2006/4/16

勝手にしやがれ!!逆転計画  MOVIE


3月4月チャンネルNECOで放映中の
黒沢清監督の「勝手にしやがれ!!」シリーズ。

全6作品全てビデオに録画してあるため、気楽に構えていたら
3月は一度も観ないまま、4月に入ってしまいました。

ちなみに3月放映は
強奪計画、脱出計画、黄金計画
4月放映は
逆転計画、成金計画、英雄計画

おそらく映画の好きな人ほど観ていないんじゃないでしょうか?このシリーズ。

確かにこの映画。見たからといって何か得るところはありませんが、
観ると、ちょっと元気付けられます。

私にとっては、5本の指に入るくらいに好きな映画なんですけど
験しに検索かけてレビュー探してみたところ、
貶しているのは1、2件ありましたが
褒めているのは全くありませんでした。
そんなにダメですか?この映画。

適当に人がよくて出たところ任せで
空気もゆるくてだらしなくてバカ(正直)ずきて
それでロケ地の街並みがいい具合に昭和くさくて
好きなんですけどね。

観ている人もシリーズ中の1本しかご覧になっていないようです。
まあ、1本観て「ダメだ、こりゃ」と、思ったら後の5本は観ないですよね。
これは、6本で完成される映画です。
1〜4作までは、殆どつくりが同じで、
5作目で「おや?」と思われる変化があり、
6作目で突き落とされます。
あの5作目を持ってきて続く6作目があんな結末だとは、本当に狡いです、黒沢監督。

今回観たのは、第4作目の「勝手にしやがれ!!逆転計画」
運にまったく見放されても
無一文になっても
ヤクザに追っかけられても
殺されそうになっても
信じた人に裏切られても
のほほんと「なんとかなるって」と
雄さんは、いつもどおりの雄さんで
雄さんの隣には、いつもどおり耕作がいて
2人による「森のクマさん」の合唱で幕を閉じるそういう映画です。

この「森のクマさん」に移る流れも好きです。
2人はなかよし。2人はなかよし。

雄さんを見ていると、
男はタフでなければ 生きてゆけない。優しくなければ生きる資格が無い
と云うのは、こういうことかもと、思えてきます。
バカはバカでいいのかも。

ちなみに私のハードボイルド度診断の結果は



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ