2006/1/15

無印良品CDクリアブック  CD


常々所有しているCDを整理したいと思っていたので
40枚収納できるというクリアブックを無印良品で買ってきました。

ところが、持っているCDの約9割が香港のCDなので
CDケース以上の大きさのパッケージに入っていたり
ケースが紙ケースだったりと、
あまり、クリアケースに収納するのには、向いていなかったようです。

かろうじて、ふつうにプラスチックのケースに入っているものだけを
さくさくとクリアブックに収めていったのですが、
CD20枚と歌詞カードを入れたところで、
パンパンになってしまいました。

全然片付いた気になりません。
ケースにはいったままのCDは、まだ10倍ほどあるんですけど…。
というか、全く言葉の通じないCDをどんだけ買っているんだ、過去の自分?
一度しか聴いた事のないCDも結構あるし…。
これ、全部聞き直したらどのくらい日数がかかるんでしょうか?

BOOK OFFに売りたくても輸入CDは嫌がれそうですね、なんとなく。

0

2006/1/15

高岡ピカデリー  MOVIE


本日を持って「高岡ピカデリー」が閉館だそうです。
ファミリー向けの話題作以外に
ちょっとズレたミニシアター系の映画をかける
通好みの映画館でしたが、
高岡市の中心街から離れていることや
富山松竹やシアター大都会グループの映画館が
同じようにミニシアター系に手を染めてきたため
ここのところ、訪れることがありませんでした。

パンフレットの他に、プレスシートも売られているのが
この映画館の最大の売りだったと思います。
老朽化した建物の中に縦に長い客席が並べられ、
いまどき見たことのない紙コップの自動販売機があったり、
上映中に必ず途中で出て行く観客がいたり、
と、昭和の匂いのするエピソード満載の映画館でした。

閉館もひっそりと
特別興業をうつこともなく、話題になることもなく
本当にひっそりとその幕を閉じたようです。

最後の上映は、
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット(吹替)」
「キングコング」
「仮面ライダー」
「私のあたまの中の消しゴム」などでした。

さようなら、高岡ピカデリー。
長いことありがとうございました、高岡ピカデリー。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ