2007/1/19

プロフェッショナル 〜仕事の流儀  STAGE


昨日の「プロフェッショナル 〜仕事の流儀」は
マンガ家の浦澤直樹さんでした。
この方の代表作「二十世紀少年」は
まだ、読んでいませんが、
昨年、突然休載されたことはなんとなく耳にしていました。
そして、その休載に多くのファンの方が失望、さらには憤慨していたことも。

番組のなかで「二十世紀少年」を再開するに当たって
読者が求めているストーリー(結末)と
作者自身が書きたいストーリー(結末)に
ズレが生じていることが紹介されていました。

望んでいた展開とは違う→だから、読者は作家に憤る。
なんだかこの流れだけで判断すると本末転倒な感じがしないでもありませんが
こういうことって多々あると思います。

例えば、

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ