2012/11/28

でも、いつかきっと、みんなが自由に学び、自由に生きられる時代が来る。  MOVIE

本日のDVDは
「第九軍団のワシ」という映画です。

クリックすると元のサイズで表示します

つい先日ゴシップ誌「ピープル」が選ぶ
2012年の最もセクシーな男性に選ばれた
チャニング・テイタム

クリックすると元のサイズで表示します
中央がテイタム。残念ながらこの映画ではこのセクシーボディを封印してます。


リアルタンタンなジェイミー・ベルが共演している
という理由だけで借りてきました。

予定としては
チャニング・テイタムはこれが初見のつもりで
レンタルしてきたのですが
この人
「G.I.ジョー」に出ているんですね。

それも主役で。


いい加減にしか人の顔見ていないもんだから…。

 
それに加えて
続きを読む
1

2012/11/28

好きなら好きと言えばいい  PERSON

以前、三浦しをんさんの「人生激場」という
エッセイ集(?)を拝読させていただきましたところ
その1篇に
黄金律胸毛を植毛したマネキンの妄想話がありまして
三浦さんによると
「最も理想に近い胸毛の持ち主はアントニオ・バンデラスで、
とは云え彼の胸毛は質・密度ともに
素晴らしいのだけれど範囲が今ひとつ足りない」
みたいな事を書かれておりまして
同意したいようなできないような…。

そもそも、バンデラスの胸毛なんて記憶にないんですよね。

いや、バンデラスは存じておりますよ。

映画の方も「デスペラード」とか普通に見てますよ。

でも、今フィルモグラフィーで確認したら
それ以降の出演作は1本も見ていなかったことが判明し
我が事ながら驚いていますが…。

え?私ったら何年バンデラス見てないの?
って話です。

はい?17年?

一番脂の乗り切った時期を見逃しているわけですか。
あらあら。

それにしても
あのヴィゴ・モーテンセンファンとして有名な三浦さんが
ヴィゴを差し置いてバンデラスとな!

ヴィゴ・モーテンセンも相当いいもんを
生やかしていると思うのですが
それ以上のものをアントニオ・バンデラスが持っていると?

アントニオ・バンデラスというと
「デスペラード」で止まっている私のようなもんにすれば
ラテン系の色黒長髪一本結わえ。

これは気持ち的にはちょっと同意は…
だったので、このエッセイを拝見しても
それほど心動かされなかったのですが

まずは一見しないことにはとやかく語る資格はありません。

たまたま、先日DVD「私が、生きる肌」を借りてきたところ
バッチリ脱いでおりました、バンデラス。

というわけで(以下、人によってはグロ画像あり?)
1

2012/11/27

いやあ、もう、なんか今更すぎて恐縮ですが  PERSON

以前から出演映画を何本も見ているにも係らず
そして、かなり名前の知られている俳優にも係らず
(要するにエンドクレジットで1桁台で名前が流れるような俳優)
そのときには全く眼中に入っておらず
今となってはどんな役で出ていたかさえ
記憶に残ってないのに
ある日、ある映画をきっかけに突然目に入ってきて
それ以来、どうにも気になって気になって
その俳優さんを見るとつい心悶えてしまう
という経験を皆様はお持ちではありませんか?


え?!ない?



…。


…私はそういうことが多々あるのですが
今正にその甘い罠に足を突っ込んでおります、私。


続きを読む
1

2012/11/27

今起きていることはすべて、 過去にあなたが行った選択の結果である。  MOVIE

本日のDVDは
何の捻りもありません。
いつもどおりのジェイソン・ステイサムが出ている
「キラー・エリート」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

続きを読む
0

2012/11/26

急いては事をし損じる  MOVIE

本日のDVDは
先月、地元のミニシアターで上映されていたのを
うっかり見逃してしまった
「私が、生きる肌 」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

この映画の存在を知ってから実際目にするまで
それなりの時間を費やしているため
あちらこちらで評判を耳にしてしまい
観客の予想をはるかに上回る
恐るべき真実が「売り」の映画にも係らず
その真実がすっかりネタバレした状態で見てしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
ですので冒頭から既に彼女が何者か知った状態で映画を見ています。

とは云っても
実際に見てみますと、劇中でもこちらが想像していたより
ずっと早い段階でネタバレが始まっているのですね。

だからでしょうか
全身タイツの謎の美女ベラ(エレナ・アナヤ)が
何者であるかということより
大それた秘密を抱えている割には
彼女の行動があまりに淡々と落ち着いていることに
驚かされたと云うか…。

こういう映画はネタバレした状態で見ると
却って飲み込みが悪くなるものなのかもしれません。 


ここからは映画とは違う時系列でネタバレしています。
1

2012/11/25

せめて笑顔が救うのなら 僕は道化師(ピエロ)になれるよ  MOVIE

祝日を含めた11月23日〜25日の3日連休
GEOでは「新作」「まだまだ新作7泊8日」は80円
「準新作」「旧作」は50円ということで
初日開店時間に合わせて出向いてみたところ
店内には老若男女がごった返し、
レジにも20mに及ぶ長蛇の行列が。

瞬く間に新作の棚からDVDが無くなっていくため
てっとり早く目についたDVDを借りてきました。

しかし、新作の場合は1泊2日なので
見るもの返すのも分刻みとなってしまいます。

レジに並んでいる殆どのお客様が
カゴの中にレンタル上限枚数ぎりぎりのDVDを
ぶっこんでおられたのですが
よくもまあ、
見ている時間があるものだと感心いたしました。

上限、なんと20枚ですよ。
それも海外ドラマ(まあ、大半の方はドラマでしょうが)とかではなく
れっきとした映画作品だけで20枚と云う方もおられるのですが
時間に直すと、100分の映画が20本だと33時間半!

私には無理。
それでも、新作DVD争奪戦のなか
2本だけは確保しレンタルしてきました。

というわけで、本日の1本目のDVDは
できれば複数回見ておきたかったものの
1回だけしか居ることができず
翌日には返却してしまった
「裏切りのサーカス」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

 
続きを読む
0

2012/11/25

肉を切らせて骨を断つ  MOVIE

本日のDVDは
TBS「たまむすび」で町山智浩さんが紹介してから
ずっと気になっていた映画

「容疑者、ホアキン・フェニックス」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

映画を知った経緯が経緯だけに
モキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)
と判った上での視聴になります。

主演を務めた
ホアキン・フェニックスとはどういう人かと云いますと
有名なところでは
「スタンド・バイ・ミー」で知られる
リヴァー・フェニックスの弟

…って誰でも知っているよ、そんなこたぁ!!


ですよね、すみません。



しかしながら、兄のみならず
姉レインも妹サマーも女優という
俳優兄姉弟妹の1人であり
この映画の監督であるケイシー・アフレックが
妹サマーの夫でありベン・アフレックの弟と云うことを
この映画を見るまで失念しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
子供の頃から「成功者」だったことも知りませんでした。

で、例によって例の如く
フィルムグラフティーを見ると



…ごめん。
「サイン」しか見てないわ、ホアキンの出ている映画って。


よりによって唯一見ている出演作品が
「サイン」って…。
 
 

食事中の方はこれから先はお控えください。
0

2012/11/23

愛というのじゃないけれど 私は抱かれてみたかった  MOVIE

本日のDVDは
昨年いきなりブレイクした感が強い
マイケル・ファスベンダーの主演作

「SHAME −シェイム− 」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


マイケル・ファスベンダーという俳優さんは
「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」
ではじめて知った俳優さんですが、
今年に入ってからの
この人気急上昇っぷりはいかがなもんでしょうか?

それとともに以前は
ミヒャエル・ファスベンダーだった表記が
マイケル・ファスベンダーに落ち着いてしまったのは
何とも残念なことです。


で、この映画、どういう映画かと申しますと

続きを読む
0

2012/11/20

お前が月に行くんなら兄ちゃんはその先へ行くに決まってる。火星に行くよ。  MOVIE

本日のDVDは
ウォ○ト・ディ○ニー生誕110周年記念作品でありながら
興行的には映画史に残る大失敗という呼び声も高い
「ジョン・カーター」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

原作はちょうど100年前の1912年に雑誌連載が開始された
SF冒険小説「火星のプリンセス」という作品です。

訳文ですら古文すぎて大変に読みにくいという
定評のある創元推理文庫版の表紙だけは
記憶にうっすらとありますが、
もともとSF好きではないため
原作の方は手に取ったことすらありませんでした。

今回初めて映画を全編通して見た印象は
「あれ?これ、栗本薫の『グイン・サーガ』ちゃうん?」。

それもそのはず、「グインサーガ」は
この火星シリーズにかなり影響されて書かれたのだとか。

それだけでなく世界中のSF・ファンタジー作品に
多大な影響を与えている本作品。
有名なところでは「スターウォーズ」なんかがそうですね。

それだけにどうしても目新たらしさに欠けるのが
興業的な敗因に繋がったのでしょうか?

それにしたって
ファンタジー系の世界観・風景に
異生物とメカが同時に飛び交っていても
みじんも違和感を感じさせず
CGがすんなり画面に納まっているのは
流石ハリウッド
と改めて思い知らされることにはなったのですが…。
(まだ、「カムイ外伝」のあの衝撃が収まっていないものでして。)
 

続きを読む
1

2012/11/18

So, you don’t have to worry, worry 守ってあげたい  MOVIE

以前からそういう傾向はあったとは云うものの
ここにきて
映画を見ておきながら
なんとなくレビューを書くのが億劫になり
後回しにしていたら
累積赤字の如く凄い勢いで溜まってしまいました。

それを打破すべく
まずは手近なところから片づけていきたいと思います。


ということで、本日の記事は
1995年の映画
「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

上映時間はなんと145分。

監督は「ハートロッカー」のキャスリン・ビグロー
原案と脚本は「アバター」のジェームズ・キャメロン
という元夫婦(1991年離婚)コンビのお2人。


で、どういう映画かと申しますと…
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ