2012/5/31

認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを。  MOVIE

本日の映画は
個人的には
このシリーズをまともに見るのは実はこれが始めて
という秘蔵の1本

クリックすると元のサイズで表示します

「007/カジノ・ロワイヤル」です。



…いや、さすがにこれは嘘です。

なんかだいぶ前に
作中でボンドカーが誇らしげに紹介されたのはいいけど
結局、本編では一度も活躍することなく
お時間もなくなったところで
ボンドカーの本領発揮は次回作に持ち越し!
みたいな007シリーズを見た記憶がうっすらとあります。

う〜ん、なんだったんだ、あれ。

あの時ボンド役を演じていたのが
たしかピアース・ブロスナンだったような気がするので
おそらくは「007 ゴールデンアイ」じゃなかったかと思います。

と、若干記憶が怪しくなってきましたが
それ以来の007シリーズ視聴です。

007シリーズというと
はるか昔、土曜の午後1時とか2時ぐらい
半ドンで学校から帰ってくる頃に
お茶の間でこのシリーズの吹替え版が
しょっちゅう放映されていたのを
角の米屋のプラッシーが醸し出すほのかに甘い香り
と共に思い出されますが、
ありたいていに云えば
その頃は映画という名がつくものは殆ど見ていなかったため
当然のことながらこのシリーズも見たことがありませんでした。

それが何ゆえ今になって
DVDを手に取ったかと申しますと

2006年以降の007シリーズと云えば
本ブログが推奨している
世界二大脱ぎ男優の一人、ダニエル・クレイグ氏の代表作!

これを見過ごすわけにはいかないじゃないですか。

007シリーズなのでじっと待っていれば
遠からずのうちにCSのどこかの映画専門チャンネルで
放送されるに決まっているのですが、
放送されるのがどうにも待ちきれず
とうとうGEOの準新作・旧作50円で借りてきました。

で、早々に感想。

「OPが超(ダサ)カッコいい!!」

クリックすると元のサイズで表示します
訳詩がわざわざ字幕スーパーされているのがなんともまた…。

おかげで歌詞全部メモっちゃいましたよ。
 
 
続きを読む
0

2012/5/30

まちがいだらけの空に死にかけた青春が一匹飛んでいく  MOVIE

本日のDVDは
同じようなタイトルの映画があって
どうにも紛らわしい邦題の

「CITY OF DOGS」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

邦題はともかく
DVDパッケージにデカデカと写っている
主演のロバート・ダウニー・Jr.をはじめ
シャイア・ラブーフ、
チャニング・テイタム、
ダイアン・ウィースト、
エリック・ロバーツと共演もなかなか豪華です。

なのに劇場未公開とはこれ如何なることか。

 
 
続きを読む
0

2012/5/28

すべてを疑え  MOVIE

本日の映画は
これまで、全く琴線に触れていなかったのに
ライアン・レイノルズが主演というだけで借りてきた
「[リミット]」 
 
クリックすると元のサイズで表示します 


です。

たしかに96分(実質は90分)出ずっぱりでしたよ。
ええ、ええ。
 
 
 

続きを読む
0

2012/5/28

だから、我が家では「〜だぜぇ」ではなく「〜なのね」を語尾に付けるのが流行ってる  TV

突然ですが
テレビを見る時間があれば
その時間を映画のDVD鑑賞に当ててしまい
ふだん、殆どドラマを見ることのない私といえども
今期のテレビドラマで唯一欠かさずに見ているドラマがあります。

それがTBS系列局で日曜午後9時から放映中の
「ATARU」です。

主演は40歳を目前とした中居正広さん。
引きのシーンではまだまだキュートに見えますが
目元のしわが気になるお年頃です。

噂によりますと
視聴率はそこそこあるようなのですが
(今調べたら、あの「南極大陸」より低かったぞ!)
残念ながら私の周りでは誰も見ておりません。

やはり、主演が中居正広というのが
いけないのでしょうか?

いやいや、そんなことはないはず…。

ということは
裏があの「家族のうた」だからでしょうか?

うん、きっとそうです。そうに決まっています。

私が「面白い」とここのブログで書くと
さらに見てもらえなくなる可能性大と知りつつ
こんなことを書くのは大変もうしわけありませんが
かなり「面白い」のに勿体無い…。

いや、
こんなことをくどくど書き綴っていては
話が無駄に長くなるばかりです。
(実際、「勿体無い…」から「いや」までの間に
このドラマについていろいろ思いを書き綴ったところ
本当に長くなったので潔く全部削りました。)



まあ、たしかに最初は私も劇中海外ドラマ
「シンクロナイズドスイミング刑事 シーズン7(日本語吹替版)」

クリックすると元のサイズで表示します
ナンシーとダニエルの今後も気になるところ。

が楽しみで毎週このドラマを見ていた節がございます。

ところが、
昨日放映された「case 7」。

ここでの

 
続きを読む
1

2012/5/27

多くの失敗が経験となりいい判断を下せる  MOVIE

フライヤーにゴシック体で
黒々と書かれたキャッチコピーは
「この男、完璧」。

う〜ん、広告に偽り無し。

というわけで本日のDVDは
ファンが常日頃思い描いておるであろう
ジェイソン・ステイサム像を
ジェイソン・ステイサム本人が完璧に演じている
映画「メカニック」

クリックすると元のサイズで表示します

です。
 
 
 
続きを読む
1

2012/5/26

チームでなくともドラえもん1体あれば事足りるような気がする…  MOVIE

来るべき8月17日の公開に向かうべくして
ようやく関連作品を全て見終わりました。

公開順序とはたがえども
アイアンマン」に始まり
アイアンマン2」をDVDで
そして個人的には初3D鑑賞となる「マイティ・ソー」を経て
CSにて「インクレディブル・ハルク」を鑑賞した上で
TSUTAYA 準新作・旧作100円レンタルのおかげで
なんとか「アベンジャーズ」公開前に
「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

クリックすると元のサイズで表示します
元祖アメリカ七三ヒーロー。しかし今年の流行は八二だ!

にたどり着くことができました。

並べてみるとそんなたいした道のりでもありませんが
「やっと」という思いがいたします。

しかも、この万感の思いを誰かに伝えたくても
世代的(*)なものか、
相変わらず廻りに語れる相手が一人もおらず
これを書いている今では
コンプリート鑑賞直後の有頂天ぶりが
すっかり冷め切っているのがなんともはや。

しかも8月17日公開の後も
「アイアンマン3」やら「マイティソー2」やら
「キャプテン・アメリカ2」
そして「アベンジャーズ2」が控えておるというではありませんか。

なんという大プロジェクト。
どんだけ稼ぐつもりか、マーベル社。
…いや、違う、陰で操っているのはディズニーか。

それにしても
同じ出版社で誕生したヒーローどもとは云え
ガンマ線浴びてモンスター化した二重人格者と
自社製作のパワードスーツで戦う元兵器工場社長と
宇宙の彼方からトンカチと共に落ちてきた俺様神様と
コールドスリープから目覚めた前大戦の英雄が
共にチームを組んでアメリカ世界のために戦うなんて発想
良くもまあ思いつくものです。

それだけではなく
 

続きを読む
0

2012/5/26

これはゾンビですか?  MOVIE

話は変わりますが、
レンタルDVD店内をうろつきながら
時折、私は思うのです。
「ゾ」で始まる邦題を付けられたDVDがなんと多いことかと。

もちろん
「ゾ」の後には「ン」が来る邦題のDVDです。

確かに語尾に「オブ・ザ・デッド」がつくDVDも数多ございます。
しかし、「ゾ」ではじまり次に「ン」が続くDVDも負けてはいません。
なにしろ
ここ3年ほどでリリースされたものだけでも

ゾンビアス
ゾンビ2030
ゾンビ大陸 アフリカン
ZOMBEHEADS ゾンビヘッズ〜死にぞこないの青い春〜
ゾンビ・クロニクル
ゾンビパーク
ゾンビの怒り
ゾンビハーレム
ゾンビ・ストリッパーズ 
ゾンビランド
ゾンビハンター2022
ゾンビ・オブ・ザ・デッド 夕陽の決闘
ゾンビVSチアガール
ゾンビ・オブ・ザ・デッド 感染病棟
ゾンビ・ホスピタル
ゾンビ・ナース
ゾンビ・トランスフュージョン
エトセトラエトセトラ。

これに
「○○○○ゾンビ」や「○○○・オブ・ザ・デッド」
といった邦題のDVDを加えると、
それはそれはもの凄いことに…。
(そして、往々にして「○○○○ゾンビ」という邦題はたいがい
やる気が見えないし、見る気も出ない。)

比較的新しめのモンスターでありながら
(世にその存在を知らしめることとなった
映画「ゾンビ」の公開は1978年。
「なんちゃら・オブ・ザ・リビングデッド」の先駈け
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の公開でも1968年。)
おそらくはその数たるや
他のモンスターの追随を許さないに違いありません。

嗚呼、
どんだけ、「ゾンビ」が好きなんだ、世界人類よ。
「私、生まれ変わったらゾンビになる!」…ってか?

そんな世界人類はどうであれ、
私個人といたしましては
「ゾ」から始まる映画は
率先して手を出すようなジャンルではございません。

「だって、醜いものは見たくないから…」
というわけでもありませんが、
これまで殆ど見たことがありません。

せいぜい「ワイルドゼロ」と
「ショーン・オブ・ザ・デッド」ぐらいでしょうか。

本日
TSUTAYA 富山県内限定 準新作・旧作100円
で借りてきたこの「ゾンビ処刑人」も

クリックすると元のサイズで表示します

どちらかと云うと
「バディ・ムービー」
として借りてきたようなものです。

 
 
…嘘だけど。
 
 


続きを読む
0

2012/5/25

紳士たるものはいかなる目的のためにも、いかなる場合にも、きたないことをしてはならない。  MOVIE

本日の映画は
どうも監督の頭の中では続編が決定しているらしい
イギリス映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ロックンローラ」です。

監督は今絶好調のガイ・リッチー。

ガイ・リッチー監督の映画は
遠い昔に
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」
「スナッチ」
(そして、私に拙いおつむにかかってはどういう内容だったか殆ど記憶にない)

最近になっては
「シャーロック・ホームズ」
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
を見たくらいです。
しかし、こんな私でも
どの映画も「ガイ・リッチー以外の何者でもない」
と、妙に納得してしまうから不思議。

毎度毎度、
男たちが殴りあったり撃ち合ったりと
暴力シ−ンがかかせない割には
どことなく品があるのは
やはりイギリス映画だからでしょうか?
それともイギリス映画と知って見るからでしょうか?




続きを読む
1

2012/5/23

世界中を敵に回す覚悟で物申す  MOVIE

のっけからこう語ってはなんですが

ジョニー・デップ出演作って
それなりにどれもヒットぶっこいてますけど
あれって本当に面白いと思われているのでしょうか?

いやいや、お怒りになられるのはごもっとも。

確かに私も
「ギルバート・グレイプ」や
「妹の恋人」や
「アリゾナ・ドリーム」
などの過去作は好きですし
「ラスベガスをやっつけろ」はもちろんのこと
一部映画ファンの間では
「退屈だ。」「眠くなる。」
と、わりかし不評だった「デッドマン」に到っては
モノクロ映画の最高傑作と思っております。

ただ、
「スリーピー・ホロウ」から始まって
「ナインスゲート」
「フロム・ヘル」
「シークレット ウインドウ」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
と続く(ゴシック)ホラーとかいうジャンルは
どれひとつとしてピンとこず
はたまた
代表作である「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズに関しては
三部作計画があることを知らずして
第2作目の「デッドマンズ・チェスト」を公開時劇場で観た際、
散々ドタバタした挙句、問題山積みのまま
「to be continued」
というクライマックスに
思わずこめかみの血管がブチっとなったため
それ以降続編は見ておりません。

それなりに映画を見ている間はなんやかんや楽しいので
「チケット代返せ!時間を返せ!」とまではいきませんが
少々の不満が残るのが定番となりつつある
ジョニー・デップ主演映画。

正直申しまして
昨今のジョニー・デップ作品は
ただ、ジョニー・デップが出ているだけで
何かと話題となり
予告編やCM、宣伝がばんばん打たれているものの
映画そのものには食指が動かないというか、
レンタルDVDはおろか地上波で放送されていても
率先して見る気にはまあなれないのです。

それでしたら、
いっそのこといつでも見れるDVDや録画できる地上波と違い
上映期間に追い詰められる感じがする映画館の方が
まだましなのでは?
と、ふと、思い立ち
TOHOシネマズ水曜レディースデー1000円
で見てきましたよ、

クリックすると元のサイズで表示します

「ダーク・シャドウ」。





で、感想。

…え〜っと、
世の女性は
本当にこんなジョニー・デップの映画お好きなんですか?

 
 
 
 
続きを読む
1

2012/5/22

やめろと言われても今では遅すぎた  MOVIE

本日の映画は

1998年のアメリカ映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ラスベガスをやっつけろ」です。

「ラスベガスをぶっつぶせ」ではありません。


ストーリーを15文字以内で説明いたしますと

ハゲとデブが終始ラリっている。(15文字)」

そんな映画です。
あながち間違っていないと思います。


ともあれ、映画史上
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ