2011/12/31

とりあえず2011年に見た映画  MOVIE

劇場、DVD、CS放送、地上波、その他問わず
2011年に見た映画のタイトル(の一部)だけを
記録用としてつらつらあげていきます。
続きを読む
0

2011/12/31

『私の代表作になる』と云ったとか云わなかったとか  MOVIE

誰しも容貌がビタ好みから
遠くかけ離れているにも関わらず
なぜか目を惹く男優さんはいるものでして

まあ、私にとっては
それは
たぶん、イ・ビョンホンなんですけど。

2011年、なんやかんや云うて
この人が出ている映画見てるんですよね。

その中でも
「THE Lee Byung−hun」
「まるごと イ・ビョンホン」
な映画がこれ

 クリックすると元のサイズで表示します
あれ?坂口憲二?

「甘い人生」と
勝手に決めました、今。


そして、これが2011年最後に見た映画となりました。


続きを読む
1

2011/12/30

お嬢様はアホでございますか?  MOVIE

女の子はいつの世でも
こういう少女マンガが大好きなのね…
ということで
本日見た映画は「パラダイスキス」です。

クリックすると元のサイズで表示します


こんな映画を見るなんざ
あたいもヤキが廻ったもんだねぇ。




そんな心にヤンキーがひょっこり生まれそうな
この映画の感想はこれに尽きるかな…


うん!
こんなにも心ときめかない向井理が
この世に存在しようとは
正直、わたくし思ってもいませんでした。
 

クリックすると元のサイズで表示します
しかもこれがまだマシなほう。


 

続きを読む
0

2011/12/28

まだまだだね。  MOVIE

クリスマスイブを挟んだ3連休
何の予定もなくほぼ家に篭ってDVDを見倒すという
生活を続けていたせいか
頭に虫が湧いてしまったようで
原作マンガも読んだことがないのに
「劇場版 テニスの王子様」を見てしまいました。

 クリックすると元のサイズで表示します

はい、実写版です。
  
 
 


続きを読む
0
タグ: 劇場版

2011/12/26

たった二人の静かな静かな物語…いや、一人と一匹だろ!  MOVIE

本日の映画は

クリックすると元のサイズで表示します

という中篇映画「キミとボク」です。

ってことは日本人の100人のうち3人が
この映画のオリジナルWebアニメで瞳を濡らしたことにないのですが

…ごめん。
このDVDをレンタルDVD店の新作コーナーで目にするまでは
「キミとボク」、見たことも聞いたこともありませんでした。

もともとはWeb公開されたアニメーションだからなのか
上映時間もたった1時間。

ストーリーも
マンガ家を目指す青年と
1匹の仔猫(アメリカン・ショートヘア)が出会い
別れるまでの代わり映えしない日常を撮っただけの
映画です。

と云っても出会いから別れまで10年もあるのですが…。

 
 


続きを読む
0
タグ: キミとボク

2011/12/25

久しぶりにクロスステッチなんぞ  KNIT&STICH(ING)

島田ゆか「バムとケロ」シリーズが好きな友人への
クリスマスプレゼント用に作っていたのですが





間に合いませんでした!

クリックすると元のサイズで表示します


いささか手抜きです。

アップで見るとこんなんです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして裏はこう。

クリックすると元のサイズで表示します

 
別の友人にプレゼント。

 
0

2011/12/25

俺の雪がこんなに厳ついわけがない  MOVIE

クリスマスは特別な日ということで
映画も特別な映画が見たいじゃないですかぁ

そんなわけで本日1本目の映画は
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」です。

結論から云えば
あの不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」を
いまさら「実写映画化」
しかも「上映時間2時間前後で」
という制約の中で撮ったと思えば
正直この出来でも仕方ないんじゃないかと思います。
そもそも無謀な挑戦なわけですし
頑張っているほうじゃないですか?

たしかに
アニメで「地球滅亡まで後○○日」なんて
じらされてじらされて
「また来週!」という経緯を経てきた我々の世代には
いろいろダイジェストしすぎていて
正直面白くはないかもしれませんが
アニメを知らない世代の子供たちにとっては
案外、感動大作に見えるかもしれません。

とはいえ、上映時間半分早々に
イスカンダルに到着してしまったときには
正直心底驚きましたけどね。
見せ所のワープも一瞬だったし。

クリックすると元のサイズで表示します
こういったワープ描写はありません。一瞬で終わります。

問題の配役も
主役の古代進、守兄弟、
コスプレ乙!な沖田艦長、徳川機関長、藤堂司令長官
室井慎次にしか見えなくもない真田志郎、
まあ、確かに次郎は弟でなく息子だろうなな島大介、
原作よりはるかに男前の斉藤始
あたりの配役は
差しあたって可もなく不可もなく

続きを読む
0

2011/12/25

世界史ってさ、名前覚えるのが大変じゃね?  MOVIE

2012年元旦
とりたててすることもないので
映画館に行くたびに貰ってきて
ついには収拾がつかないほど溜まってしまった
映画のフライヤーを引っ張り出して眺めておりましたところ
こんなフライヤーが…。

クリックすると元のサイズで表示します
気の迷いとしか思えん頭の悪いコスチューム

何なの?これ?

いや、これはないでしょ
このデザインというか衣装は…。

フライヤーの裏をひっくり返して
概要を読むこと数秒
ストーリーは史実に忠実なようですが


…え〜。

ここで時間を遡りますが
2011年のクリスマスに
オリーバー・ストーン監督の「アレキサンダー」をDVDで見ました。

生足フェチには垂涎ものの映画ですが
それ以外はちょっと…。

続きを読む
0

2011/12/23

母さん、俺明日から韓流ファンになるよ!  MOVIE

さて、これは何でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します



答え:ムーミン(おそらくはトーベ・ヤンソンの)

すみません、
この作品のここ1番のハイライトシーンを
早々に紹介してしまいました。

ということで日本では天皇誕生日
並びにクリスマス・イブイブの今日
金曜ロードショー「ゴースト もういちど抱きしめたい」
を見ました。

続きを読む
0

2011/12/21

おそらくは体脂肪率1桁だろ、君ら  MOVIE

監督:三池崇史
脚本:NAKA雅MURA
という私にとっては
大好物以外のないものでもない
コンビによる映画なのに
いままでDVDを手にとってすらいなかったなあ

と思い当たって
「GEO旧作50円レンタル」で借りてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
「46億年の恋」

あっ、またレンタル履歴に汚点が…。

といっても内容は

「刑務所内で起こった服役囚同士による殺人事件。
加害者はその場で取り押さえられ
事件は簡単に片付くように思えたのだが…。」

という別にどうってことのないミステリー。

推理に必要な伏線が提示されるわけでもなく
淡々、捜査は進み
真犯人も推理とは関係なく
ほぼ「自首」に近い形で出てくるので
ミステリーとしても楽しみが
まったくありません。


ですが、
そこはそれ三池監督ですから
映像の見せ方
ややチープとも思えるいかしたセットデザイン
そして、
俳優2人
ちゃんと魅せてくれています。

そう!この映画は
やはりこの2人にかかっていると云っても
過言ではないでしょう。

刑務所で右往左往する2人の姿を
目でじっくり愛でてこそ
この映画の真の価値があるのではないかと

わたくしかように考えております。

というわけで今回画像に力入れました。



続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ