っても良いでしょう。

この映画、何がいいって
やはり智将石田三成(上地雄輔)による
壮大かつ豪快な忍城水攻めシーン


続きを読む
2

2013/9/10

Take Me Out to the Ball Game.  MOVIE

本日のDVDは
「野球映画にハズレはなし」と
何の根拠もなく信じ込んでいる私が
タイトルだけで速攻借りてきた

「ライフ・イズ・ベースボール」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

実際に再生してみますと
これが野球映画は野球映画でも思っていたものとは
ちょっと違い、「野球ファンのある一日」と云った映画でした。

原題は「game6」。

クリックすると元のサイズで表示します
これがタイトルクレジット。フォントが丸みを帯びていてかわいいです。

game6というのは、
1986年に行われた第83回ワールドシリーズ
ボストン・レッドソックスVSニューヨーク・メッツ戦
のうちの第6戦のことを示しています。

生まれてこの方日本で暮らしてきた私にとっては
その日の試合がアメリカ人にとって
どのくらいの歴史的な試合だったかは計り知れません。

私の拙いイメージからしますと
おそらくは「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」で
事あるごとに繰り返し放送され
みのもんた氏による軽快かつ巧妙なナレーションを付けられる類の
歴史的な試合だったのではないかと思われます。

その年のワールドシリーズの第5戦までの成績は
レッドソックスリードの3勝2敗。

ワールドシリーズも日本シリーズ同様
先に4勝した球団が優勝となります。

つまり、この第6戦でレッド・ソックスが勝った時点で
優勝が決まるのです。

それが1986年10月25日。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこの映画は2005年作品です。

場所はメッツの本拠地NYのシェイ・スタジアム。

そのためNYの街は朝からピリピリとした空気が流れています。
人ばかりではなく異様な興奮に街そのものが澱んでいるのです。

レッドソックスに
メッツのホームで優勝を決められたら立つ瀬がありませんからね。
ニューヨークっ子の中折…名折れです。

そのため、街のあちらこちらでは普段以上に車が渋滞し
街中がイライラムカムカ。
遂には緊張に耐え切れなくなった蒸気管が地下で破裂し
あたり一面にアスベストを巻き散らかします。

クリックすると元のサイズで表示します
町の不穏な空気に呑まれ臨界点突破する蒸気管。

ちょうどこの頃からアスベストは「静かな時限爆弾」をして
危険視されてはじめたようで
吸引を怖れたNYの人々は一斉に屋内に避難します。

全くなんて一日なんでしょう!!

そんな10月25日のNY。

2人の男もまた重苦しい朝を迎えます。

1人は


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ