2005/11/23

テキサス  


いつ録画したものか覚えてもいないけど
長塚JESUS(HIGHLEG without JESUS)の「テキサス」を観ました。

絵的には結構グロテスクなので嫌いな人は
生理的に受け付けないかも。
血もいっぱい出ているし、ゆるいホラーみたいでした。

しかも、阿佐ヶ谷独特の重い空気にやられちゃって
休日にも関わらず観終わる頃にはどっと疲れが…。
長塚圭史さんの舞台に挑むときは、
その日一日を潰すような意気込みで
挑まなくては、心理的にこっちがやられてしまいます。

全面的に狂気に満ちているせいかもしれません。

格安の整形手術が大流行中の田舎町に
借金を抱えた主人公が戻ってきたことから
始まる奇妙奇天烈なストーリーですが、
複雑の割には、難しくなく話を追っていくことはできます。

ラブストーリー的なものも無理なく織り込んであって
泣かせますね。
ストーリーの根本に「愛」が潜んでいるので
決してハッピーエンドではない結末にも
何らかの救いが見えてきます。
そのへんが阿佐ヶ谷スパイダースなんでしょうね。

ところで、これって阿佐ヶ谷スパイダースの面々が客演ですよね?
それなのにHIGHLEG JESUS総代の河原雅彦さんが
いちばん浮いて見えるのは、なぜなんでしょう?

0

2005/11/23

映画「TAKESHIS’」  MOVIE


「現世は夢、夜の夢こそまこと」
という江戸川乱歩の有名なことばがありますが、
今日、見た映画がまさにそんな映画でして
夜に見る夢のような映画でした。

監督は、「世界のキタノ」こと北野武、
主演は、ビートたけしと北野武のW主演。
第62回ベネチア国際映画祭コンベティション正式出品作品
「TAKESHIS’」。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ