2012/8/29

建設作業員は鬼嫁の夢を見るか  MOVIE

映画館が出しているポイントカードの
スタンプが8個たまり
特典として平日限定無料で見れることになったので
台湾から帰ったその足で

「トータルリコール」

クリックすると元のサイズで表示します

見てきました。



…見も知らずの男子とたった2人で。

平日とはいえ、観客2人って!!

思えば
前回コリン・ファレル主演の「フライトナイト/恐怖の夜」を見たときも
開映時間ぎりぎりになるまで
客席には私一人で
「おいおい、大丈夫か、コリン・ファレル。」
と、おもったものですが


本当に本当に大丈夫か、コリン・ファレル?!


そして、やっぱり
どう頭を振ってみたところで
これぞといった感想が出てこないぞ、コリン・ファレル!

とりあえず、
今回の映画は
主人公が「リコール社」を訪れた後に起こった
様々な出来事が

続きを読む
0

2012/8/29

台北に行ってきました  MUTTER

旅行代金全額会社持ちで台湾行てきたよ。

月曜の昼に行て、今日の午前中にもう帰て来たよ。

実質1.5日しか滞在してないよ。

台湾、暑かったよ。
でも、富山も同じぐらい蒸し暑いよ。
 

というわけで
さきほど台湾から帰ってきました。

正確には台湾と云っても台北のみのツアー旅行です。
なんでも今年の4月から
中華航空(チャイナエアー・ライン)が、
富山と台北を結ぶ定期便(週3回)を就航し
殊の外、県がこの便には力を入れて
県内企業に斡旋(?何でも助成金がもらえるらしい)しているのです。

ですので、今回のこの旅行も
名目上は、建設関連の視察旅行です。

視察なうえに旅程が短いだけに
訪れた主な観光地は、
1日目:龍山寺
2日目:国立故宮博物院、忠列祠、淡水

クリックすると元のサイズで表示します
忠列祠。この下で衛兵交代真っ最中。

と云ったところぐらい。

後は全部、視察と云う名のバス移動。

元々の予定では淡水の代わりに九份に行くはずだったのですが
生憎雨天のため、淡水に変更されました。

事前に予習として
わざわざ九份で撮影された「悲情城市」(←何故かセルVHSで所有していた)
見ていったのに…。

そんなわけで

続きを読む
1

2012/8/27

見ようによっては遠藤憲一にも見えなくない  MOVIE

韓国にチョン・ジェヨンと云う俳優さんがいます。

今更、何を云うかと、思われるかもしれません。

なにしろ
「シルミド」や
「トンマッコルへようこそ」
そして、この記事を書くために
プロフィールを見てようやく
あの三男もチョン・ジェヨンだったのかと知った
「ガン&トークス」など、

クリックすると元のサイズで表示します
あ…本当だ。(わざわざ画像検索までして確認しました)

韓流ファンでもなんでもない私でも
随分前から目にしてきている超ベテラン韓国俳優ですが
ここに来て(正確には「ホームランが聞こえた夏」から)
どういうわけか
どの映画を見ても
それがどんな役どころであろうとも
チョン・ジェヨンの一挙一動にときめいちゃって仕方ありません。

何なんでしょう、あの茶目っ気溢れるフェロモンは。
時々妙にかわいく見えて直視できないんですけど…。

今や、レンタルDVD店の「韓国・映画」の棚の前で
パッケージの背にチョン・ジェヨンの顔を目にすれば
即行でレジに持っていく始末です。ウハウハ。
(はい。自分でも引きます。ドン引きです。)

で、本日はこの映画は
これです。

「ウェディング・キャンペーン」

クリックすると元のサイズで表示します
イメージ的には豊川悦司と田辺誠一の中間に位置します。

適齢期を遥かに過ぎた私にとっては
手に取るのさえ赤面物のタイトルでも
チョン・ジェヨンが出演しているので
借りますよ。

そして、見ましたよ。
 
 




続きを読む
0

2012/8/27

健さんは魚が嫌いなんだそうです。  MOVIE

まずは本日、5:00にアップされた
Yahooニュースをまるまる転載。







高倉健、ロケ地・富山刑務所で受刑者350人を前に感涙

 俳優の高倉健(81)が26日、6年ぶり主演映画『あなたへ』(公開中)のロケ地となった富山県の富山刑務所を表敬訪問し、刑務官と受刑者約350人に直接、撮影協力の感謝を伝えた。高倉は映画に込めたメッセージが「人を思うことの大切さ、切なさにもつながる。一日も早く、あなたにとって大切な人の所へ帰ってあげてください」と言葉を詰まらせながら温かいエールを送ると、受刑者から大きな拍手が湧き起こった。

 任侠映画『網走番外地』などを筆頭に絶大な人気を誇った高倉だが、同作では受刑者たちの指導官を演じている。「自分は、日本で一番多く、皆さんのようなユニホームを着た俳優だと思います」と自己紹介して笑いを誘う一幕もあったが、作品のメッセージになぞらえてねぎらいの言葉をかけると、涙する受刑者の姿もあった。降壇後、高倉も同じく「なぜだか涙が出てしまいました」とこぼした。

 富山刑務所を後にした高倉は、TOHOシネマズファボーレ富山にて、妻役・洋子を演じた女優・田中裕子と降旗康男監督と合流し、計4回1000人に向けて舞台あいさつを敢行。「暑い中、こんなにたくさんの方に来ていただいて、とてもうれしいです。6年間休んだことを反省しています」と語りだした高倉に、司会者から「ではまたすぐに次が?」の声。これには「もっと仕事がほしいです」と会場を沸かせた。田中は歌手として劇中で歌声を披露するシーンがあり「本当に緊張しました。家で一人で練習をしていたのですが、恥ずかしいです」と、撮影を懐かしんだ。

 同作は他界した妻が残した最後のメッセージを受け止めようとする主人公が、キャンピングカーで旅をはじめ、さまざまな人に出会い絆に触れるヒューマン作。興行概況は、25日の公開からすでに観客動員10万人突破と好調な滑り出し。50代、60代を中心に堅調に客足を伸ばしている。


と云うわけで

続きを読む
3

2012/8/26

つまりROCKかROCKじゃねえか  MOVIE

本日の映画は
シュールなキャラクター造形と
シュールなストーリーで今尚雑誌連載中にも係らず
漫画→アニメ→テレビドラマ→映画化と
順調にメディアミックス展開を遂げてきた

「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE 」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

原作マンガは一応8巻までは買っていたのですが
9巻を買いそびれったきりそのままになっています。




続きを読む
0

2012/8/25

ぜひとも手に入れたい映画グッズと云えばこれでしょう  MOVIE

映画ファンならまず手に入れたいと思うものってなんでしょう?

フライヤーでしょうか?
パンフレットでしょうか?
前売りチケット特典でしょうか?


私はあれですね。
見るたびに強烈に
「欲しいぃぃぃ!」となるものの
実際に買うまでには至っていないあれ。

つうか高価すぎるんですよ、あれ。
クオリティーもお値段も。
そう、それは
0

2012/8/21

本日は『泣ける映画教えてください』にお答えしましょう。  MOVIE

韓国にチョ・ジンモと云う俳優さんがいます。

結構好きな俳優さんなので
テレビドラマ以外、映画であれば
DVDは目に入り次第借りては見ているのですが

どういうわけか
これまで見てきた映画では
8割がた「心根が優しすぎるため不幸となり」
その5割がた「最後には死にます」。

お顔立ちが整っているのですが
(個人的には韓国俳優1正統派美男子だと思う)
どことなくもっさい印象を受けるせいかもしれません。
 
ゆえに大変に仕事はできるけれども
金銭欲とか出世欲がなく
味方が少なく敵が多い役どころが
よく回ってくるように見受けられます。

そんなわけで
今回借りてきたのは
 
「愛 サラン」

クリックすると元のサイズで表示します 

というDVD。

なんかもう、DVDジャケットからして
獰猛な不幸臭が漂ってきてるんですが…。
そして、極めつけに
「韓国で200万人が涙した」とか書いてあるんですけど…。

韓国の2007年の人口は4905万人だそうですから
全国民の4%がこの映画を見て泣いたことになります。
意外と少な!と思いましたが、
日本の人口で比較するとだいたい
「500万人が泣いた」
に相当するわけです。
そして、その割合に合致する日本映画を検索すると
真っ先に出てくるのがこれ
キミとボク」 (の原作)。
また、日本で「泣ける映画」と云えば
その代表格である「恋空」では2500万人が涙したんだとか。

まあ、そのくらい凄いってことです。
いや、逆に凄さが薄まりましたか。



と、なんでここまで長々と
前フリに力を入れているかと申しますと


続きを読む
0

2012/8/19

眉毛は顔の一部です。……そりゃそうだ。  MOVIE

映画を見たのはいいけれど
いくら頭を振ってもこれといった感想が出てこず
結局、ブログ記事に起こせないまま
放置してしまう映画が過去いくつかございます。

それが何故か私の場合、
コリン・ファレルが出ている映画に多いのです。

あの眉毛が全ての思考を麻痺させるのでしょうか?
それとも「映画を見る」が「眉毛を見る」
に脳内変換されてしまうのでしょうか?

一応今回、
「ロンドン・ブルバード −LAST BODYGUARD−」

クリックすると元のサイズで表示します

というDVDを見たのですが、

う〜ん。


見どころは
オープニングクレジットがレトロチックでオシャレ?

クリックすると元のサイズで表示します
色むらがありいかにも手描きなOPクレジット。

そして、ファン以外はたいして嬉しくもない
連続写真なコリン・ファレル。

クリックすると元のサイズで表示します
5日間搾り出して出てきた感想がこれだけって…。

映画冒頭から感じられる淡々とした佇まいと云い
アルファベットの副題と云い
この時点で既に
爽快なラストを迎える予感がこれっぽっちもいたしません。


ああ、もうこれだけで
ブログに書く気力がみるみる削がれていくようです。
 
 

でも、頑張ります。
2

2012/8/19

日本よ、いや世界よ、これが映画だ。  MOVIE

本日の映画は
夏まで待てないと思っていたら
すぐに夏が来てまごまごしているうちにもう秋ですよ
という気分の中で見ることになった
「アベンジャーズ」(3D・吹き替え版)

クリックすると元のサイズで表示します

です。

一般上映が始まったばかりですし
想定外に竹中直人の声が耳から脳を侵食し
ニック・フューリーがどうしても直人にしか見えなかったため
後日改めて2D(字幕)で見ることになると思いますので

主な感想はその時にでも。

今の時点はとりあえず云っときたいことだけを
書き殴ります。


さて、ここにきてもまだ
エンドクレジット、エンドロールが始まる前に
退場する人が結構いらっしゃいましたが

これから見る方は絶対それやっちゃダメですよ!
これで終わったなんて思ったら大間違いですよ!

まあ、人にもよるのでしょうが、私は

エンドロール後の1シーンがもう大好き

ですので、あれを見逃して帰るなんてありえません。

最初「日本よ、これが映画だ。」
と云うコピーを見たとき
「なんと大仰なコピーを持ってくるものよのう。」
ぐらいにしか思っていなかったのですが

いや、これが映画ですよ!!

「これは映画館で見なければあかん!」
となるのが映画ですよ。

本日は富山県民の日ということで
入場料1000円(3Dは1300円)でしたが
これなら2000円(正規入場料)出せます。

まあ、正直エンドクレジットに入ったときは
「いいんだけど、ちょっと物足りないなあ。」
と思いましたよ。

でも、ラストシーンを見るためだけに
私はもう一度2000円出せます。

そういう気持ちにさせる。
それが映画ですよ。

2時間半は流石に長いので
あのシーンだけをA_Bリピートボタンで
1時間ぶっ通しで繰り返し見るのに2000円出してもいいです。
いや、出します。
なんならDVDもしくかBRが発売され
TSUTAYAかGEOで旧作に落ちた暁には
実行します。


続きを読む
1

2012/8/17

フ…これだけはいっておく この世で伝承者はふたりはいらん  MOVIE

先日の
「リドリー・スコット×トム・クルーズ」
でも大敗を喫した
「ファンタジー克服作戦」の反省の意を込めて

本日の映画は
「ダークファンタジーならいけるじゃね?」
という安易な予測の下
選抜してきたファンタジー映画
(でも「洋画アクション」の棚にあった)

「デス・リベンジ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

主演がジェイソン・ステイサムなら固いという
云われなき自信を持って借りてきました。

まあ、見てください。
オープニングのこの映像を。

クリックすると元のサイズで表示します
見て、この美しい風景。たぶんCGだろうけど。

クリックすると元のサイズで表示します
美しいだけでなくちゃんとダークな要素も含まれています。

これをファンタジーと云わずしてなんと云おうか。
途中途中に、レイ・リオッタによる
濃厚キスシーンが入るのも(しかもスクリーンいっぱいにだ!)
なんとも得難いものがあります。

 
 
 

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ