2004/10/24

映画「誰も知らない」  MOVIE


随分と遅ればせながら、「誰も知らない」を観てきました。

最近、涙もろくて
自分でもこんな映画で泣くか?!というような映画で泣いているので
ティッシュとハンカチをしっかり用意していきました。
でも、この映画では、泣けませんでした。
だって、この子たちが泣くことも誰かを責めることもなく
けなげに生きているのに、大人の私がそれ観て泣くなんてできませんでした。

大人は子供のためにあるんですね。
子供は必ずしも大人のためにあるわけではないけど
大人は子供のためにある、そんなふうに思いました。

たとえ朝から晩まで仕事とはいえ母親がいたときには、
きちんとしていた部屋が、子供だけになった途端
急速に薄汚れ異臭を放つようになってしまうのが
いたたまれなかったです。

彼らが不幸なのか幸せなのか、よく判りません。
彼らにとっての幸せが家族一緒に暮らすことならば、
母親がいなくても4人離れずいることが
彼らに残された幸せなのではないかと思ってしまいます。

それに母親に捨てられる形となった4人の子供たちが不幸なら
大きなマンションに住みおそらく両親も揃っているだろう少女が
学校にも行かず、援助交際に走り、1晩家を明けても大丈夫なのと
どちらが不幸なのか判りません。

大声で笑うこともなく大声で泣くこともなく
子供たちも生きていて、
何かが起こっても、夜が明ければ朝は迎えなくてはなりません。
不幸か幸せかは全く別として。

どうにもこの映画はつかみ所がなくて
子供を捨てた母親が非道かというと
彼女なり子供たちのことを愛していて
子供たちも彼女を愛しています。
ただ、彼女はとても浅はかで、なによりも自分が大事だってこと。
父親のほうも似たようなもので、悪い人ではないのだけれど
自分のことで精一杯。
他の大人たちも、不注意に彼らと深くかかわろうとはしません。
アドバイスや賞味期限の切れた惣菜はあげることはできても
それ以上は、子供たち自身の意思に任せようとします。
彼らは彼らのできることしかできません。
多分、助けを求めてきたら助けようとすると思うのですが
彼らの母親を連れ戻せない以上
それでも彼らが4人でいたいと思う以上
彼らのしたいようにさせるしかないように思えるんですよね。
そういう大人たちを責めることはできないのは
自分もおそらく彼らの側なんですよね。

考えされられることが多い映画ですが、
そこから先へは進めない、そんな思いが残りました。
0

2004/10/24

映画「アタック・ナンバーハーフ2 全員集合! 」  MOVIE


「アタック・ナンバーハーフ2 全員集合! 」観ました。

前作がまっとうなスポ根ものだったので、
あんまり続編期待していなかったのですが、
続編はちゃんと前作を踏まえたうえで楽しい映画でした。

前半は、ジュンの口から語られるサトリーレックメンバーの大学時代の思い出、
後半は、サトリーレックを離れたノンと残されたジュンとの和解の物語で構成されています。
前作でもそうでしたが、ジュンちゃんは、自分の生き方に恥じることなく、
人生を思う存分楽しんでいて観ていて気持ち好いです。
モンやノンが大学時代、臆面もなく自分を表に出すことができたのは、誰でもなくジュンちゃんと出会ったからだと思います。
結構辛らつなことも云うし、うざったいところもあるのですが。
彼女の周りいると、居心地よさそうです。
ジュンちゃんがあんなふうに明るいのは、
彼女の両親がたっぷり愛情をそそいでいるからなんですよね。
息子のために本気で殴り合いをする父親と
息子の肌の手入れまで気を使う母親に
充分すぎるほどの愛を与えられて
ジュンちゃんはすくすくと育ったんですね、きっと。
今回、新しく出てきた大学時代の友人であるレズビアンのアンの両親も
アンがカミングアウトした際、彼女を受け入れて嬉しいです。
おかまにしろおなべにしろ、自分ではどうしようもないことと戦って
生きているんですよね。
自分の性別に何の迷いもなくのほほんしている私から見ると、
頭が上がりません。
手術でどうにかなると云っても、そのリスクは大きいし、
完全に性が変わることなんてないのだもの。
それなのに偏見とも戦わなくてはならないなんて、
とても勇気がいることだと思います。
そんななかで親に愛されている、自分が何者であれ子供として愛されているという事実はとても大きいです。
これは私が頭の中でそう想像しているだけなんですが、
親にちゃんと愛されているジュンちゃんやアンを見ていると
とても嬉しくなってしまいます。

監督が楽しんでもらうことを第一に作った映画だけに、続編とは云え、前作をしのぐ勢いで楽しめました。

特に中国との親善試合は試合会場のチープさもさることながら、
互いの選手達が入り混じってバレーボールというよりは
遊んでいるといった感じで
みているだけで心がわくわくと同時にほんわかとなりました。

サトリーレックのメンバーでは
見た目は麻薬の売人でもしていそうなモン(サハーパープ・ウィラーカーミン)が好きなんですけど、
今回出番が少なかったですね。
大学時代のパーマ姿がなかなかいけていたのでそれで良しとします。

これも、「ミッション・クレオパトラ」と同じ
ヴァージンシネマズ 六本木ヒルズで公開されているんですね。
なかなか美味しい映画館です。
可愛くて下品じゃないコメディー映画択んでいますね。
まだ、一度も行ったことはないのですが、そのうち行ってみたいです。

う〜ん、「アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX 」定価6090円
買おうかしら。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ