2004/10/7

映画「女王蜂」  MOVIE


今日は「女王蜂」を観ました。

犯人が一同に会しているかのような錯覚に陥る映画ですね。
冒頭からいきなり「悪魔の手毬唄」のリカさんが出てきたかと思えば、
「獄門島」の勝代さんがやっぱりお手伝いさんとして登場、
金田一を誤って轢きそうになる高級車の窓からは「犬神家の一族」の松子夫人の顔が覗いているしで
歴代犯人が一同に解しちゃってますよ。
誰が犯人でも不思議じゃない状況ですよ、金田一さん。

といってもそこはそれ、金田一シリーズなので年齢的に著しく無理があるきつい学生服を着ている人が犯人です。
無理がありすぎて、「なんとか大学を卒業しました」という科白では
「20年ほど留年していたんですか?!」と心の中で突っ込んでしまうほど。
学生服の時から、昼は働きながら夜学校に行っている社会人みたいだったので
昭和7年、11年、27年の年齢の移行が判りませんね。
全部同い年に見えてしまいます。
まあ、それは他の人にも云えることで岸恵子さんが演じた家庭教師・神尾秀子さんも司葉子さんが演じた家政婦・蔦代さんも
一体いくつなのか皆目検討もつきません。
もしかして神尾秀子さんは琴江さんと同い年ぐらいだったのでしょうか?

市川監督、あんまり年齢的に無理なことさせないでください。
時間の経過にまるでついていけませんから。

それから、今回は事件が天城と京都を行ったり来たりしているので、
1つの場所で事件が起こる他の事件に比べて映像的に判りにくいです。
今京都の屋敷にいるのか天城に戻っているのか
金田一さんは今どこにいるのか
そんなに早く京都と天城を往復できるものなのか
遊佐三郎が殺されてからどのくらいの期間で事件が解決したか

…ついていけません。
事件の概要や話にはついていけても時間と場所についていけません。

でも、「犬神家の一族」や「悪魔の手毬唄」には劣るものの2時間楽しんで見ることはできました。

これで、大道寺智子を巡る3人の婚約者がイケメンだったらもう少し楽しめたかも。

0

2004/10/6

映画「毒婦マチルダ」  MOVIE


BLOGのネタ作りのためとは一切関係なく
ふと、松梨智子監督の「毒婦マチルダ」が観たくなってので、
久しぶりにDVDを引っ張り出してきて鑑賞しました。

思えば、この映画から劇団「猫のホテル」を知ったのですね。
前に見たときは、全く役者さんを知らない状態で観たので
改めて観ると、これはこれで感慨深いものがあります。
劇団名が可愛い分ギャップが凄…。

舞台では、濃ゆい芝居ばかり観ているせいなのか
こうして映画で観てみると、今より若いせいもあって
池田鉄洋さんも中村まことさんも市川しんぺーさんも
思っていたよりあっさりとしています。
やっていることは、濃いんですが、見た目が薄いんです。
そのため、今回見直すまで、あのときの作業服の兄ちゃんが
中村さんだなんて気がついていませんでした。
池田鉄洋さんも役どころが役どころ(北朝鮮の殺し屋ジョー)なのに、
舞台で見るそのにじみ出るような濃ゆさがありません。
反対に森田ガンツさんなんてこの作品の「レプリカントシンジ」のほうが好きだったりするんですけどね。
それにしても、千葉雅子さんはいついかなるときでも千葉雅子さんですね。
演技も口調も千葉雅子以外の何者でもない威圧感があります。
あんまり、個人の個性が際立ちすぎてテレビドラマとか使ってもらえなさそうなんですけど。

最近、舞台を観だしたくせに、いっぱしめいたこと書いてごめんなさい。

ここまで書いた文章に
「北朝鮮」やら「レプリカント」やらあって
この映画について何の予備知識もない人はどんな映画かと思われているでしょうが
常に前向きに生きていく一人の女の子が、
巨人の星を目指したり、
殺し屋に拾われたり、
金正日の嫁になったり、
場末の見世物小屋で働いたり、
歌手デビューしたり、
文学賞をとったりして、
ついには国会議員になるまでをシリアスなラブストーリーを絡めて描かれています。

結構真面目に愛を語っているところは、松梨監督も好きな周星馳の映画にも相通じるものがあるようです。

0

2004/10/5

映画「デビルマン」  MOVIE


テレビアニメの「デビルマン」は観ていなかったので、
「デビルマン」というと少年マガジンコミックス版の「デビルマン」です。

クリックすると元のサイズで表示します

デビルという言葉は、そのときに覚えたものですが、今回せりふのなかで
「俺はデビルマンだ!」と真顔で叫ばれると、結構気恥ずかしいですね。
本名は「アモン」なのに勝手に「デビルマン」呼ばわり…。

満を期しての映画化だけに、原作に忠実に作られています。
ので、原作を読んでいる人も多いの思うので
いきなりネタバレでレビューを続けていきます。

ストーリーですが、たしかに全5巻あった原作の各エピソードを満遍なく
なんとか2時間以内に納めています。
ただ無理やり納めているので、原作では前半の見所であるシレーヌ編が物凄く中途半端なところで終わっています。
それはもうびっくりするほどで、シレーヌ編のあとはずっとそれが気になって
続く話に集中できなくなるほどです。
もちろん、シレーヌ編で女なら一度は云われてみたい科白をのたもうたあのデーモンも出てきません。

こういう原作とは違っていて、惜しいと思うところはもういっぱいあります。
まず、牧村美樹ちゃん役の酒井彩名さんは、足なんて両脚の間にもう1本脚が入りそうなくらい細くて
…………って細すぎです!
痛々しいくらい細いです。ドラえもん基金でワクチン注射してもらう国の子供くらい細いです。
とても学生かばんの中に鉈を隠し持っているような美樹ちゃんじゃありません。
原作の美樹ちゃんは自分のことを「拙者」と云っているような子だったのに
酒井さん、肩から腕にかけて骨が透けて見えて、見るからに痛々しいです。
それなのにずっとノースリーブです。

飛鳥了が飛鳥博士の実の子ではなかったエピソードもかけ落ちています。
この辺はしっかりやって欲しかったです。
飛鳥了、原作以上に目立っている割には、原作より設定がすかすかになっているんですよね。サタンになっても胸がないし。
不動明との関係が見た目は強そうに見えて中が詰まっていない感じです。

ストーリーでは、
飛鳥了がデビルマンの正体をテレビで公表するところや
ススムちゃんのエピソード、牧村家惨殺にかかわった人間が上からの命令だと言い訳するところ
など、ただでさえ人間不信になる話をさらに救いようのないものにするそういう細かいところが
抜け落ちているのが、残念です。
あまつさえ、牧村家に人々が押し寄せる際、向かいに住む男が、
その群集を見て「知らない人ばかりだ」とのたまうのも残念。
絶対、知っている人もいるって。
牧村家の人が毎朝挨拶を交わしているようなご近所さんもあのなかに混ざっていると思います。
監督、ちょっと逃げていません?

そして、最大に惜しいというか、これが全てをぶち壊しているといっていいのが
主人公の伊崎央登さんがものすご〜く

演技が下手、

ということです。
科白に感情が籠もっているようにはどうしても聞こえません。
一番の見せ場である、美樹の死に直面したときも
不動明の悲しみがこちらにちっとも伝わってきません。
しかも万事がそれです。
何をやっても彼の喜びも怒りも悲しみもこちらまで伝わってきません。
監督もなんで彼を択んだのかと、怒りたいのですが
たぶん、散々演技指導した結果がこれだと思われます。
まあ、それだけ不動明という役は難しいんだと思うんですよ。
いじめられっこだったのにある日突然悪魔と融合することになり、
なんとか自分の意思で悪魔を押さえつけることに成功したものの
家族と恋人を守るべきはずの人間に殺され、
友人には裏切られ、全てをなくしてもなおも戦い続けるこの役を
ジュノンボーイがやりこなすのは確かに難しい……
……………………でも、やっぱりこれはないよなあ。
伊崎央登さん、全て君がぶち壊しているわ。
変身したら、ただでさえ棒読みな声がさらに機会が入ったような声に変わっていて
ますます聞き苦しくなっているのもこまりものです。

まあ、いいところもあります。ありますよ。
「悪魔狩り」で真っ先に狩られちゃう鳥肌実さん、いかにも真っ先に狩られそうです。
ナイスキャスティングです。
ちょっこっと出てくるきたろうさん、
「シティボーイズライブ 愚者の代弁者、西へ」の「灰色の男」のときのきたろうさんでした。
まさに「THEきたろうさん」な役どころでした。素晴らしかったです。

あれ?と思うところは多々ありましたが、
人間の本当に嫌なところが繰り返し繰り返し何度も出ていて、
自分もその嫌な人間側に含まれることを深く認識できるのは
映画として凄いことです。
「いじめ」から始まって「悪魔狩り」へのと移行する人間の愚かさは本当救いようがありません。
といっても、結局、原作がありきなんですけどね。



ここまで書いておきながらなんですが
今日中にUPしようと勢いで書いてしまいました。
後日、編集すると思いますので、そのときはご容赦ください。
0

2004/10/3

映画「八つ墓村」  MOVIE


4月の「犬神家の一族」でも、フジテレビでのドラマ放送直後に
CSの日本映画専門チャンネルで映画版「犬神家の一族」が放送され
やっぱりへいちゃんの方がええわ、となりましたが、
今回もドラマ放送直後に日本映画専門チャンネルで
「八つ墓村」が放送されるようです。
日本映画専門チャンネルは、普段から司会や案内人にフジテレビのアナウンサーが使われているので、このドラマ放映→映画放送は、作戦のひとつなのかもしれませんね。

ともあれ、映画版は過去に一度ゴールデン洋画劇場で観たっきりなので楽しみに待っておりました。

ところが、のっけから
高橋一也のような顔をした青年が出てくるじゃありませんか。
あれぇ、萩原健一でてなかったっけ?








って、これ市川崑監督作品の方ではないですか!?

凄くがっかり…。
私は寅さんの方が観たかったのに…。


0

2004/10/3

ラッパ屋「裸でスキップ」  THEATER−TV


「凄い金魚」に続いて
ラッパ屋「裸でスキップ」を観ました。

椅子職人の佳代子は、酔っ払った勢いで区役所職員で平凡を絵に描いたような小松を
会社の寮に引っ張り込んでそのままベットイン。
ところが、酔いが醒めてしまうと、小松のことはおろかそれまでのことを何も覚えていません。
そんな佳代子を特別な女性と思い込んでいた小松はがっかりしますが、
その後二人はいきなり結婚してします。
しかし、アーティストとしての夢を追いかけ特別な人間になることを目指す佳代子と
ごくごく平凡な生き方しかできない小松とでは、結局続くわけもなく
ちょっとした喧嘩をきっかけに3年後離かれてしまいます。
時が過ぎて佳代子の勤める老舗の家具製作会社は、不況のあおりを受け
新進のインテリアショップに吸収合併されてしまいます。
そのため佳代子を除く全ての社員を切り捨てなくてはならなくなった社長は
最後の日を飾るパーティ会場で裸で踊りだし、社員も次々それに続いて裸になって踊り出します。
パーティが終わった頃、踊り疲れた佳代子と木村は、どちらからともなく抱き合って眠りにつくのでした。

…みたいな話?
お話もリアルですが、舞台セットもリアル。
家具職人さんが住む寮と会社の工場が同じ建物にある設定になっていますが
炊事場の水道からは普通に水が流れていますし、出てくる食べ物はみんな本物です。
棚には唐辛子や胡椒のビンが並んでいます。
談話室のようなところがメインの舞台になっていますが、
部屋ばかりかテーブルや椅子なども木でできていて
とても懐かしい感じします。
下町好きな私にとっては住んでみたくなるような寮です。
しかも従業員は年齢も性別もばらばらの人たちなのに
みんな普通に仲が良くってうらやましい限りです。

劇中、なんどか「勝ち組」「負け組」という言葉が出てきますが
この言葉にとらわれることなく、幸せを見つけ出していく人たちの話なんですね。
ラストも温かい気持ちにさせてくれます。

ところで、小松役の木村靖司さんて
「凄い金魚」を見たときも思ったのですが、津田寛治さんに似ていますね。
似てるということでラッパ屋、今度舞台があったら観にいきそうです。
0

2004/10/2

アボルダージュ 〜接舷海戦〜  STAGE


スケールが今年度最大級にも係わらず、
私も含め観にいった人から全くいい評判を聞かない
山本寛斎スーパーショー「アボルダージュ 〜接舷海戦〜」が
今日の15:20からNHK教育で放送されていたので
もしかすると映像で観たら違った感想を持てるかもと思い、
午後からはどこも出かけずテレビの前へ。

「日本を元気にする。」プロジェクトと大きく銘打たれたこの舞台
元気なのは、武道館に張り巡らされた水の上を飛んだり(事実)跳ねたり走ったりしている
出演者とスタッフだけではないか、と思われるほど
観客置いてきぼりのSUPER SHOWだったわけですが、
テレビ放映に際して各章のあいまあいまに山本寛斎本人の次の章についての
こと細かい説明が彼の体験談を交えながら挿入されていました。
各章全て台詞なし音楽のみで語られていくため、
実際生で観た人たちには、目の前で何が起こっているのかついていくことができませんでしたが
流石NHK、字幕でその点はちゃんと補足しております。
しかし、なんですよね、補足しないと判らないなんて、オペラ見ているわけじゃないんですから。


役者の顔がはっきり見えるのが好いだけです。
あれだけの男優、女優が集まるということはそうそうありませんよね。
でも、飛んだり跳ねたり走ったりしている男優さんに比べ
ただ寛斎作の振袖を着てくるくる回っているだけの女優陣は楽しかったのか
疑問に残ります。一応、笑顔は見せていますが、
その笑顔も、「これだけの出演でこんなにギャラもらえて嬉しい!」
みたいに見えちゃって困ります。
男優陣にしても女優陣にしても彼らよりも
素人の出演者300人のほうがよっぽどたのしそうなんですよね。


ひとあし先にBSでこの舞台を観ていた友達には
「寛斎による寛斎だけのための寛斎の舞台」と云われましたが、
それは生で観ても映像で観ても変わりませんでした。

土曜日の午後、中途半端な時間にNHK教育で放送されること自体
NHKもあんまりこの舞台を高く評価していないんでしょうか?
新聞には、ヒロインであるはずの山本未来さんの名前も抜け落ちています。
おそらく再放送されることはないんでしょうね。
0

2004/10/2

映画「悪魔の手毬唄」  MOVIE


いきなり肌寒くなりましたね。
ていうか、寒すぎです。
さっきまで半袖短パンで寝ていたから寒い寒い。
だからといってこんなに早い時期から暖房器具を出すわけにもいきません。
気を紛らわせるため、CSを撮り溜めたビデオから「悪魔の手毬唄」を観たら、
これがまた寒々しい風景が続き、さらに体感温度が下落するはめに。

この「悪魔の手毬唄」は大学生の頃、ゴールデン洋画劇場で観たのですが、
それまで日本映画というと「もう頬づえはつかない」とか「男はつらいよ」ぐらいしか観ていなくて
日本映画のイメージというと
「じめっと湿った板塀から変な匂いが漂っている」…ような、感じでした。
ところが、この映画を観てまさにカルチャーショック。
こんなかっこいい映像があったのかと狂喜乱舞。
翌々日、登校するや否や、横溝正史好きの友人に
この映画の素晴らしさを捲くし立てたものでした。
もちろん、その友人は劇場で鑑賞済みでしたが、一緒になった盛り上がってくれました。

今見ても好いですね。
影と光の使い方とか、静止画を使うところとか。
大学のときは映像ばかりに気を取られていたのですが、磯川警部がなんとも可愛いです。

犯人当てや推理を楽しむのはなく
様式美や映像の凝り方を楽しむ映画なんですね、これって。
だから何度観てもやっぱり面白いです。

公開当時は、あの酒樽から覘く生首が怖くて予告編すら観ることができなかったのに
今では、黒焦げの死体ですら平気になってしまいました。

それにしてもほんと寒いです。
凍えるかと思いましたよ、ほんとに。
0

2004/10/2

ドラマ「美しき日々」  TV


先にBSで嵌った母の友人が
「見なきゃダメ!」と、ハリウッド超大作を目の前にしたおすぎのようなことをまくし立てるので
その気になった母につき合って
「冬のソナタ」に続くNHK総合土曜午後11時15分第2弾「美しき日々」見ています。
第1話だけで1975年、1985年、1995年、2000年といきなり25年もの歳月が流れ
その間に、芸能界のデキレースに大麻疑惑の罠、それに絡む殺人事件、加害者に引き取られた遺族、
家庭内不和、孤児の姉妹、大火傷、交通事故、祖母の死、妹の失踪、プリンス、万引きと
もうおなかいっぱいです。
見終わったときには、へとへとです。
あまりにいろいろなことがありすぎてそのあと心安らかに就寝することが不可能となってきました。
「冬のソナタ」もそうでしたが、
ほんと、韓国のドラマは勘弁して欲しいです。
このさむいぼがでるような濃ゆさ、何とかして欲しいです。

第1話だけ見てこう云うのもなんですが、
「冬ソナ」が「赤い」シリーズならば、
この「美しき日々」は
孤児と歌手ということでずばり「さすらいの太陽」。
ドラマを見ながらとっさに頭によぎったのが「さすらいの太陽」。
たぶん、あんな感じになるのを期待しています。。
なにしろ韓国ドラマですから、あのくらいやってもらわないと。
0

2004/10/1

2時間ドラマ「八つ墓村」  TV


フジテレビで午後9時から放送された「八つ墓村」を見ました。
4月に放送された「犬神家の一族」に引き続いて金田一耕助に稲垣吾郎を配したあれです。
4月にすでに予告があった第2弾です。

他の配役は
田治見辰弥:藤原竜也
森美也子:若村真由美
田治見春代:りょう
田治見要蔵&久弥:吹越満
小竹さま:江波杏子(なぜか小梅さまは違う人が演じています)

この物語で不気味で怖い役回りである田治見要蔵、小竹&小梅さまを差し置いて
なぜか田治見春代さんが怖いです。
ていうか、演じているりょうさんが怖いです。
彼女と比べれば、吹越満さんなんて可愛いものです。
彼女なら村民全員がかかってきても気迫だけで田治見家を守っていけそうです。
そして、そんな彼女を上回りさらに怖いのは森美也子さんです。
若村真由美さんが出てくるたびに彼女の背後に釈尊会のあの人の姿が見える、見えてしまいます。
これは怖いです。
若村真由美さんの背後の生霊が怖いです。

それ以外では、やはり恐怖に駆られた村民の集団心理が怖いですね。
彼らにとっては多治見家は自分達の生命を脅かす存在でしかないので
自分達に関係ない多治見家ゆかりの人が死んだだけでも
いや死ぬ前からヒステリックになってしまうのは仕方ないですが
集団で1つの「邪悪」に向かおうとするとどうしてあんなふうになっちゃうんでしょうか?

これで、辰也さんはあわや命を落としかけるんですが
こまったことに、そのピンチから救いだしてくれるのは
警察でも金田一耕助でもなく
八つ墓村で惨殺された8人の落ち武者の亡霊なのは




いただけませんよね。
それはないですよね。
横溝正史先生もびっくりな結末です。

ついでに、美也子さんが死ぬのは、春代さんに噛み付かれた小指の怪我が原因なんですけど
そこはそれ流石りょうが演じただけあって
春代さん、ただ噛んでいるだけでなく
第一関節から噛み切っています。
もし今後「極道の女たち」が映画化されるなら姐役はりょうさんで決まりです。
こ、怖っ!

ところで、これまでも何度も映像化されている「八つ墓村」ですが
残念ながら、今作品でも原作ではもっとも愛らしく金田一よりも活躍する
里村典子さんの存在が全く無視されています。
これは一九七七年に野村芳太郎監督が撮った「八つ墓村」の影響が大きいのかもしれません。
私は、この里村典子さんが好きだったのでこうもないがしろにされると、残念です。
さらにその里村典子さんのお兄さんで美也子さんが事件を起こした動機となる
里村慎太郎さんも影が薄いです。演じた俳優さんの顔すら覚えていません。
そのせいで美也子さんのこの事件に対する思いの深さが伝わってきません。

まあ、でも、2時間ドラマなんで仕方ないかな。
0

2004/10/1

CD「LEON DAWN」  CD


yes.asia から
黎明の「LEON DAWN」と張學友「黒與白」が届きました。
「LEON DAWN」は全12曲収録のCDとビデオクリップ6曲収録のDVD付。
「黒與白」は新曲5曲含む全26曲収録の2枚組北京語ベスト盤でビデオクリップ10曲収録のDVD付。
どちらにも云えることですが、箱入りです。
普通のCDボックスには入りきれません。
ただ、この2つほぼ同じ大きさなので、それはちょっと助かります。

まず、「LEON DAWN」の封を切ってみました。

…ちょっと、見ないうちに(ちゃんとしたアルバム出すの2,3年ぶりですよね)
顔、変わりました、黎明?
今回の歌詞カードはすべてポストカード仕様なんですが、
そのスチールの顔が、なんか変?
特に目が変…。…誰、このひと?
黎明ってこんな顔でしたっけ?
あれ??

DVDのほうから観ているんですが、
ビデオクリップのほうは以前と変わっていなくてほっとしています。
テクノ調の曲とバラードが交互に収録されているのも相変わらず。
1曲目の「一比一」では、これまでの雷頌徳さんの代わりに
黄秋生さんが黎明と共演しています。
ふ、二人が並ぶとなぜか黄秋生さんのほうが痩せて見えます。
気のせいでしょうか?
「別舔傷口」は東京がロケ地のようです。
う〜ん、どのあたりなんでしょう?
東京タワーも見えています。
ザボンというラーメン屋は美味しいのでしょうか?
この「ampm」はどこにあるんでしょう?
あ、六本木なんですね。
ということばかり気にしていて曲聞いていませんでした。
あ、しかも導演はL.L.だ。
なので、当然メーキングまであります。
結構楽しそうですね。
そろそろ、日本でもコンサートするんでしょうか?
そのへん、ファンではないので判りません。
あったら行きますけど。

久しぶりのアルバムですでに30代も後半となった黎明ですので
てっきりしっとりとした大人な曲ばっかりになっているかと思っていたのですが
なんてことない雷頌徳と黎明のコンビはまだまだ、やってくれます。
ばかっぽいポップな黎明好きの私には大変喜ばしいことです。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ