2004/12/25

完売地下劇場B2  TV


「朝まで生テレビ?」が笑うに笑えないけど、
お笑いを巡る1つの討論番組としては面白いです。
ライブビデオで観ていたネタも
同じ科白、同じ演技なのに
演じるところが変われば、新たに楽しめます。
だから、ついリピート観劇してしまいます。
映画と違って舞台の怖いところってここですね。
0

2004/12/25

大泉洋は日本一のボヤキ芸人  MUTTER


今日はお友達とお茶&ランチ。

満員御礼の高速バスで一路金沢出発、バスの中では久しぶりに「微妙ハンター」を読んで、金沢に着て外に出たらあらまぁ。外は12月とは思えない日差しが照りつけています。バス停に行ったらみんな薄手のコートじゃないの。

私ももっと身軽なジャケット着てくりゃ良かったと思いつつ、リファーレ金沢にあるリブロに直行。デザイン関係の書籍が、入り口から出迎えてくれるのが嬉しい。その後、歩いて香林坊まで。時計は11時。友達と3ヶ月ぶりに再会。まだランチには早いのでとりあえずお茶お茶♪と、ダイニングカフェでヘーゼルナッツ珈琲をオーダーし、それをズルズルすすりながら、ひたすら喋って喋って喋って喋って喋り倒し。

1時近くになり、店を替えるのも面倒なのでそのままランチに突入しました。
そこで「すいませーん」と呼んだところ、やってきた店員さんが偶然にも友達の学生時代の知り合いでした。いやー、北陸って狭いなぁ。

ランチはホワイトソースオムライスをオーダー。吉野やよりも早く1分後、目の前にただのデミグラスソースオムライスが。オーダーミスです。「微妙ハンター」で似たような話を読んだなあ。

旨い旨いとあっという間に食べ、後半戦に突入。

喋って喋って喋って喋って…。


気がついたら3時でした。

とここまで書いて、「読走最前線」http://love.ap.teacup.com/lady7/
久美さま、ごめんなさい。

富山に帰ったのが4時。
寄り道した富山の清明堂書店には悲しいかなデザイン関係の本は一冊もありません。

私は、富山でも同じ市に住む人がうらやむほど中心街に近いところに住んでいるのに
なんでこんなに不便なの?

タイトルとはなんの関係もないボヤキでごめんなさい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ