2004/10/22

都筑道夫「血みどろ砂絵」  BOOK


今秋観たい映画が次から次へと公開されるのと
年末に東京での舞台観劇が控えているため
余分な出費を控えています。

新しく本を買うお金も出し惜しめ
諸事情から図書館も利用できないので
家の本棚から昔買った文庫本を引っ張り出して読んでいます。

いま、読んでいるのは
中学生の時に嵌って、これだけはBOOK・OFFにも売らず
手元に残してある都筑道夫「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズ全11巻。
11巻中、半分が角川文庫(緑帯)版、残りの半分は光文社文庫から再版されたものです。
それを、第1巻にあたる「血みどろ砂絵」から発行順に読んでいます。
角川版にいたっては、表表紙の折り返しに
角川映画「汚れた英雄」の宣伝が入っていたりと、時代を感じさせます。
この頃の角川文庫って本当に内容が充実していて
「角川文庫目録」だけでも1冊の読み物でした。

勿論、当時は都筑道夫さんの作品も目録2〜3ページ分の書籍が
角川から出版されていました。
都筑道夫さんの作品は、どれも好きでしたが
中でもこのシリーズがダントツで好きです。
このシリーズが連載されていた当時、NHK総合では
水曜日の午後八時から時代劇を放送していて
(中井貴一主演の「立花登青春捕り物控」とか放送していました)
いつかこのシリーズがその枠でドラマ化されるのが夢でした。

考えてみれば、主人公の砂絵のセンセーをはじめ
出てくる面々が、当時の身分で云えば「非人」にあたるため
天下の国営放送でのドラマ化なんて不可能なんですよね。
と、物が判って諦めがついた頃に
なぜかTBSが主演ビートたけしで2時間ドラマ化しました。
主演以外の配役にたけし軍団を使ったのは、
「こんな手もあったのか!」と感心しましたが、
いかんせん、砂絵のセンセー役がたけしだったので
未だ観ていません。
評判もすこぶる悪かったようです。

いまでも、
無精ひげで適度に汚れていて、それでいて頭が非常に切れる人物に
好感を抱いてしまうのは、
三つ子の魂百まで、
13,4歳の分際でこんな本、読んでいたからなんでしょうね。
と、しみじみなってしまいました。

0

2004/10/21

映画「隠し剣 鬼の爪」  MOVIE


「隠し剣 鬼の爪」の試写会に行ってきました。

アカデミー賞ノミネートの「たそがれ清兵衛」
に続く山田洋次監督×藤沢周平原作映画第2弾です。
わざとらしさが鼻につくエピソードがいろいろと盛り込まれていた
「たそがれ清兵衛」に比べ地味ではありますが、
こちらのほうが私は面白かったです。
藤原周平の短編2本を片桐宗蔵(永瀬正敏)という下級藩士の身に
起こった出来事として無理なく描いています。
明らかに2つの話が別々に進行しているのですが、
それが気にならないくらいちゃんとできていて
山田監督は前回の「たそがれ清兵衛」から得た
反省点を丁寧に修正して作り上げたという感じがします。
物語の流れがとても誠実です。

俳優人もいかにも「極道の女たち」を引きずっている高島礼子さんには、
ちょっと引いてしまいましたが、
それ以外の配役は無理がなくすんなり観ることができました。
松たかこさんもきえの役は松たかこさんしかかんがえられないくらい
しっかり嵌っていました。

タイトルとなっている「隠し剣 鬼の爪」は、
その名の通りの剣技で意表をつかれました。
なぜ、戸田寛斎(田中泯)が門下生である片桐と狭間弥市郎(小澤征悦)のうち、
剣の腕が劣っている片桐に伝授したのかも納得できます。

このあたり時代劇として見て、最初から小太刀の達人であるたそがれ清兵衛より、
劣っている上で秘策を得て斬りあいに挑む片桐のほうがしっくりときます。

ラストは、ちょっとできすぎなきもしないでないですが、上手くまとまっています。

どうしても「たそがれ清兵衛」の2番煎じてきな扱いをされてしまうそうな
「隠し剣 鬼の爪」ですが、
下手に日本アカデミーで賞を取り巻くってしまってその印象が強い「たそがれ清兵衛」より、
賞なんてとらなくてもいいからこのまま心に残るような作品でいて欲しいです。

ところで
クリックすると元のサイズで表示します
緒形拳さんが演じられた家老役は
あの「必殺仕掛人藤枝梅安」と同じ殺し技で始末されてしまうのが見たくての
配役なんでしょうか?
というくらいあのシーンは「おおっ!」でした。

0

2004/10/20

映画「ヴァイブレータ」  MOVIE


「ヴァイブレータ」、DVDで観ました。

この映画、ダメな人にはダメなようですが、
私は、素直にいいなあと思いました。
特に、川原で朝を迎えた早川玲(寺島しのぶ)の足元に
空き缶が転がってきて、見上げた先に
岡部(大森南朋)の笑顔があったシーンが
凄く好き。ほっとします。
劇中でそういう岡部のことを玲は
「この人の優しさは本能だ」と云っていますが、
まさにそう。
映画の中がとても居心地いいです。
可笑しいからの「笑顔」ではなく、
人と向かい合って自然に現れる「笑顔」の力って凄いです。

東京−新潟の旅を終えて
はじめて出会ったコンビニの前で別れて、
これまでの生活に戻る結末も
あっさりしていて好きです。
「ただあたしは自分が、いいものになった気がした。それだけでよかった。」
寺島しのぶさんの演技を観ていると
ほんとうにそんな感じがします。
夜が明ければ、また吐き戻しに戻るかもしれないけれど
それでもいいかな。
岡部といた数日、たった1日だけだったけど
吐くことがなかった日があったことが嬉しかったように、
一瞬でも玲が自分のことを「いいもの」にかんじたのなら
それはそれでよかったと思います。
人それぞれですが、そういう日が必要な人もいると思うのです。

うん、やっぱりこの映画好きです。
この映画に魅かれるのは
私も玲と同じように心が病んでいるのということなのかもしれません。
でも、心が病んでいることでこの映画が好きになれたのなら
やっぱりそれはそれで良いかな、と思います。
そういうのも悪くないなあって…。
0

2004/10/19

映画「コラテラル」  MOVIE


俺は、ハリウッドの二枚目俳優。
♪世界一の男前を自認してます。
今回、悪役に初挑戦。
新境地開いて一皮向けました。
これでオスカー狙ってます。
いよいよ俺も演技派か、
って言うじゃない。♪
でも、あんた何演ったって、「主役」ですから、残念!
「トム・クルーズのコラテラル」斬り!

波田陽区的に語るとこんな感じの
「コラテラル」の試写会行ってきました。
トム・クルーズ、主役・脇役問わず
どの映画もトムの映画になってしまうのは
如何ともしがたいですね。
あのお面、主役以外に使い道ないです。
「マグノリア」でさえ、今や「なんだっけ、あのトム・クルーズが出ていた映画」ですよ。

この映画だって、主人公は
ジェイミー・フォックス演じるマックスですが、
そんなこと関係ありません。
トムが現れた途端、「コラテラル」が「トム・クルーズのコラテラル」に
早変わりです。

そんなトム・クルーズ、
大半の方が映画を観る前からご存知のように
今回、一応殺し屋役です。
これまでのイメージを払拭するためか
白髪交じりに無精ひげで頑張っています。
本人の談では、一度も失敗をしたことがない殺し屋だそうです。

嘘です。
殺し屋歴6年と中途半端な経歴ゆえに、
些細なミスしまくっています。
危なっかしくて逆にどきどきさせられます。
組織のほうも、心配なのか時間と金をかけたリストを用意して
彼を使っていますが、そんなリスト作る余裕があったら
自分たちで殺せばいいのでは、と首をかしげてしまいます。
だいたい、逆算して30なかばの殺し屋デビューっていかがなもんでしょう。
そろそろ、老眼も入ってくるのでは、と将来に不安を感じます。

まあ、トムは脇において映画はどうだったかというと
久しぶりに街がしっかり描かれていて
ロスに観光旅行に行ったかのようでした。
高層建築物が乱立して、ネオンやオフィスの明かりで夜景が美しいにもかかわらず
妙に薄汚れた街並みの描写が素晴らしかったです。
ただ、人物も建物も看板や車もやたらアップになっているのが気になりました。
どの人もスクリーンから顔はみだしていました。
こういう技法嫌いじゃないんですけど、
あんまりこればかりだとくどいです。

ストーリーは先が読めちゃう程度のものなので
特別感想はありません。こんなもんでしょう。
マイケルとヴィンセントの間にあるはりつめつつも
淡々とした空気が好きなので
これをもっと煮詰めて欲しかったです。
ラストのあの落ち着いた感じが全編通してあれば…。

香港で劉徳華を悪役に添えてリメイクしてくれないでしょうか?
ジェイミー・フォックスの役は張學友。
ジェイダ・ピンケット・スミスはカレン・モク。
で、俳優さんの名前知らないんですけど、刑事役は劉青雲。

0

2004/10/18

プロレスの映画  MOVIE


気のせいかかもしれませんが、
今年、「プロレス」を扱った映画がやたら目に付きます。

先日、東京で観た「MASK DE 41」を皮切りに
「大阪プロレス飯店」
「お父さんのバックドロップ」
そして、今年のはじめ
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で公開されるものの
一般公開がまるで未定だった「あゝ!一軒家プロレス」が
12月4日〜17日、新宿シネマミラノでの公開が決まりました。
「MASK DE 41」も2001年のクランクアップから
3年を経てようやく公開されましたが、
なにゆえ、これらの「プロレス」映画がこぞって今年公開に相成ったのか
不思議です。
それも微妙にインディーズだったり、中華飯店だったり。

と、書いておきながらなんですが、
本当は、
トゥインクル・コーポレーション公式HPの
INFORMATIONに更新された
DVD 『ラーメンズDVDボックス 「CHERRY BLOSSOM FRONT 345」「ATOM」「CLASSIC」「STUDY」』ポニーキャニオンより12月15日発売
のニュースに慌てふためいていたら、
その下の記事に
映画 『あゝ!一軒家プロレス』 (12月4日〜17日、新宿シネマミラノにて公開・片桐のみ出演)
と書かれてあるのを見つけただけなんですけどね。
2004年下半期だけで4本も「プロレス映画」が公開されるのは
やはり気にかかります。

あ、でも、やっぱりDVD発売のほうが気になる……
全部VHSで持っているので、改めて買おう買わまいか
…なんて悩むまでもなく買うんですけど、
そういう自分で自分はいいのか、悩みどころです。

0

2004/10/17

映画「ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー」  MOVIE


タイには2つの人種があります。
一つは、鼻梁が特徴の見るからにタイの人
もう一つは、タイ以外のアジアでも受け入れられる顔立ちのタイの人。

この映画でいうと、
ソム役のワナチャダ・シワポーンチャイさんが前者で
バン役のパワリット・モングコンビシットさんが後者です。

で、二人の共通点は
どちらもいっぺんで名前を覚えられないことですか?

タイ映画は、いまのところ厳選に厳選を重ねた作品しか入っていないのか
それとも、タイで作られている映画はどれも良質なのか
割とはずれがないですね。
この映画も、上質なVシネマといった映画で
物語は、やさぐれた青春恋愛ものとしてはありきたりなものなんですけど、
淡々としていて好きです。

ソムとバンの心が通じ合ったときにふと見せる笑顔とか
ソムの残した言葉や最後にとったバンの行動とか
こちらが予想していなかった
ささやかだけど良い絵を見せてくれます。

タイトルが全くストーリーと関係ないのも強気でいいです。

タイ映画というより
単にオキサイド・パン監督が上手いのか……?

パワリット・モングコンビシットさんは、前作「RAIN」でも
充分に男前でしたが、
今回の無精ひげにだらしない格好がまた似合っていますね。
私が、男だったら確実にこの主人公みたいになっていましたね。
それも自分から望んで。
ろくな仕事もせず母親と同居しているあたりもさらに「ダメ人間」さを
強調していてグーです。
あんなでかい図体、家の中に1つあったらそりゃ邪魔ですよ、邪魔。
こそこそ、Hなビデオを隠れみているのも情けなくて泣かせます。
実際にいたらいい迷惑なんでしょうけど、この人がやると嵌っていますね。
次はどんな映画にどんな役で出てくるか楽しみです。

0

2004/10/16

松尾スズキ「お婆ちゃん!それ偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!」  BOOK


本屋に行ったら、新刊の棚に松尾スズキさんの著作が一塊で並べられてありました。

新刊と云いながら「スズキが覗いた芸能界」「監督ちゃん――映画「恋の門」制作日記」
と一緒に「読んだはしからすぐ腐る!」もおいてあったりして
見た目なんだかなあ、なんですが、
「TV BROS」連載の「お婆ちゃん!それ偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!」が
1冊の本にまとまっていたので1冊買ってみました。


……、これ、ところどころ、えらく笑えるんですけど
お金払って読んでいるんじゃなかったら、
途中で読み飛ばして、そのままBOOK・OFFしちゃうかも。
いやあ、面白いところは、面白いんですよ。
声に出して笑えましたもの。
でも、松尾さん自身、その場の思いつきで書き進んでいるらしく
(というか、それがこの本の売り ? )
途中話があっちゃこっちゃに飛んで、コラムとしては
「踊る!さんま御殿!!」なみについていくのが大変です。
最後まで何を語りたいのか
それとも何も語っていないのか
その辺の判断のつかない文章もそこそこあります。
私の頭が悪いだけなのかもしれません。
時々振り落されつつもついていくのがやっとです。
そういう文章も読み下していくうちに
これが一番、松尾さんらしい文章ではないかと、
思えるようにはなったのですけど、
共著である河井克夫さんがあとがきに
「大変に読み疲れする本になっていることと思います。」と
書かれていて、大きくうなづいてしまいました。

まあ、それはさておき
144ページの「ブックオフにオフな俺である」という回に
古本屋で裏に自分のサインが入ってるやつが見つかったら
(今の10倍)ナーバスになると書かれているのですが
私がBOOK・OFFで購入した「永遠の10分遅刻」がまさにそれで
BOOK・OFFにあったにもかかわらず
書店カードもついたまま、ページも開いた形跡も全くなく
明らかに新古本、さらには内表紙に松尾さんのサイン入りでした。
サインが本物なのかは、いまのところ判りません。
ただ、「読んだはしからすぐ腐る!」だったかに
平積みされている自書に勝手にサインをする松尾さんの話があったので
これもそのうちの1冊かも、と勝手に推測しています。
それにしてもどういう経過で
富山のBOOK・OFFに流れ着いたのか
そちらのほうが気にかかります。

ところで、私がここに書いている文章も
相当に判りづらいですね。
ごめんなさい。

時々、読む方に不快感を与えていないか
とても心配になります。
どきどき。
0

2004/10/15

張學友「黒與白」  CD


張學友「黒與白」聞いています。

1つの前のアルバム「Life is Like a Dream」は
張學友が3年の月日をかけて作り上げた
デビュー以来初めて全10曲が自作曲という
記念すべきオリジナルアルバムにもかかわらず、
なぜかどれひとつとっても琴線に触れる曲がなくて
1度聞いたっきりになっていますが、
この新曲5曲を含む北京語ベストアルバム「黒與白」は
耳慣れた曲もあり、はじめての曲もありと
何気にBGMにもってこいなので、何かにつれ聞いています。

ところで、私が持っているのは、9月に発売された黒色版(首批限量版)のほうですが、
先日、収録内容が全く同じ(CD2枚、DVD1枚)の白色版(普及版)が発売されました。

まかり間違って買いそうですが、
必死にその衝動を押さえ込んでいます。

香港のCDでは、こういうことはざらにあって、
同じCDでも、後日ミュージックビデオが収録されたVCDや
ミニ写真集(年末ならカレンダー)のついたものが
装いも新たに発売されたりします。
そのたびにCDを買うと、いつの間にか同じCDが家に
何枚もあるという状態になってしまいます。
SACD(Super Audio CD)なるものが出てきてから
さらにその傾向が激しくなってきました。

実際1999年の暮れに発売された「走過1999」なんて
香港版、台湾版、カレンダー付き、VCD付きと
同じCDが家に4枚もあります。

「黒與白」はそんなことにはならないと強く願っていますが、
これのブックレットの写真が鼻血出るかと思ったほど良かっただけに
普及版以外で新装版が出たら間違いなく手を出してしまいそうで怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します

DVDの1曲目「黒白畫映」の映像は
なんか、海賊の人みたいでしたけどね。


1

2004/10/15

給料日  MUTTER


昨日、チケットWブッキング疑惑で大汗かいたのもつかの間
今日もまたやらかしてしまいました。

私の会社は、給与が30日締め15日支払いなんですが
今日、銀行のATMでおろそうと思ったら
1円も入っていません。
会社の通帳では給与分のお金が支払われているはずなのに
変だなと思って……
はっ!
気がつきました。
もしかして
私の給与、退職した前任者の通帳に支払われているのでは?


10分後、閉店後の銀行に電話を入れて
事実が判明しました。


はたして、
そうでした。

銀行の振込み用書類に未だその退職した人の名前が登録されていて
間違えてそこに振り込む手続きをしてしまったのでした。
それも、経理である私自身の手で。

銀行の担当者も
まったく気がつかず振り込んでしまったようです。

間違えた私が悪いですが、
担当の銀行員も一度確認しているのに気がつかなかったようです。
この担当の人、あんまりやる気がないようで
確認作業をしてくれるのはいいですが
漏れがあっても書き損じがあっても
ただの一度も指摘してくれたことがありません。
そのたびになぜか私だけが大慌てします。

二人そろって間が抜けているので
毎月決算のときには何かが起こっています。

それにしても自分の給与が人の所に行ってしまうなんて
ちょっとショックです。
0

2004/10/14

水曜どうでしょうClassic  TV


何気に新聞のラテ欄(って今でも云うんでしょうか?)を見ていたら
チューリップテレビの深夜の欄に「どうでC」という文字を発見したのは、
先週の水曜日10月6日のことです。
「どうで=どうでしょう?……でも、Cってなに?」と気にしつつ、
まあ、念のためビデオ録画しとくか、とそのときは思っていたのに
そのままうっかり忘れてしまい、
次の朝、それが「水曜どうでしょうClassic」の略だったことを
知ったのでした。

富山でも「水曜どうでしょう」を見れる日が来たんですね。


99年、仕事の都合で北海道に渡って
知り合いも親戚も全くいない札幌で
職場にもなじめず、仕事にもついていけなかった私の
心のオアシスだった「水曜どうでしょう」。
毎週水曜日をどんなに心待ちにしていたことか。
1年後、今度は退職して札幌を去った後も、
旅行先の博多の飲み屋で北海道の人と知り合ったときには
「水曜どうでしょう」で異常に盛り上がったり
首都圏に住む友達にテレビ埼玉、テレビ千葉、テレビ神奈川で
放送された「どうでしょうリターンズ」をビデオで送ってもらったりしていました。
そのうち、番組自体が全国区化していき
「Quick Japan」をはじめとする全国誌にも
頻繁に顔を出すようになり
いよいよ富山上陸です。
っていうか遅すぎですよ。

まあ、そこはそれ、
その「水曜どうでしょう」が富山にいながらにして見ることができる日がやってきたのです。

1週間費やして、昨夜、今度はちゃんとビデオ録画いたしました。

96年10月放送「粗大ゴミで家を作ろう」。
大泉さんもミスターも若っ!
テンションも高っ!
何週かにわたって放送されたものを1回分に編集してありましたが
それで充分です。

テレビ朝日系のテレビ局でもないのに
よく放送してくれました、チューリップテレビ。
これまでいちばんチャンネルを合わせることがなかった11chでしたが、
これからは支持していきます。
今度から、水曜深夜はチューリップテレビ、ビデオフル回転です。

と、これを書くのに
オフィシャルページ(http://www.htb.co.jp/suidou)に行ってみたら
「ユーコン川160キロ」が無料配信されていたので、
今見ています。

面白いです。
画像が著しく悪いですけど。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ