2006/1/5

笑い飯・千鳥の大喜利ライブツアー  COMEDY


今週の「ラジマン」を聞いています。
ゲストは千鳥のお二人です。

話題は
「笑い飯・千鳥の大喜利ライブツアー」について

全国9ヶ所をまわるそうですが、
前回の「笑い飯のおもしろライブツアー」に引き続き
石川県も会場のひとつに入っています。

以前、笑い飯が「ラジマン」に出演したときに
石川のお客は、笑いのハードルは低いように云っていましたが、
石川県気に入られたようです。

石川での上演は
2006年2月18日(土)、昼夜2回公演
今度も石川県教育会館が会場です。

北陸にお笑いの人が来るなんて、
郊外型ショッピングストアが呼んだときくらいですから、
珍しいといえば珍しいことなんですけど
笑い飯&千鳥だったら、会場が富山なら行くかも。

0

2006/1/4

古畑任三郎FINAL  TV


フジテレビが年末年始におくる特別ドラマのひとつ
三夜連続「古畑任三郎FINAL」も
昨日と今日とで残すところあと1夜となりました。

FINALということで
ゲストも豪華です。
この豪華さが
1夜目では、あだに
2夜目では、救いに
なったように思われます。

そのくらい今回の(あ、でも「も」かも)スペシャルは
ストーリーがいまひとつのような…気…が、
なんか…するんですよね。

もしかして、三谷幸喜さん
NHK総合のほうに力入れちゃいました?

続きを読む
0

2006/1/3

前売り特別鑑賞券を買うと  MOVIE


昨日、映画「日常」の紹介を書いてみて思ったのですが、

前売り特別鑑賞券を劇場窓口で買うと
どんな特典があるのでしょうか?

一昔前では、貰ったら最後手荷物になるは
部屋のもそうそう貼れんは、
と、ややありがた迷惑的なポスターが特典の定番でしたが、
バッグにもそっとしのばせられるポストカードへと
時代とともに徐々に変化を遂げた前売り特典。
昨今では、他の映画に差をつけるためか
徐々に豪華なものへと進化しつつあります。

そこで今日は、正月休みの暇に任せて検証してみました。
これから映画を見られる方はご参考ください。
検証には各映画のフライヤー、公式ホームページを参照いたしました。

主流はやはりポストカードとステッカーです。
ポストカードを特典としてプレゼントしているのは
「Touch the Sound」「アブノーマル・ビューティ」「うつせみ」
「疾走」「綴り字のシーズン」「日常」「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
「ベロニカは死ぬことにした」「ホテル・ルワンダ」「ミラーマン」
「リバティーン」「ルー・サロメ 善悪の彼岸」「ルート225」「るにん」
「忘れえぬ想い」「プライドと偏見」

ステッカーは、「ボブ・ディラン『ノー・ディレクション・ホーム』」
と「エリ・エリレマサバクタニ」

それ以外は
☆イノセンス・ボイス 12歳の戦場
「チャパの携帯ミニラジオ」

☆美しき運命の傷跡
「ジバンシィの『ファームプロファイル フルイド』サンプル」

☆美しき野獣
「クォン・サンウの撮り下ろしメッセージ入り超プレミアDVD」

☆オリバー・ツイスト
2006年ミニ・ダイアリー

☆かもめ食堂
「ピンバッチ」

☆銀色の髪のアギト
「特製ハーブ缶&アートカード」

☆クラッシュ
「クラッシュ特製エコカイロ」

☆グレート・ビギン
「46億年の時を刻む特製”砂時計”」

☆コアラ課長
「コアラ型名刺」

☆転がれ!たま子
「たま子の幸せ靴下」

☆最終兵器彼女
「特製3Dホログラムカード」

☆ジャーヘッド
「迷彩柄のリストバンド」

☆スキージャンプ・ペア
「特製缶バッチ」

☆スパイモンキー
「スパイペン」

☆小さな恋のステップ
「チョン・ジェヨン&イ・ナヨンのポートレート3点」

☆天使
「携帯クリーナーストラップ」

☆ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女
「オリジナル携帯ストラップ」

☆晴れたらポップなボクの生活
「”じゃら銭”てぬぐい」

☆ピーナッツ
「富士沢キラキラ通り商店街公認 エコカイロ」

☆B型の彼氏
「血液型恋愛学携帯ミニブック」

☆ブラックキス
「『ブラックキス』特製マスコット」

☆僕と未来とブエノスアイレス
「ティーブティック マテ茶」

☆僕のニューヨークライフ
「”ウディ・アレン型抜きメモ帳」

☆メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
「オリジナルBicライター」

☆妄想少女/妄想少女2
「『妄想少女』シール」

☆リトル・ランナー
「ラルフ君の<ポストマラソン・メダル携帯ストラップ>」

☆ルナハイツ
「限定特製クリア・ファイル」

☆レジェント・オブ・ゾロ
「特製ペーパーウォッチ」

こんなところでしょうか…

むしろ、平成の今、ポスターは
特典として「ない」と断言しても良いようです。

0

2006/1/2

映画「日常」  MOVIE


去年の暮れに貰ってきた映画のフライヤーを整理していたところ
こんな映画

クリックすると元のサイズで表示します

監督:笹部香
脚本:松本真一、渡辺鐘、森詩津規、遠藤敬、野々村友紀子
出演: ケンドーコバヤシ、次長課長、友近、しずちゃん(南海キャンディーズ)、フットボールアワー、松本(レギュラー)、バッファロー吾郎、サバンナ、チュートリアル、ブラックマヨネーズ、なだぎ武(ザ・プラン9)、浅越ゴエ(ザ・プラン9)、白川悟実($10)、ビッキーズ、土肥ポン太、野性爆弾、カリカ林、小藪千豊、メッセンジャーあいはら、バッファロー吾郎 敬称略

凄くないですか?脚本も出演者も。
公開はシアターN渋谷で2/4〜3/3
約1か月間レイトーショーだそうです。

劇場または、TSUTAYA渋谷店で前売りチケットを買うと
オリジナルポストカードセットをプレゼントと
フライヤーには書いてあります。
今度、東京行ったときに買って来なくては。

そして、2月に東京で観ると。
しかし、
………2月はなあ〜
…出かける予定は「○maru」の神戸公演くらいしかないんですよね。
しかもチケットも取れるかどうか。
よって、東京に行く予定まったくありません。
でも、映画のためだけに東京には行くのはいくらなんでも…。
この映画、地方もしくは大阪では公開されないんでしょうか?


0

2006/1/1

新年快楽  COMEDY


2006年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

ということで
初詣より先に
早速できたばかりの
Rahmens.netに行って来ました。
公式ホームページだそうです。

なぜか小林賢太郎さんから(あとはスタッフの山田さん)だけ
新年のご挨拶があります。

う〜ん、どちらかというと
ラーメンズ公式サイトというより
小林賢太郎公式サイトといったほうがよさそうです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ