2013/8/15

毒を食らわば皿まで  MOVIE

本日のDVDは
前作「暴走!ターボ・バスターズ」
(原題:NEW KIDS Turbo)が

クリックすると元のサイズで表示します
オランダは今すぐ大麻の合法販売を中止すべきだと思う。

となり無事続編として作られた
「暴走!ニトロ・バスターズ」
(原題:NEW KIDS Nitro)

クリックすると元のサイズで表示します

です。

今からはるか昔、まだ日本が鎖国政策を取っていた頃、
当時医療の最先端を突っ走っていた
蘭方医の杉田玄白、前野良沢、中川淳庵は
小塚原の刑場での罪人の腑分けを見学。
人体の神秘に感銘を受けた杉田らは
その際に参考書として持ち込んだ
ドイツ人医師ヨハン・アダム・クルムスの医学書
「Anatomische Tabellen」の
オランダ語訳「ターヘル・アナトミア」の翻訳に
着手することに。

と、云ってもそこは語学の素人の集まり
唯一オランダ語の知識があった前野の頭脳を以てしても
医学書の翻訳は困難を極めました。

判るのは解剖図から推測される臓器の名前ぐらい。

翻訳過程の中で
「鼻は顔の中で『フルヘットン』」という文章から
フルヘットンを「うず高し」と訳したエピソードが
有名です。

おそらくは昭和生まれの方なら
人生のどこかでこのエピソードに
触れていることと思います。

そのくらいオランダは日本にとっては
近くて遠い国だったのです。

しかし、それから200年以上の歳月が流れ
折角、先達が試行錯誤の末広めた蘭語は
今や世界の共通言語「英語」にその座を取って代わられました。

もはやオランダのことを考えて暮らしている日本人など
絶滅品種。

そこに海を渡って届けられたのが
この「NEW KIDS」シリーズです。

ありがたいことに映画の方は、字幕翻訳家が
何語であろうと訳してくださるので
こちらは杉田玄白のような苦労をせずとも
異文化に触れることもできます。

これぞ文明開化と云えましょう。

さて、「暴走!ニトロ・バスターズ」。
原題の方も「New Kids Nitro」と
数字が入っていないので
知らずにいると続編と知らないまま見てしまうかもしれません。

「ニトロ」が付く方が続編です。
お間違えのないように。

だからと云ってこれ1本だけ見ても見れないことはありません。

しかし、「ターボ」が付く前作を前もって見ておくか
2本続けて見るのがモアベターだと
おそらくは今は亡き小森のおばちゃまも推奨すると思われます。

本作は前作から1年で続編公開とだけあって
前作の路線を正統に引き継ぎながら
自ら続編であることをしっかりアピールしている
正に由緒正しい「続編」となっております。

映画はまず映画館で今から映画を見る人々
というシーンから始まります。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ