2004/11/28

雀  RAHMENS


期末試験 傾向と対策 生物

例題
「ウメボシイソギンチャク 」、「スベスベマンジュウガニ」、「ニオイハンゲ」、「ラショウモンカズラ」、「エロディウム ・クリサンツム」、「テカリダケキリンソウ」、「キクバカラクサ」、「ヒルガオウナナリンドンウツボモドキ」のうちどれが動物でどれが生物ですか?分類しなさい。また実在しない生物はどれですか?


☆ウメボシイソギンチャク
Actinia equina (Linnaeus)
ウメボシイソギンチャク科
分布:本州〜九州、地中海
直径:3cm
神奈川県指定天然記念物。
潮間帯のかなり高いところにいる。
数は少ないが黒い体に赤い縦縞が入っているタテジマイソギンチャクも見られる。

☆スベスベマンジュウガニ
Atergatis floridus
十脚目オウギガニ科
分布 房総半島以南
環境 岩礁・堤防
水深 潮間帯〜10m
甲幅 5cm
磯では低潮帯にある転石帯の石の下や岩の窪み等で普通に見られる。岩底の堤防では、魚キラーなどを仕掛けておくとベニツケガニなどに混じって掛かることもある。サキシトキシンという毒をもっているので食べると危険。

☆ニオイハンゲ
Pinellia cordata
テンナンショウの仲間。
分布 中国北部
水を好むくせに水はけが悪いとすぐに腐ってしまう。

☆ラショウモンカズラ(羅生門蔓)
Meehania urticifolia
花期 5〜6月
分布 本州・四国・九州
環境 山地・低山,森林・林縁
晩春の頃落葉樹林を歩くと,林の中に思いがけず大きな青紫を見つけてびっくりすることがある。新緑の頃花を咲かせる多年草。
太い大きな花はほかに似たものはなく,まちがえることはない。
花期の終わりごろ,根元から匐枝を出す。
和名は,太い花冠を羅生門で切り落とされた鬼女の腕に例えたといわれる。

☆エロディウム (姫フウロ)
Erodium ×variabile
フウロソウ科 エロディウム属
原産地 地中海地方(園芸種)
マット状に生育して、白地で脈が桃色の小さな花を多数咲かせる可憐な植物。本種はライハルディー種(E.reichardii)とコルシクム種(E.corsicum)との種間交雑種と言われているが、いくつかの園芸品種があり、花色の濃淡、八重咲きなどがある。

☆クリサンツム
Den.chrysanthum
デンドロビウム・クリサンツム(Dendrobium chrysanthum )のこと。
ラン科デンドロビウム属
分布 東南アジアを中心に、北は日本から南はニュージーランドまで、西はインド西部から東はポリネシアまで

☆テカリダケキリンソウ(光岳麒麟草)
aizoon ver floribundum
キリンソウ aizoon var.floribundum のうち、高さ10cm内外で葉が厚く、茎が直立または斜上し、葉の縁が赤くなるものを、「テカリダケキリンソウ」とする。
原産地 南アルプス、静岡・長野県境の光岳。
葉長: 10〜20mm
花色: 黄
花期:初夏
根茎が肥厚するので kamtschaticum とは異なるが、中間的な種かもしれない。

☆キクバカラクサ
……見つかりませんでした。

☆ヒルガオウナナリンドンウツボモドキ
……見つかりませんでした。



「雀」。
「雀」はねえ、「ニットブックを出すんだ!」ですね。
もの凄い勢いでツボに入りました。
別名「小林賢太郎祭り」と呼ばれているだけに壊れ具合がただなりません。
「ネイノーさん」がお気に入り。
「音遊」の「ミックス弁当」ネタ、一度友達相手に使ってみましたが、ものの見事にスルーされてしまいました。
スルーされると結構辛いです。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ