2007/7/1

映画「ヨコハマメリー」  MOVIE


6月も終りに差し掛かってようやく
第16回日本映画プロフェッショナル大賞の発表がありました。

2006年度公開映画に対する賞としては、もっとも遅い賞と云えるのではないでしょうか?

日本映画プロフェッショナル大賞は地味な映画賞なので、映画好きの方でもご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。
公式サイトの説明によりますと、

「通称・日プロ大賞は、健闘しながらも諸々の理由から過小評価された作品・スタッフ・
出演者らにスポットを当てようと意図された、映画ファンのための特別イベントです――
現役プロデューサー、脚本家、評論家、配給・宣伝・興行関係者たちがベスト10を選出!
今回は、松竹、東宝、東映の大手配給会社のチェーン公開作品以外の主として独立系の作品が対象です。」

だそうです。

私にとっては、「映画藝術ベスト・ワースト」と並んで、信頼している賞です。

その2006年度の結果は

第16回 (2006年度)日プロ大賞個人賞
作 品 賞 「ヨコハマメリー」
監 督 賞 西川 美和
主演女優賞 中谷 美紀
主演男優賞 豊川 悦司
新人監督賞 中村 高寛
特 別 賞 廣木 隆一」
特 別 賞 故実相寺昭雄 遺作「シルバー仮面」と長年の功績に対して
話 題 賞 桃井かおり 監督デビュー作での奮闘ぶりに対して
 
第16回日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10
第1位 ヨコハマメリー
第2位 ゆれる
第3位 やわらかい生活
第4位 かもめ食堂
第5位 ストロベリーショートケイクス
第6位 嫌われ松子の一生
第7位 カミュなんて知らない
第8位 LOFT ロフト
第9位 紀子の食卓
第10位 間宮兄弟

特別賞の受賞理由が「遺作『シルバー仮面』と長年の功績に対して」と云うのも素晴らしいです。

さて、ちょうど、地元のフォルツァ総曲輪というミニシアターで
その作品賞を取った「ヨコハマメリー」を上映していたので
行ってきました。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ