2005/5/3

ごめんなさい。現在「書く」という行為を差し控えています。  MUTTER


尼崎の事故から約1週間が経ちました。

このあいだビデオで観た舞台に
「人は追い詰められると最低な行動をする」
という科白があってあの事故以降、
よくこの言葉を思い起こします。

その人たちの舞台
某チャンネルアンチ板で
「演劇は演劇好きの人から演技ヘタと揶揄され
お笑いヲタからは笑いどころがないと失笑される
かといってネタ番組用に披露する漫才や短いコントは
あまりにも手抜きで底が浅く5人の必要性すら疑問しされる体たらく
褒めるところを探すのによっぽどの努力が必要なくらいグダグダ
とりあえず中途半端なんじゃボケ
できんことに無理やり手出すな、何欲張っとんじゃ
本来のフィールドも煮詰まってるのに何がしたいんじゃアホ
どっちつかずのダメ集団だな、マジで。 (全文引用)」

という書き込みがありました。

それに対しては反論の余地もなく
私もコントを観るとそれらはあまりに不恰好なコントでしたし
演劇のほうは演劇のほうで中途半端さを感じずにはいられません。
でも、それをひっくるめても、
というか、それだからこそ好きなんです。
もっとまともでスマートで完璧なものはほかにもごろごろしているのに
ダメさ、ゆるさをどこかで求めてしまうようです。

BLOGには特に書きませんでしたが、
4月のほぼ半分は、その人たちのコントや舞台を観て過ごしていました。
観たものについてはこれまでBLOGに何かと書き込んできましたが、
今回はどう書いていいのか判らず、表現する言葉も見つからないので
特に投稿していません。

「人は追い詰められると最低な行動をする」
この舞台のDVDソフトを買おうか、迷っています。
今、心のどこかでこの言葉に縋りついている自分がいます。

ところで、
その1週間ほど、BLOGをお休みしていました。

そのあいだ、何をしていたかというと
PC搭載のDVDデッキが壊れ、
購入先である100○ボ○トというお店に持っていったところ、
何度修理に出しても家に持って帰ってみるとやはりデッキは壊れたままという有様で、
それを1週間のうちに3度も繰り返されたため、
機械より自分がキレてしまうという1週間を送っていました。

だいたいサポーター係の店員、人の目を見て喋らないし、
判りやすい嘘つくし、
自宅からの電話では2回も途中で切りやがるしで
アフタサービスというものがこの世に存在しないかのようなけんもほろろな扱いでした。
最後には、1週間は預けてテストしたいだの
さもなくばリカバリーするなどと云われたので
とうとうキレてしまいました。

というわけで今でもPCでDVDを観ることができません。
お店に持っていったとき、
壁紙が「ヒゲのおいらん」
さらには挿入されたままになっていたDVDが
吉本ワークスのDVDだったため
もの凄く恥ずかしい思いをしたのにも関わらず、
結局何しに行ったのか判らない結果となってしまいました。

そんなこんなで映画も舞台を観ることができず
他にも特に書き込むこともなく
ただ漠然と大型連休をむさぼっている次第です。

こんな毎日が続くようでしたら、このBLOGも長くはないかも…。

それでなくとも
最近、NET上とはいえ公の場に文章を書くという責任感に
軽く押しつぶされています。
私もいろいろなところで毒吐きまくっているものですから…。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ