2008/8/31

ここは吉野家、ここは吉野家、牛丼一筋80年〜  COMICS


というCMソングが一世を風靡しました。

当時、地元には「吉野家」がなかったため
私がこのCMソングを知ったのは
少年ジャンプに連載されていたあるマンガのなかでした。

たまたま、1冊だけ家にあった「少年ジャンプ」のなかで知っただけなので曲は知りません。
弟は勝手に曲をつけて歌っていました。


それから、数十年。


何で「すき家」?!

0

2008/8/20

それゆけプリンプリンプリンどこまでも  MUTTER


午前中、いきなり、プリンが
しかも、とろけてもなめやかでもない
牛乳と卵だけでできているような
そんなプリンが食べたくなり、
お昼休みに買ってきました。


じゃ〜ん!

クリックすると元のサイズで表示します

ファミリーマートの「うれしいプリン480」です。

なぜに480かというと
「自家農場で採れたたまごを仕様。480gの満足サイズでおいしい!」
だからだそうです。

普通のプリンの、4倍はあります。

お味というか質感は
希望通りの美味しさ!





でも…半分も食べれませんでした。
でかすぎるって!


0

2008/8/4

「せいりょういんりょうすい」で一発検索できました  BOOK


久しぶりに図書館で清涼院流水さんのミステリーを借りて読んでいます。

タイトルは
LOVE LOGIC〜蜜と罰〜

清涼院流水作家生活10周年記念作品です。



ストーリーは



続きを読む
0

2008/8/3

神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである  MOVIE


これは、現在公開中のアニメ映画「崖の上のポニョ」に寄せられた宮崎駿監督の文章「海辺の小さな町」を締めくくる文章です。

柔らかな色彩と、少年少女を主人公とした子供向けアニメには似つかわしくない「神経症」と云う言葉。
私なんぞはこの言葉1つで見に行く気を無くしてしまったのですが、たまたま今読んでいる叶精二著「宮崎駿全集」によると、「風の谷のナウシカ」の映画制作発表記者会見で配布された資料でも監督は「管理社会の窒息状況の中で、自立への道を閉ざされ、過保護の中で神経症になっている現代の若者たちい、こころの解放感を与える映画」と記していたそうです。

「神経症」という言葉は、その後の「天空の城ラピュタ」の項へ続きます。

「風の谷のナウシカ」から25年。
今もなお「神経症の時代」です。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ