2013/8/7

確かなことはただひとつだけ  MOVIE

本日のDVDは
タイトルを目にしただけで
頭の中に同名曲が駆け巡ってしまう
「アメイジング・グレイス」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う映画です。

TSUTAYA onlineでの解説では

「18世紀のイギリスを舞台に、奴隷貿易廃止に尽力した政治家ウィリアム・ウィルバーフォースの人生を、名曲『アメイジング・グレイス』の誕生秘話とともに描く伝記ドラマ。」

と、紹介されております。

なんだか堅苦しい感じがしますね。

タイトルがタイトルでこのような紹介をされていますから
「どんな『歴史秘話ヒストリア』が!?」
と、歴女の方々なら期待されるかもしれませんが
名曲誕生秘話の方は垣間見れる程度です。

「こんな人がこんな理由で作ったよ。」
的過程が140文字以内で説明されていますが、
そちらがメインと云うわけではありません。

では、どういう映画かと申しますと、
これが予想に反して
正しい「婚活」映画だったのです。


ところで、正しい婚活とは何でしょうか?

それは
ずばり「見合い」です。

人間誰しも自分のことはなかなか見えないものです。
それを第三者の目から観察、総合的に判断し
相性の合うと思われる男女を半強制的に引き合わせる儀式、
それが見合い。

今では、かしこまった見合いの席を設けるより
テレビ番組を利用して
農村や漁村で暮らす男性のために一般女性を公募し
見合いさせるというのが主流のようですが、
私がこれから語りたいのはそんな雑な見合いではありません。

正式に仲人を立てた見合いのことです。

テレビ局なんてものは所詮視聴率目当てなもの。
いざとなったら責任なんて負ってはくれません。

一旦、仲人を引き受けた以上は
対称となる男女をとことん吟味しなくてどうするのです。

一組の男女のこれからの人生が
仲人の腕一つにかかっているのです。

一般に見合いの席の第一声というと
「ご趣味は?」
なんて決まり文句がございますが、、
正しい仲人は既にそんなものはとっくに調査済みです。

家柄、家族構成、年収、資格、趣味、健康状態、信仰
そして、容姿etc
(これらは全て「身上書」で判ります)
それらを熟知していて当たり前。

そこまでの手間を掛けておきながら無償で
相性バッチリな男女を引き合わせてこそ
真の「見合い」です。

その見合いの成功例がこの映画なのです。
 
 

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ