2005/12/31

あれきさんだーおりょう  COMEDY


今年はいろいろな方のブログにお邪魔しましたが、
さいごはここのブログで締めることにいたします。

芸人プロレスラー
あれきさんだーおりょう
お笑い!不幸なのは、あなただけじゃない!
〜自分より下をみてテンション上げよう作戦〜


この間、池袋のリブロ書籍館で立ち読みした
「日めくりエンタの神様」で
始めた知った芸人さんですが、
一度も見たことがないのに、ちょっと気に入ってしまいました。

私も小心者なので、ひどく共感いたしました。

呪ってやる!

呪ってやる!

呪ってやる!

好きです、観たことないけど。

来年も芸人として頑張ってください。

0

2005/12/31

おおみそか  TV


弟夫婦が、日テレとTBSとフジテレビとNHKをザッピングしているので
ひかり荘で”笑いのたまり場”生配信 大晦日ダヨ∞(無限大)
を見ています。

チャンネル権というかリモコンを義妹に託してしまったため
グループ魂が出てきても軽くスルーされてしまいそうです。
いや、もしかしてもう出番は終わってしまっているのかも…

大晦日ダヨ∞(無限大)のほうは
公式ページにも詳細が書かれていないので
誰が出てくるか全く判りません。

せめて永井祐一郎さんか佐久間一行さんが出てこないかな
と期待しながら見ています。
これまでの出演者を見ると、まず無理のような…

クリックすると元のサイズで表示します

今週のラジマンまだ聞いていないのに
それも聞かなくっちゃと思っているうちに
今年も残りあと3時間をきりました。

今年一年、このBLOGにいらっしゃった方
こんな拙い記事に付き合っていただいて
どうもありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

…さてっと、そろそろ、ラジマンに切り替えようかな…

0

2005/12/30

2005年の舞台について  STAGE


今年、観た舞台をとりあえず並べてみました。

ラーメンズ アリス
阿佐ヶ谷スパイダース 悪魔の唄
サモ・アリナンズ AB男
Shuffle
シティボーイズミックス メンタル三兄弟の恋
Rahmens presents Golden Balls Live
THE PLAN9 17th アオいアオいアオい空
笑い飯のおもしろライブツアー2005 
大川興業 Show the BlackU イウ コエ オト
ウーマンリブ 七人の恋人
Radio days
R-1への道 vol.6 
猫のホテル ウソツキー 
ダブリンの鐘つきカビ人間
カムカムミニキーナ 越前牛乳
KENTARO KOBAYASHI SOLO CONTE LIVE ポツネン 
THE PLAN9 18th 編集者 竹一平の苦悩 

リピーターが多いので実際はあまり数は観ていません。
そもそも、そう月に何度も
東京やら大阪やらには行くことができません。

今年は、演劇だけでなくお笑いの舞台も増えています。
正確に云うと、普段お笑いをやっている人の演劇を観ています。

そうやって、本格的な劇団と交互に観ていくと
「サモ・アリナンズ」や「カムカムミニキーナ」などの小劇団のほうが
本職であるお笑いの人よりも客から笑いを取ろうとすること
に対して異様なくらい力を注ぎ貪欲に見えました。
アドリブが上手いからでしょうが、
ちょっと共演者が本筋から離れると
何が何でも拾い上げて笑いにもっていくのに
それでいて芝居を崩さないところが凄いです。

実際、カムカムミニキーナの「越前牛乳」は、笑い死ぬかと思いました。
昨年「超人」と観たときは笑えなくて死にそうになったのに…。
お笑いの人の舞台の笑いは、
だれか一人だけが客を笑わせたり、
客より共演者を笑わせることに力を入れたり
科白などを間違ったことで笑いにつなげたりで
アドリブをアドリブで返してそれだけで5分も10分も
客を笑わせるということはあまりないような気がします。
う〜ん、上手く書けませんが…
なにかが微妙に
そして、明確に違うような気がします。

ただ、ウーマンリブは先の2劇団と比べると
面白いしよくできていると思うんですけど
大笑いはできませんでした。
ささいなことなんですが、
客席に流れてくる役者の熱みたいなものが違うんです。
客席まで唾が噴水のようになって飛んできますからね。

続きを読む
0

2005/12/30

2005年映画ベスト10  MOVIE


今年、観た映画を劇場、DVD、ビデオ、テレビを
問わず並べてみました。

2005/1/4「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」 
2005/1/16「約三十の嘘」
2005/1/17「カンフーハッスル」吹替版」
2005/1/20「きみに読む物語」 
2005/1/22「爆裂野球団 (原題:YMCA野球団)」 
2005/1/23「東京原発」
2005/1/24「キャバレー」 
2005/1/25「ステップフォード・ワイフ」
2005/1/28「火火」
2005/1/29「H」
2005/1/30「幸福の鐘」 
2005/1/31「インストール」

続きを読む
0

2005/12/29

今日のひかり荘  COMEDY


今日は我が家では毎年年末恒例となっている温泉旅行で
新潟県の姫川温泉に来ています。
「国富」というホテルに泊まっていますが、
部屋は広いし、湯上りサービスが日に3回もあって
素晴らしい宿です。

が、今日29日には
ひかり荘のネット配信で
カリカ林の「カリカステーション(仮)」
千原ジュニアの大喜利塾 「題と解」
が配信中なんですよね。
どちらも今年さいごの配信です。

勿論、ここでは見ることができません。
Fandango解約からこっち、カリカも千原兄弟も
見る機会がめっきり減ってしまって
この配信だけを楽しみにしていたのに…
がっくりです。

でも、家族が優先。
0

2005/12/28

メガネ  MUTTER


いまさらですが、今年の流行語大賞
なんで「メガネ男子」が入らなかったんでしょうか?

いや、結構よそさまのBLOGを回りまわっていると
「メガネ男子」ということばを見るんですよね。
きっかけは、この本なんでしょうが、
クリックすると元のサイズで表示します
どれだけの人が潜在していたんだ、
と思うくらい「メガネ男子」好き多いですね。

私も、ここでは公言したことがありませんが、
「メガネ男子」好きです。
と、云っても
どちらかというと
いつもメガネをかけている人ではなく
なにかのおりにメガネをかけて
「ああ、このひとメガネなんだあ…。」
と、思うのが好きですね。
ツボですね。
なので、本のほうは買っていません。


続きを読む
0

2005/12/27

某俳優  PERSON


私には絶対にそりのあわない俳優がひとりいます。
嫌いとか苦手とか云うのではありません。
ただ、
ただ、そのひとは私の前を無視してすり抜けていくのです。


続きを読む
0

2005/12/26

ザ・ダイソー  MUTTER


昨日、友だちと「ザ・ダイソー」に行ってきました。
おかげで帰る頃には、
いい年した女が二人、道すがら目につくもの全てに
「ザ・チェアー」
「ザ・こども」
「ザ・カウンター」
「ザ・レジ」
「ザ・キャスター」
「ザ・洋服売り場」
(中略)
「ザ・食料品」
「ザ・マネキン」
「ザ・駐車場」
「ザ・親子連れ」
「ブー、ジ・親子連れ」
「ザ・駐車場」
「ザ・BOOKOFF」
などなど。


「ザ・ダイソー」は人を狂わす。
0

2005/12/25

人はファービーを好きになれるか  MUTTER

ファービーという人形を皆さんはご存知でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します←これです

このセンスの無さは、
「アメリカ製」と自信を持って断言してもあながち間違いではない
おおよそ地球上の生物とは思えないあの人形です。

最近知って嵌っている人気サイト
「デイリーポータルZ」の特集の中に
人はファービーを好きになれるか」となる記事があります。

ファービーを好きになれるか?
う〜ん、
クリックすると元のサイズで表示します←これをですか?

クリスマスプレゼントにこれを贈られた子供は
はたして喜ぶものなんでしょうか?
却って泣き出しはいないか、不安です。

そのファービーを今日、とある雑貨屋で見つけました。
試しに撫ぜてみると
なにかぼそぼそ喋ってきます。
おなかをさすってやると、今度は笑い出します。

…あれ?
思っていた以上に
見た目以上にかわいいぞ。

くちばしが開くようなので無理やりこじ開けてみると
「たのしくな〜い」と日本語で話します。
歌も歌います。できる範囲で踊ります。
ただ、声をかけてもまともに返事をしません。
触ると、しゃべり出します。
…ちょっとバカ?

小1時間、その雑貨屋にいましたが、
ほぼファービー独り占め。
これは飽きません。
1日中かまっていたい。

結論:人はファービーを好きになれる

意外とやりますね、ファービー。
にくいですよ、ファービー。

定価は4179円。
う〜ん、思ったより廉いけど、買うには高い微妙な金額ですね。

0

2005/12/24

映画「サヨナラCOLOR」  MOVIE


いまさらですが、今日から富山松竹で公開された
「サヨナラCOLOR」を観てきました。

この富山松竹は、ご家族で経営されているような
小さな街の映画館ですが、
いちばん好きな映画館です。
建物が古すぎるため、暖房も音の大きい旧式のもので
映画館から観客一人一人にひざ掛けが貸し出されました。
こういうサービスもなんかアットホームで好いですね。

そういう映画館でこういうやさしい映画が観れるのは
嬉しいです。

「同級生ってどのくらい覚えている?」
すみません。
高校三年間で覚えているのは、女の子の同級生だけです。
男の子のほうは高校時代でさえ、まったく覚えていませんでした。
大学四年の就職活動中に
ある説明会会場で
「俺のこと覚えている」という男の子に会ったのですが、
顔すら覚えていませんでした。
あとで、卒業アルバムを見たら、二年と三年のときの同級生でした。

それはさておき、この映画は
途中から、その後の展開がだいたい読めてしまう映画です。
それでも、映画から目が離せなくなります。

たぶん、今年最後に観る映画になると思いますが
最後にこの映画で締めくくれてよかったと思います。

出てくる俳優さんも
よくこんな小さな役でこんな人たちが!
と、驚くほど素敵な俳優さんが出てきます。
これだけの方を集められるのは、やはり
監督でもあり脚本でもあり、主演でもある
竹中直人さんの人徳でしょうね。
ちょっとしか出てこない人も
多めに出ている人もどの人も
本当に適役でため息がこぼれました。

そして、この映画のもう一人の主演
原田知世さん。
もう、彼女は奇跡ですね。
この映画はこの人しか考えられません。
20年前、角川映画でヒロインを演じた頃のままの
原田さんがいます。

オー・ヘンリーの短編小説を彷彿される
お涙頂戴の少し作りすぎているような物語が
こんなふうに心に残るとは…。

情けなくてちょっとスケベなのに
本当は、とてもまじめで思いやりに溢れている主人公の造形も
またみごとです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ