2012/7/30

大切なのは『真実に向かおうとする意思』だと思っている  MOVIE

本日の映画は

クリックすると元のサイズで表示します

「公共の敵」です。
ついこないだ見たあれの第1弾です。

シリーズものは立て続けではなく
なるべく間をおいて見ることにしているのですが
いても経ってもいられず
TSYTAYA店舗検索して
1週間と待たずに借りてきてしまいました。

ちなみに「公共の敵2 あらたなる闘い」は
どこにもおいていなかったので 
代わりに
勢い止められず
「トラブル・シューター 〜解決士」まで借りてしまいました。
 
 
え〜、
ソル・ギョング、そんなに好きなわけでもないんですけどね。

でも、まあ、このソル・ギョングは何度でも見たくなります。
 
 

 
 


続きを読む
0

2012/7/29

ラテン・バイオリズムでいこう!  MOVIE

というわけで
本日のDVDは
「ルドandクルシ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ラテン系だからなのかとにかく
何もかもがアッケラカンとしていて
敷居が大変低いこの映画。


続きを読む
0

2012/7/28

自分の正義をしきりに力説する者すべてに、信頼を置くな!  MOVIE

まあ、なんですか、
時の経つのは早いもので
ここのところの気温と湿度の高さに
ぼぉ〜っとしていたら
いつの間にやら
「ダークナイト ライジング」の先行上映が
始まっているじゃないですか?

前作「ダークナイト」は
なんとなく見なくちゃアカン
みたいな世間の風潮に流され
一応目を通したのですが、

あれ?
その前になんかあったよね?
誕生篇みたいのが?

え〜っと「ダークナイト ビギンズ」でしたっけ?

と思って、もよりのTSUTAYAで探したら
運良く「洋画アクション・タ行」のコーナーではなく
特設コーナーがあったので難なく見つかりました
「バットマン ビギンズ」。

あ、ここでの表記はバットマンでいいんですね…。

世間ではみな
いち早く「ダークナイト ライジング」を見て
テンションを上げたり下げたりしていて
もはやよく覗きに行く映画レビューサイトの
殆どで取り上げられているから
ネタバレが怖くてネットサーフィンすらできない

というのに
何が悲しゅうて
遅ればせながら本日のDVDは
これですよ。


クリックすると元のサイズで表示します

です。


 
続きを読む
0

2012/7/26

逞しい男になれと願いをこめて父さんがつけた名前だ  MOVIE

先日、郵便局の非常勤をしている友人と逢ったとき

次のアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズは何が来るか?
と云う話題で盛り上がりました。

いい年ぶっこいてする話題でもありませんが
ライトオタクが2人集えばこんなもんです。

ご存知の方はご存知と思いますが
アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズというのは
天下の郵便局が簡保で集めたお金で
不定期(年に2〜3回)で発行している
80円切手×10枚1シートの人気シリーズで
これまでに
「ポケットモンスター」
「機動戦士ガンダム」
「銀河鉄道999」
「名探偵コナン」
「新世紀エヴァンゲリオン」
「未来少年コナン」
「まんが日本昔ばなし」
「機動警察パトレイバー」
「ゲゲゲの鬼太郎」
「名探偵コナン」(2度目)
「NARUTO-ナルト- 疾風伝」
「ケロロ軍曹」
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」
「ちびまる子ちゃん」
「ONE PIECE」
「ベルサイユのばら」
「ドラゴンボール改」
が切手化されています。

これから切手になって欲しいアニメとして
「サイボーグ009」(←大本命)
「聖闘士星矢」
「キャプテン翼」
「北斗の拳」
「タッチ」
「うる星やつら(もしくは他の高橋留美子作品)」
など、ナツアニのタイトルが並ぶなか
友人のイチオシがなぜか

「惑星ロボ ダンガードA」

理由はただひとつ。
トニー・ハーケンの切手が欲しいからだそうです。
(「マジンガーZ」のブロッケン伯爵でも可らしい。ドイツ好きなのか?)

クリックすると元のサイズで表示します
上が主人公一文字タクマ、下がトニー・ハーケン。
昭和のお子様はこの作品で始めてパイプオルガンと云う楽器を知りました。


彼女に云わせれば
古今東西トニー・ハーケンに
勝る美形敵キャラは未だ尚登場していないそうなのです。


だからって、「ダンガードA」は
企画すら出てこないと思うぞ、我が友よ。

確かにわしらはOPもEDもソラで歌えもするが
郵便局員の9割の局員はタイトルすら知らんと思うぞ。

ちなみに私はトニー・ハーケンより
大星秀人の方が好きだったので
切手になるときは是非秀人君も入れて欲しいぞ。


まあ、そんなわけで本日の映画は

1977年と78年に
「東映マンガまつり」の1本(でも、めだま)として
劇場公開された
「惑星ロボダンガードA対昆虫ロボット軍団」
「惑星ロボ・ダンガードA 宇宙大海戦」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

 

続きを読む
2

2012/7/26

インドの本気  MOVIE

我が国が
「クールジャパン」だのウダウダ云っては喜んでいる隙に
インドがこんな映画を作っていました。


という感じのインド人にビックリな映画

「ロボット」

クリックすると元のサイズで表示します

を見てきました。

去年末公開された
「トム・クルーズ ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル」
でもそうでしたが

いつの間にここまで未来都市に成長したのでしょうか、インド?
BRICsの成長、凄ぇぇぇ!
 
市立図書館でさくら剛の
「インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも 」
を借りて読んでからまだ5年くらいしか
経ってないような気がするのですが
どこにもこんなスタイリッシュなインドなんて
書かれていなかったような…。

「韓流映画」に気を取られているうちに
日本であれば確実にアニメでやっているか
CG実写でやって散々叩かれているか
そういう映画をインドが作っちゃいました。

エンドクレジットの長いこと長いこと。
本編終了から客灯まで何分あったのでしょう?
普段なら、客灯が付くまで
絶対微動だにしないような映画ファンしか
見に来ないようなミニシアターで上映されたというのに
待ちきれずお客さん、帰っちゃいましたよ。

 
 
 
 


続きを読むよりこの映画をぜひ見てください。
0

2012/7/25

世界の真理は、その入口を発見することからはじまる  MOVIE

本日見た映画は
「素粒子」と云うドイツの映画

クリックすると元のサイズで表示します

です。

原作は
「フランス文学最大の衝撃作!」と謂われた
(らしい。訳本の帯文によると)
ミシェル・ウエルベック作「素粒子」
なる長編小説。

フランスの小説が何ゆえ
ドイツで映画化されたかは判りませんが、
TSUTAYAの棚でタイトルだけ見て
衝撃的に借りてきたため

この人が出てきて

クリックすると元のサイズで表示します
最初の出会いはご多分にもれず「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

ようやく借りてきたのがドイツ映画と気がつきました。

ドイツ映画というと決まってこの俳優出てきませんか?
え?そんなの、私だけ?
それにしては何度見ても名前覚えてないんですけど。

モーリッツ・ブライプトロイ。

…。
あ、ゴメン。
私の記憶力じゃ無理。
モーリッツまではともかく、ブライ何?

顔は一度見たら忘れられない面相だというのに…。


それはさておき、「素粒子」という硬質な邦題は
確かにドイツ映画っぽいです。

映画から想像し得る原作のイメージは
勝手な憶測ながら日本における村上春樹。

特に「ノルウェイの森」の村上春樹。

いや、「ノルウェイの森」も原作は20年以上前に
一度ざっと読みしただけですし
松ケン主演の映画も見ていないので
非常に適当なことを書いていますが
イメージとしてはあんな感じです。

正直なところ、ちゃんと理解できていないんです、この映画。
映画でどういう人物のどういう人生が描かれているのかは
見れば判るのですが、
「で、何が云いたいの?」
と肝心なところが全く理解できていないのです。 

まあ、そういう映画です。





続きを読む
0

2012/7/23

そもそも天職はなるものじゃない、. 気がついたらなっているものだ  MOVIE

黄色人種ではあまり例がありませんが、
プロテイン飲んでステロイド打っているような国では
野放しにして犯罪者として人様に迷惑をかけるくらいなら
警官もしくは刑事になってくれたほうがまだマシという
人種の方がいらっしゃるようです。

ようは真っ当に身銭を稼ごうと思ったら
就職先は警察しかなかったという方です。

本日の映画の主人公もそんな人種のお1人。

というわけで本日の映画は
変にせこい悪徳刑事が活躍する映画「ブリッツ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ですので、
もちろん野放しにするよりはマシな刑事を演じるのはこの人。

 
続きを読む
1

2012/7/22

晴れた空の青さだけじゃもはやかばいきれなくて  MOVIE

晴れ渡る青空に浮かぶ白い雲。

クリックすると元のサイズで表示します
あれ?デジャブー?

公開初日のテレビCMに「大ヒット中」などと
在りえないテロップがつくような
ちょっとした若者向け日本映画であれば
劇中のどこかに必ず使われているこの構図。

「みんなそんなにこの絵面が好きか?」
と、
その辺のシネコンから出てきた若者をひっ捕まえて
問い詰めたくなるそんな1ショットから始まる映画が

本日の映画「シャッフル」
 
クリックすると元のサイズで表示します

です。

ついでにこの1ショットで終わります。

…うむぅぅ。

ジャケットを見た感じでは
なんとなく良さげだったのですが
これは失敗したかな?

 


 

続きを読む
0
タグ: シャッフル

2012/7/22

あったらあったでないならないで  MOVIE

DVDを借りてくるたびに
常々思うことに
「本編前の『新作案内』『劇場公開案内』を何とかしてくれ!」
というのがあるのですが、

本日のDVDはありがたいことに
いきなり「新作案内」なしで、
本編からズドンと始まります。

しかし、ここで改なる問題が
「新作案内」のない作品は、
意外とアレな映画にぶち当たる確率が高いとか…。

とは云うものの
この映画、外国での評価が非常に高いのです。

公式サイトで紹介されているだけでも

ファンタランド大賞(観客投票)5位
ニッポンコネクション(ドイツ・フランクフルト)2009 正式招待
バルセロナ・アジア映画祭 2009(スペイン・バルセロナ)正式招待
シアトル・トゥルー・インディペンデント映画祭2009 正式上映
ニューヨーク国際インディペンデント映画祭 2009 最優秀長編映画賞(外国語部門)
トレゴール映画祭(フランス・ストラスブール)
最優秀撮影賞受賞/最優秀助演男優賞ノミネート
第17回レインダンス映画祭(ロンドン)最優秀超低予算映画賞ノミネート
ニューヨーク国際インディペンデント映画祭 最優秀監督賞/最優秀スリラー賞
第20回ストックホルム国際映画祭(スウェーデン・ストックホルム)正式招待 特別賞

ざっとこれだけあります。

大半がインディペンデント映画祭というのが
少々気になりますが
それでもたいしたものです。

そして、日本でも

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009
オフシアターコンペティション入選 




…ゆうばり。


ゆうばりですか、はいはい。
 
個人的には
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭と聞くだけで
どうも見る気力を削がれてしまうのですが


 
とりあえず一見は百聞に如かずです。
自分の目で見ないことには何も始まりませんからね。

というわけで
本日の映画は。「ロックアウト」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ジャケットにはスウィーニー・トッドみたいなのが
映りこんでいますが、ホラーではございません。

内容は
惹句である「抑えろ 内なる 暴力性。」
そのまんまの映画です。
 
 
 
続きを読む
0

2012/7/21

娘さん、よく聞けよ、山男にゃ惚れるなよ  MOVIE

世の中には
内容を知らないまま、
できれば一切の情報をシャットダウンしたまま見たほうが
面白い映画ってありますよね?

でも、そういう映画に限って
予告編で変にネタバレしていたり
クチコミで話題になって
始めてその映画の存在を知ったりするものですから
こちらの耳に届く頃には、内容込みで届くことが多く
なかなか「無垢」の状態で見ることができません。

本日の映画もまたしかり。

TSUTAYAの準新作コーナー(まだまだ人気)に
並んでいる今となっては
だいたいどういう映画なのか
このDVDを借りる9割の人は判って借りているはず。

ですので、この先の記事に関しましては
残りの1割の方と
まったくこの映画をご存知ない方は
下手にお読みにならないほうがよろしいかと思います。
 
というわけで、本日の映画はこれ。

邦題(特に副題)に「史上最悪」がついている
シリーズ(*)最新作
「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」

クリックすると元のサイズで表示します

です。
 
 
 
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ