2011/10/31

ゆすり、たかりに、色仕掛け  MOVIE

DVDで「バッド・エデュケーション」を。
続きを読む
0

2011/10/30

ふたりの間を繋ぎ止めるものは悲しいけど愛じゃない  MOVIE

TSUTAYAが富山県限定で
29日・30日・31日は
旧作全品100円レンタルということなので
借りてきた「スプリング・フィーバー」を見ました。

GEOの方は結構ジャンル問わずで
いろいろ借りていますが
片やTSUTAYAの方は
「後悔なんてしない」とか
「秘密〜Desire」とか
「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店」とか
(ただの韓流好きと思ってもらえるといいのですが)
「バッド・エデュケーション」とか
着々とレンタル履歴を汚しております。
どうにかならんかこれ…。


続きを読む
0

2011/10/30

皆さんは史上最強の俳優、誰か知ってますか?(答え:長瀬優也)  MOVIE

本日見た映画は
異色中の異色
でも、
「NHK人形劇」で育っている日本のお子様は
それほどでもないかな?

「チーム★アメリカ/ワールドポリス」
です。


「NHK人形劇」と違うのは
可愛い人形が活躍する割りには

クリックすると元のサイズで表示します
あ、ごめん。そんなには可愛くないわ。

気分は「俺の後ろに立つな」になってしまうところですか。

特に親が立とうものなら
気持ち的にはこんなんです。


クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む
0

2011/10/29

すべては彼女のために  MOVIE

公開2日目に正規の入場料を支払って見てきましたよ
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 2D字幕版」。

世界史が大の苦手なので
ふだんこの手の映画はことごとく避けているのですが
なぜか「三銃士」だけは別格でして、
この作品も公開早々に見に行きました。

原作は有名な作品ですし
何度も映画化されているので
殆どの方は内容をご存知とは思いますが
今回はネタバレできるだけ避けたつもりです。


続きを読む
0

2011/10/28

女性も見た目が9割 ……え?「も」?  MOVIE

このところ、映画は

クリックすると元のサイズで表示します

と、ばかりに
洋画を字幕なし、
もしくは字幕が英語、中国語、
はてはフランス語、スペイン語、なんだ、それ?
という訳の判らない状態で見ていることが
多々あるのですが
本日の映画もその1本。

「Splendor」を
英語音声のみで視聴いたしました。

なんでもWOWOWでは
「スプレンダー/恋する男と男と女」という邦題で
放映されたことがあるそうです。

監督はグレッグ・アラキ。
日本の荒木太郎といい
「アラキ」という名の監督は
背後注意」な監督のイメージが強いようで。

続きを読む
0

2011/10/28

奥さんの為なら 毎・日・月・火・水・木・金・土曜  MOVIE

手持ちDVDから久しぶりに「驚變」という映画を見ました。
主演の温碧霞(アイリーン・ワン)はこの映画に出たことを
「間違った選択をしてしまった」
と、仰っていたそうですが




続きを読む
0
タグ: 驚變

2011/10/28

今年一番驚かされたと、日記には書いておこう  MOVIE

出勤前の1時間40分ほどの時間を生かして
CSで撮りだめしておいてあった
「ダニー・ザ・ドック」
を見ました。


続きを読む
0

2011/10/27

所詮は人殺しって割に合わないなって話です  MOVIE

Googleで名前を検索すると
「他のキーワード」で
「ジェームズ・マカヴォイ 身長」
と出てしまうジェームズ・マカヴォイ主演のテレビ映画
「Shakespeare Retold:Macbeth」を見ました。
(身長のことはほっといてやれよ。)

CSチャンネルでは
「シェークスピア21」と云うタイトルで放映されたそうですが
私が見たのは拾ってきた映像なので
残念ながら字幕はなしです。

続きを読む
0

2011/10/26

あ、はい、すみません、また「ご兄弟」です。  MOVIE

音声「フランス語」
字幕「英語」
私の語学レベル「中1にも満たず」
(旅行先で「Coffee or Tea?」さえ聞き取れないレベル)
という無謀な環境のもと
「C.R.A.Z.Y.」という映画を見ました。

今回は9割がたあらすじちゃってます。
つまり感想的なものは1割弱ってことで…。
続きを読む
0

2011/10/25

過去は変えられないし、今だって簡単には変えられない。  MOVIE

ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル9/27放送
サタデーナイトラボ
「<カナザワ映画祭プレゼンツ>
 宇多丸×町山智浩×高橋ヨシキのバイオレンス・トーク」
のなかでほんのちょっと語られていた
デビッド・クローネンバーグ監督の
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」をDVDで。


続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ