2004/11/4

メロンメロン「ファミリーボーン」  THEATER−TV


大晦日の高速料金所。
ボクシングの八百長試合を仕組んで全てを失った2人の中年男が主人公の舞台です。
一度も試合に勝ったことのない中年男の八百長試合というと、
映画「MASK de 41」が思い出されるのですが、
但し、あの映画のように試合をきっかけに家族が再生していくのではなく
父娘だけでそれなりに幸せだった家族がそのいいかげんな試合によって壊れてしまった
その後の物語です。

話の発端と父と娘の話は、割とありきたりです。
ところが、その単なるダメ親父の話に
大麻と近親相姦にどっぷり漬かった六角村という村や
ダメな人間と会話のできるポニーとか
生き別れた娘や息子との再会などが絡んで
あっという間に話は非現実的な流れへとなだれ込んでいきます。
しかも、上演時間である1時間20分ものあいだ上手く笑えないままに、あっという間に過ぎます。

主人公の1人をきたろうさんが演じているのですが、
トム・クルーズがどんな映画に出てもトム・クルーズでしかないように
きたろうさんもどんな役につこうがきたろうさんでしかなく
そのため、大竹まことさんと斉木しげ るさんの出ていないシティボーイズ公演のようです。
なんというか個性が強すぎるというのも考えものですね。

ダメな空気に否応なくたっぷり漬かってしまう
そんな舞台です。

ダメな空気って何にもしていないのに
結構疲れますね。
0

2004/11/4

目黒祐樹  PERSON


「何が嫌いって顔が嫌い」
というとレイ・リオッタと、このあいだ子のBLOGで
さらっと告白しましたが、
同じ顔系列で嫌いなのが
松方弘樹&目黒祐樹ブラザーズです。
伊良部選手も嫌いですが、ブラザーズはもっと嫌いです。

その弟のほう、
なぜか、現在
「ネイティブアメリカン風の男」
として頑張っているようです。
「ネイティブアメリカン風の男」というと
なんか響きのいいです。
どこが?と思いつつも、変に納得してしまいます。
云いくるめられてしまいます。
何が嫌いって顔が嫌いにも関わらず
そんな「ネイティブアメリカン風の男」が活躍している映画が
観たくって仕方ありません。

その映画がこれです。
http://www.kss-movie.com/sp/top.html
本来、感想でにぎわっているはずのBBSの閑散振りが
また、欲望を掻き立ててくれます。

今日、たまたま会社でつけっぱなしになっていた
ケーブルTV「Sky・A」で
家族を引き連れ旅番組のレポーターをしているのを観ても、
もうすでに彼は「ネイティブアメリカン風の男」
以外の何者でもありません。

到底、地方公開は無理だと思いますので
早々にビデオリリースして欲しいです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ