2006/4/30

MOON CHILD  CD


昨日は録画済のビデオを整理しましたが
大型連休2日目は、CDの整理をしていました。

買ったときのままのCDケースだとかさばる一方であるため
無印良品で40枚収納できるCDクリアケースを買ってきて
数少ない、JーPOPのCDをそちらに移しました。
1冊で納まっちゃいましたよ。
まだ、余裕すらあります。

C−POPに嵌るまでは
ほとんどCDって買ったことなかったんですよね。

収納したCDから
「MOON CHILD」のアルバムを引っ張り出して聞いています。
mixiで調べてみたところ
SCRIPT、MOON CHILD、Ricken's、
佐々木収、渡邊崇尉、秋山浩徳、樫山圭のほか
グループでも個人でもコミュがあるんですね。

MOON CHILDが解散した時点で
聞いていませんが、また聞いてみようかな?

ここのブログのURLに
「moon」のスペルがあるのも
この頃、夢中になっていた名残です。

0

2006/4/29

春の叙勲  MUTTER


春の叙勲者が決まったとかで、今朝の新聞に
「旭日小授賞」として漫画家のわたなべまさこさんの
お写真が載っていました。

…わたなべさんはわたなべさんの描く絵そのもの
な方でした。
あまりにそっくりなので朝からビックリ。

代表作に「ガラスの城」が挙がっていましたが、
私にとってのわたなべ先生は、やはり「聖ロザリンド」です。

0

2006/4/28

8,90年代邦画ベスト50バトン  MOVIE


先日このブログで書いた
「8,90年代邦画ベスト50バトン」というバトンをやってみました。

私がふつうに映画を観始めたのが1996年の秋からなので
80、90年代の映画、特に80年代の映画はあまり観ていません。
当時は、日本映画というと、
実生活とは縁遠いはずのやくざと拳銃がつきもので
さらに映画の中の空気が湿気を帯びて
じめっとしている印象が強かったため、
進んで観ることはありませんでした。

一応、80、90年代の日本映画で思いつくものを
ざっと並べてみたのですが、やはり少ないです。
おそらく、好きなのに思いついていない作品も多々あると思います。
殆どが、大人になってから観た映画です。
ので、ジブリをはじめとするアニメ映画や
アイドル映画、角川映画など入っていません。

10位くらいまでは、何とか順位らしきものがあったのですが
後になればなるほど、各映画への思い入れも僅差となり
いつ入れ替わっても不思議ではありません。
ご覧になりたい方は、「続きを読む」をどうぞ。


続きを読む
0

2006/4/25

謎のホームページ サラリーマンNEO  TV


NHK総合「謎のホームページ サラリーマンNEO」をはじめて見ました。
4月11日から正式に放送が開始されているようです。

午後11時以降はテレビは見ないので、
まったくこの番組の存在を知らなかったのですが、
この番組、NHK総合でやっているのがなんか「惜しい!」感じがします。
どこのチャンネルよりもNHK総合がふさわしい分、
できればNHK総合では見たくなかった!
という気持ちが抑えきれません。

特に「シリーズ 『サラリーマン語講座』 」は
NHK色まるだしだけにNHK以外のところで見たかったです。

公式ホームページの情報によると、サラリーマンNEO
2004年の3月と8月、そして2005年の8月、とすでに3回放送しています。
しかも、過去の放送回はDVDに収録されは2枚組で4月19日より発売中だそうです。

放送内容の説明に
「選りすぐりばかりです。」と、ありますが、まさにその通りですね。
出演者も素晴らしい人選です。

四コママンガまでついています。
請うご期待。

0

2006/4/23

8,90年代邦画ベスト50バトン  MOVIE


mixiで「8,90年代邦画ベスト50バトン」というバトンが回っているそうです。
ばくはつ五郎さんという方が作られたバトンで
主旨には「何人にまわさなきゃいけないとかはとくにないし、興味ある方はどんどんやってみていただけると嬉しいです。
というわけで、何卒よろしく。」
と、書かれているので無断で挑戦してもいい感じですが、やっぱりバトンなので回ってきて欲しいです。
ちなみに「8,90年代洋画ベスト50バトン」もあります。
これは他人の回答を見ているだけでも楽しいです。

0

2006/4/22

カラフルメリィでオハヨ〜いつもの軽い致命傷の朝〜  STAGE


NYLON100℃ 28th SESSION「カラフルメリィでオハヨ〜いつもの軽い致命傷の朝〜」

今回で4度目の公演だそうです。
1980年代、フジテレビの「オレたちひょうきん族」人気の煽りを受けて
TBSの「ドリフだよ!全員集合」が放送終了に追い込まれた時代の物語。

今で云う認知症の老人みのすけ(山崎一さん)と
その孫らしき少年みのすけ(みのすけさん)。
この2人を中心に、いろいろ問題を抱えた家族の日常と
みのすけ老人が入院している病院から脱走するまでの出来事を描いています。
家族が抱える悩み事は、現実にありうることだけれども
どこか現実離れしている問題ばかりで
どこからどこまでが現実のことなのか、みのすけ老人の妄想の出来事なのか判りません。

もう既にいろいろなところで語られていますが、
オープニング映像がカッコいいです。
これまで観た舞台のどれよりもカッコいいと思います。
技術的にも凄いのですが、前作「消失」のラストシーンもこれでしたよね、確か?
始めて見るとちょっと驚かされます。

ともあれ、NYLON100℃の舞台を観ると、
「いちばん好きな演劇を見せてくれる劇団だなあ」と、嬉しくなります。
空気が澄んでいるんですよね。
どんなに重いテーマの作品でも、どんなに底意地が悪くてもドロドロしていても
観客を包み込んでいる空気が澱まない、そんな感じの舞台です。

ただ、この舞台のあと、
すぐに池上本門寺で上演されているシティボーイズ「マンドラゴラの降る沼」へと、
移動せねばならず、しかも移動時間が1時間なかったため、
上演時間も終わりの方になると、
「早く終わって〜。」と、
気持ちが焦って舞台に集中することができませんでした。
う〜ん、もったいないことをしました。

三上市朗さん演じる医者と、
村岡希美さん、安澤千草さん、植木夏十さんの看護婦との掛け合いは、
それはもう笑いっぱなしで
できることならもっとゆったりした心持で楽しみかったです。
大倉孝二さんのお父さん、峯村リエさんのお母さんも良かったです。
キャラクターや各エピソードは本当に楽しかったのですが、
ストーリーの前後がぼんやりしてしまって「舞台」としては、
なんだか曖昧な印象が残ってしまいました。.

やはり、気持ちに余裕がないと云うのはダメですね。
演じている方々、その裏で頑張っているスタッフの皆様に申し訳ないです。
0

2006/4/22

シティボーイズミックス「マンドラゴラの降る沼」(ネタバレなし)  STAGE


シティボーイズ ミックスPRESENTS「マンドラゴラの降る沼」に行ってまいりました。
場所は、去年までのアートスフィアから打って変わって池上本門寺 境内特設テントです。


続きを読む
0

2006/4/21

転球劇場  TICKET


6月〜7月にかけて、大阪と東京で転球劇場の舞台「3バカ」が上演されます。
転球劇場の名前を知ったときには、すでに活動を休止していたため、
舞台が再開されることを楽しみにしていました。
ところが、復活早々これをもって劇団は解散してしまうそうです。

しかも、これだけ名前の知れた劇団ですので
当然、プレリザーブがあると思い込んでいたら
明日が一般発売日と、判りました。
劇団による先行予約しかなかったようです。

弱ったことに
明日は、東京にいるので、ネットからチケット購入することは無理です。
東京公演のある全労災ホール/スペースゼロでも、ネット販売のみで
店頭売りはないそうです。
先ほど、電話で確認しました。

舞台を観に出歩くことが多くなると、
普段電子ぴあを頼っている私のような不精者は
その分、チケット発売日にチケットを入手する手段を
なくしてしまうようです。

とりあえず、東京でチケットぴあを探して
店頭購入を頑張ってみようかと思います。

0

2006/4/20

真生命  CD


昨日、歌バトン2を作成するために
劉徳華さんの「真生命」というCDをPCで再生したら
そのままずっと繰り返し聞くことになってしまいました。
この調子で行くと、GW中は片っ端からCDを取り出して聞いていそうな勢いです。
なんで、こんなに広東語や北京語の歌が好きなのか自分でも謎です。
特に劉徳華さんはダントツで好きです。
俳優としてよりも歌手として好きです。

4、5年前ほどならHMVでもタワレコでもワールドミュージックのアジアの棚にはこういうCDがいっぱい置いてあったのに
昨今の韓流ブームですっかりなりを潜めてしまいましたね。

最近では、CDにしろDVDにしろ、ネットを通して買うのが普通になってしまいました。

2004年に香港で放映された「棟篤神探」というドラマが観たくて仕方ないのですが、未だVCD化にもDVD化にもされていないのか、通販のページを観ても見つかりません。

無いとなると余計に欲しくなりますね。

1

2006/4/19

歌バトン2  CD


「好きって言ってやる。」の欺羽さんから「歌バトン」をいただきました。
いつもありがとうございます!

では、早速挑戦したところですが、
普段、音楽のない生活をしている上に、
手持ちのCDの9割がC−POP(中華POP)であるため、
2つに分けて書くことにいたします。

今日は香港の歌篇です。
と云っても四大天王しか知らないのですが…


続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ