2006/10/15

HARDEST DAY  CD


市立図書館に行ったら久しぶりに
松田優作さんの「HARDEST DAY」というアルバムが
聞きたくなって借りてきました。

このアルバムの1曲目に入っている「灰色の街」という曲が好きなので
たまに聞きたくなるんです。
最初に松田さんの歌を聞いたのは
「ヨコハマBJブルース」(1981年 監督/工藤栄一)
という映画の中で。
「灰色の街」はその映画で歌われているうちの1曲。
松田優作さんの出ている映画は後で思い返すと、
どれか「野獣死すべし 」なのか「最も危険な遊戯 」なのか「蘇える金狼 」なのか
混在して判らなくなるんですけど、
(…要するにどれも似たりよったり?)
この「ヨコハマBJブルース」は、
オープニングのトイレでカレーライスを食すというシーンが強烈過ぎて
忘れることができない作品です。
まあ、このシーンが最高にかっこいいわけですが。
松田さんは、私立探偵兼ロックシンガーという役どころだったため
この作品の中ではやたら歌を披露しています。
この映画に観られるゴテゴテでべたべたなダンディズムが1980年代、そして昭和を感じさせます。
音楽とかもそう。

話は、とある美少年の捜索を頼まれた探偵が、ようやくその少年を見つけたところ
どうやらバックにやばそうな組織がいて
さらにその組織のために少年はなんだかゲイボーイになっていて
結局、探偵は何もできないまま少年は組織に殺されてしまうという
なんだそりゃ!見たいなストーリーでした。
残念ながらその美少年役の子がいまひとつ「美少年」ではなくて………。

そのうち日本映画専門チャンネルとかで放送されないですか?

ついでに長渕剛さんの「Captain of the Ship」も
聞きたかったのですが
図書館にはこれが収録されているCDはおいてありませんでした。

残念!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ