2012/3/22

やめられないとまらない  MOVIE

今岡信治監督の映画は
ものがものだけに 

デビュー作の
「獣たちの性宴 イクときいっしょ(改題・『彗星まち』) 」
「熟女・発情 タマしゃぶり(改題・『たまもの』) 」
「かえるのうた」
「島田陽子に逢いたい!」
ぐらいしか見てないのだけれども。

今回たまたま見た
「青春H ゴーストキス」

クリックすると元のサイズで表示します 

という映画 
 

キャストスタッフ等一切情報を
頭にいれないまま
CSで放映されているのを何の気なしに見たのですが





続きを読む
0

2012/3/20

ヤマトの諸君、また会えて光栄の至りだ  MOVIE

角川映画
監督 佐藤純彌
製作 角川春樹
上映時間 2時間25分
製作費 約25億円 (「天と地と」 「落陽」の約半分)

そして、主題歌 長渕剛


これだけで

見る前から
「え〜。」って足が鈍る
という映画ファンも少なくはないはず。

判ります。判ります。

でも、25億かけた映画を
往復はがき代100円で見れるとしたら?

そんなわけで何をいまさらとは思われましょうが

子ども向けふるさと文学関連映画鑑賞事業
富山ゆかりの映画を観よう
「男たちの大和/YAMATO」上映会

クリックすると元のサイズで表示します

に行って来ました。


なんで富山ゆかりかと申しますと
原作者でもあり
角川春樹の実姉でもある辺見じゅんさんが
富山県富山市出身だからなのです。
(つまりは春樹もそう。)

「子ども向け」と銘打たれているにしては
会場の約9.5割がどう見ても成人、
しかもそのうちの7割は
中高年よ。いつまでもあると思うなツヤと張り…。
な方々でした。

謹んでお喜び申し上げます。


で、感想。
続きを読む
0

2012/3/19

幸せのうちに死んだ人だけが唯一、幸運な人と呼べる  MOVIE

本日の映画は
ウィレム・デフォーの名前に惹かれて
「狂気の行方」
というDVDを借りてきました。  

クリックすると元のサイズで表示します

原題は
「My Son, My Son, What Have Ye Done?」

なんというか
一言で説明すると
男性版「ブラックスワン」?





続きを読む
1

2012/3/19

パッション&ビューティに加えてメルシーボクゥよぉ  MOVIE

本日見た映画は
「超笑撃的功夫混乱少年 真一文字拳」
という日本映画です。

タイトル長いです。

もともとは
 「聖白百合騎士団 SUPER GORE GIRL」
という映画と二本立てで公開されたため
上映時間は53分しかなく
DVDリリースの際には
単品で発売されたので
非常に「分単価」のお高いDVDとなっております。

タイトルは長いけれども上映時間は短いです。

もちろん、タイトルから想像か付くように
その「分単価」に見合うような作品ではなく
こんなん借りるくらいなら、
GEOで云うところの「まだまだ人気作」シールが
貼り付けてあるような旧作DVDを借りた方が
よほどマシな気もしないではありませんが
ついうっかり
このパッケージと

クリックすると元のサイズで表示します

目が合ってしまったので仕方ありません。

 
 
続きを読む
0

2012/3/18

男には、負けるとわかっていても、戦わなければならない時がある  MOVIE

本日見た映画は
またもおフランス映画
タイトルは「ラスト3デイズ 〜すべて彼女のために〜」です。

公開時、
タイトルは「すべて彼女のために」でしたが

その後
アメリカでラッセル・クロウ主演でリメイクされ

その際
「スリー・デイズ」というタイトルがつけられたため

本作もDVDタイトルは
それに便乗してか
「ラスト3デイズ 〜すべて彼女のために〜」

クリックすると元のサイズで表示します

となったようです。





…ああ、配給会社さん、
あんたぁ、なにしてくれてんねん!


いや、いいんだよ。
そりゃアメリカさんに併合したくもなるでしょうよ。
世界のアメリカさんですしね。
このタイトルなら
オリジナルとリメイクの親密性もグッと高まりますしね。


にしても配給会社さん、あんたぁ、なにしてくれてんねん!

 
 
続きを読む
0

2012/3/17

どうしてエレクチオンしないのよーッ!!  MOVIE

クリックすると元のサイズで表示します
CMネタのため判りにくいでしょうが、本日のタイトルに対するレスポンスです。

本日の「日本人の知らなくていい日本語」=エレクチオン。
ひとつ新しい言葉を学習したのに
思いのほか嬉しくないのはどうして?

まあ、ここにきて
何ゆえ今頃になって「池上遼一」?!
と、自問しても始まりませんが
突然炎のごとく
「クライングフリーマン」とか云う
おフランス製の映画が
どうしてもどうしても見たくなり

クリックすると元のサイズで表示します
ミーはおフランス製の映画を見るザンス

熱に浮かされるようにして
探し回ること1週間。

最寄のレンタルDVD店4軒には
在庫どころか存在すらないことが判明いたしました。

…チッ、想定内だよ、そんなこたぁ。
いつものこと、いつものこと。

しかし、それでもめげず諦めきれず
ここは最後の手段を用いることに…

そう、
戸締り用心火の用心。世界は一つ人類は皆兄弟。
いまや、世界はネットという蜘蛛の糸で結ばれているのです。
Yではじまる国際的動画サイトで検索すると

ありましたありました。

音声、英語
字幕、スペイン語

って奴が。


…スペイン語か。
せめて中国語であってほしか…
いやいや
この際、見れるのであれば何でもいいです。
言語なんて二の次です。

虚仮の一年岩をも通す心意気で拝聴させていただきました。

ええ、ええ、たとえ、映像が11分割されて
9番目だけが欠番であったとしても
見れれば良いのです。

…。

つうか、何があったんだ、9番目?!

 
 
続きを読む
1

2012/3/16

これは傍から見れば同属嫌悪かもしれませんが  MOVIE

私も世間の人並みに
twitterとかに登録しているのですが

どうもダメ。

合わない。

個人の思考の垂れ流しと云うか
自分、テレパスでもないのに
勝手に人の考えが頭の中になだれ込んで来て
「助けてぇぇ〜!!」
という気分に陥ってどうもなじめません。

そんな私ですから

この映画は冒頭からすでに後悔後に立たずですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「モテキ」。
 

この映画、 
ナタリー、twitter
ヴィレッジヴァンガード下北沢店
ロフトプラスワン
「このマンガがすごい」的マンガ
懐かしJ・POP
神聖かまってちゃん
ももクロ
その他サブカル的な記号を
散りばめて
「な、判るでしょ。こういうのイケてるでしょ?ね、ね。」
と同意を求められているような。


確かにこの記号の9割は知っています。


でも、
…ごめん、なんか気持ち悪。

いったん、中に入ってしまえば
これ以上楽しいことはないほど楽しいとは思います。

否定するわけではありませんし
正直羨ましいところもあります。
が、そういうやや閉鎖的なコミュ的仲間意識に
乗れない人間もいるんですよ、ここに。











続きを読む
0
タグ: モテキ

2012/3/15

猫は森に帰そう 猫の名はケムリ  MOVIE

先週、うっかり
GEOから借りていた「ダイヤルM」と
「団地妻 不倫でラブラブ」
(これ↑を延滞して返すときの気まずさと云ったら)
を延滞してしまい
新作DVD2本が買えるだけの
延滞料金を徴収されたため
しばらくGEOから遠のいていましたが
(ついでに意識も遠のきましたが)
リハビリがてらに
「貸し出し中」から戻ってきた
「サイコ」を借りてきました。


勿論、リメイク版のほうです。

クリックすると元のサイズで表示します

借りるまで監督が
ガス・ヴァン・サントとは知りませんでした。
やるな、ガス・ヴァン・サント監督。
なんという冒険家でしょう。



 


 
 

続きを読む
0

2012/3/13

『人』は天国に行かなくてはならないッ!目指したものは全ての人々をそこへ導ける!  MOVIE

相変わらず人の顔を覚えることが苦手な私ですが

なかでも

それなりに努力はしてるのに
どうしても
数日後には文字通り輪郭がボケてしまうのが

この人

クリックすると元のサイズで表示します

ヒース・レジャー氏(故人)。

理由は皆目判りませんが、
多少顔の真ん中にパーツが集合しているからか
こうやって画像を貼り付けておいても
一晩経ったら忘れていそう
そして、何故か時々
ジョニー・デップと区別がつかなくなる
私にとってはそんな顔なのです。

そもそもこれまでに見ている出演作が
「ROCK YOU!」と
「ダークナイト」と
「Dr.パルナサスの鏡」だけでは
覚えようがないのかもしれません。


そこで今回借りてきたのが
「ROCK YOU!」と
監督、主演、共演がほぼまる被り状態の
「悪霊喰」

クリックすると元のサイズで表示します

という映画です。

以前、なんかのB級映画のDVDを借りてきたら
新作案内として紹介されており
気になっていた1本です。

ざっくりしたストーリーは
若き司祭アレックス(ヒース・レジャー)が
仕組まれた罠に
まあ面白いようにひっかかっていく
という話です。
 
 

続きを読む
0

2012/3/11

一生を終えてのちに残るものは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである  MOVIE

名前がそのまま商品になるような
往年の大女優を起用した
フェイクドキュメンタリー、
それも起用された女優が
かの島田陽子
ともなれば
もはやこの戦い勝ったも同然


それがこの映画

クリックすると元のサイズで表示します

「島田陽子に逢いたい」。

監督はかつてピンク七福神と呼ばれた
いまおかしんじ監督です。

ですので、R15に指定されています。


いまや「キャロライン洋子」並に
知名度が落ちてきているのかもしれませんが
世代的に云えば
島田陽子さんと云えば
「将軍 SHOGUN」です。

いや、実際に見たことがないんですけどね。

ともあれ
その「将軍 SHOGUN」
ゴールデングローブ賞を受賞しているくらい
凄い女優さんです。
 
 

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ